kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: レシピ

「宝酒造×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ
本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ



モニタープレゼントとしていただいたのは、タカラ「料理のための清酒」〈米麹たっぷり2倍〉。
日々の料理の心強い味方です。

P1130631


この日はポトフを作るにあたってまずはベジブロスを作りました。
野菜はかぶ、キャベツ、玉ねぎ、人参。

P1130788


ベジブロスを作るときに欠かせないのがお酒。
くさみを消してうまみを引き出す効果があるので、野菜くず、水と一緒に火にかける前に入れます。

P1130794


■材料(4人分)

・かぶ 3こ
・キャベツ 1/4こ
・玉ねぎ 1こ
・人参 1本
・ソーセージ お好みで数本

【A】
・野菜くず(かぶ、玉ねぎ、人参の皮、キャベツの外葉と芯) 350g
・タカラ料理のための清酒 大さじ1
・水 700ml

・固形スープの素 1こ
・塩 小さじ1/2

■作り方

1.野菜はよく洗って皮をむき、ポトフにする分は大きめに切り分ける。

2.圧力鍋に【A】を入れて中火にかけ、ピンが上がってから10分加圧し、粗熱が取れたらこす。

3.鍋に野菜を並べ、ベジブロスとその倍量の水をひたひたになるくらいに入れる。
固形スープの素、塩を加えて弱火にかけ、蓋をして柔らかくなるまで煮込む。

4.ソーセージを加えて10分ほど温める。


抗酸化作用のあるファイトケミカルたっぷりのベジブロスは野菜のうまみもえぐみも濃縮されています。
ベジブロスオンリーで作るとやや苦みを感じるので、半量くらいがおすすめです。

P1130795


ベジブロスを加えることで、スープの素だけで作るよりも深い味わいに。
栄養価も高くなります。
残った分はお味噌汁に入れるとこくと風味が増します。

P1130795


くさみを消す、コクとうまみを与える、味をしみ込みやすくする、素材をやわらかくする、
おいしさを閉じ込める…

P1130796

これらは全て「料理のための清酒」のリーフレットで紹介されていること。
まさにポトフにはぴったりの調理効果です!



「宝酒造×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ
本みりん・料理のための清酒で作る料理レシピ



今回モニタープレゼントとしていただいたのは以下の2つです。

P1130634


・タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉

P1130630


・タカラ「料理のための清酒」〈米麹たっぷり2倍〉

P1130631


どちらも普段から使い慣れている調味料です。

P1130629


清酒のほうは現在わが家にあるのは箱タイプなのですが、細口と広口の2WAYボトルが画期的!
(どちらも昨年の画像で失礼します)

P1110067


P1110068


そんな米麹がたっぷりの本みりんと清酒を使って、豚バラと大根の煮ものを作りました。

P1130677

清酒には、臭みを消す、コクと旨みを与える、味しみをよくする、やわらかくするなどの効果が。
本みりんには上記に加え、煮くずれを防いだり、てりやつやを出す働きがあります。
また本みりんにはブドウ糖やオリゴ糖などたくさんの複雑な糖がバランスよく含まれているため、
上品でまろやかな甘みをつけてくれるのが特長です。


■材料(4人分)

・豚バラ肉(ブロック) 500g
・大根 500g(1/2本)
 
【A】
・水 400ml
・タカラ料理のための清酒 100ml
・タカラ本みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・梅干し 2こ
・生姜のスライス 5~6枚
・長ねぎの青い部分 適量

・タカラ料理のための清酒 大さじ2
・タカラ本みりん 大さじ2

■作り方
 
1.大根は厚めに皮をむき、大きめの乱切りにする。

2.豚バラ肉は3cm程度に切り分け、フライパンに並べて火にかける。
焼き色がつくまで返しながら全ての面を焼き固める。

3.圧力鍋に2、かぶるくらいの水、タカラ料理のための清酒大さじ2を加えて茹でこぼす。

4.茹で汁を捨て、大根、【A】を入れ、沸騰後(ピンが上がってから)中火で10分加圧する。

5.自然冷却で蓋をあけ、煮汁がひたひたになるくらいまで煮詰める。

6.タカラ本みりんを加えてさっと煮立て、鍋を揺すって煮汁を行き渡らせながらてりを出す。


豚バラ肉でこってりしがちですが、本みりんだけのすっきりとした甘さに加え、
梅干しの酸味もきいているのでさっぱりとした仕上がりです。

P1130678


大根も煮崩れせず中までしっかり味がしみたのは糖とアルコールのおかげ。

P1130679

今回は豚肉の茹でこぼしの際の臭み取り、味付け、仕上げの照り出しに使いました。
どちらも毎日の料理のさまざまなシーンで欠かせない存在です。


【レシピブログの「タカラレシピコンテスト2021」参加中】


先日焼いて好評だったコーンミールを使ったカップケーキ。




生地のハチミツを半分にして、クリームチーズとチェリージャムを入れてみました。

P1130670


生地を流したところにクリームチーズを埋め込んでジャムを乗せるだけ。
ジャムの甘酸っぱさがアクセントになってこれも美味しいです。

P1130665


180℃で20分焼くのですが、事件が発生!
終了の電子音が鳴る前にいつの間にか電源がオフに…

P1130666


嫌な予感がする見たことのないエラー表示。
プラグの抜き差しをしても全く反応しません。
調べたところ「基盤の故障」とのことでした。
すでに製造から15年も経っているので部品がなく修理不可なのは明らか。
ついに買い替えです。


前回より焼き色が濃いのは、途中で慌ててトースターに移したためです。

P1130668 (2)


焼きむらがひどくなったり、なかなか温まらなかったり、エラーが頻発するのを想像していたので、
急にうんともすんとも言わなくなってしまって本当に困っています。
(15年もの間、限界まで頑張ってくれたということですね…)

P1130667

オーブンはともかく、大変なのは電子レンジのほう。
冷凍ごはんは致命的。
冷凍ストックも野菜ならそのまま調理できますが、
お肉は冷蔵庫で自然解凍(衛生上推奨ではない)になるので時間がかかります。

早速その日の夜は焼きそばの麺を少し温めてから焼きたかったのですが、室温に戻すのみに。
冷凍ストックのカレーもトマトソースもロールパンも電子レンジがないと…
どこまで頼らずできるか、新しいものが届くのを待つのみです。


たっぷりの野菜とひき肉をトマトジュースで煮込んだキーマカレーのレシピです。

P1130641


スータイのプーパッポンカレーとあいがけにしました。

P1130643


溶き卵を加えて作るカニのカレーは異国情緒あふれる個性的な味。
野菜の甘みとトマトの酸味で優しい味に仕上がったカレーと合わせることでバランスが取れました。

P1130642


■材料(4人分)

・合い挽き肉 200g
・玉ねぎ 1こ
・人参 1本
・生姜 1かけ
・にんにく 1かけ
・ミディトマト 1こ
・なす 1本

・カレー粉 大さじ1
・ローリエ 1枚
・コンソメ 1/2こ(約小さじ1)
・トマトジュース 150ml
・塩 小さじ1/2

■作り方

1.玉ねぎ、人参、生姜、にんにくはみじん切りにする。(フードプロセッサー使用)

2.ミディトマトとなすは1cm角に切り、なすは水にさらして水気を切る。

3.鍋を温め(適宜油をひく)合い挽き肉を色が変わるまで炒める。

4.カレー粉を加えて香りが立つまで炒め、1、2を加えてしんなりするまで炒める。

5.ローリエ、コンソメ、トマトジュース、塩を加え、蓋をして10~15分煮込む。
水分がなくなるようなら途中で水を足す。

6.蓋を外して好みの濃度になるまで混ぜながら水分を飛ばす。


生姜やカレー粉が入っているのでミートソースとは違いますが、タコミートには近いかもしれません。

P1130640


子どもたちは冷凍してあった普通のルウのカレーとともに。
フライドオニオン、福神漬け、茹で玉子、レタスを一緒に盛り付けました。

P1130637
(気付いたら食器が全て無印良品)


いろいろな味が楽しめる気軽なワンプレートになりました。

P1130638


先日購入したコーンミールを使ってカップケーキを作りました。

P1130626


薄力粉とコーンミールを合わせ、卵、牛乳、油といった基本的な材料を混ぜ込むだけの簡単なもの。
バターを室温に戻したり卵をホイップしたりしなくていいので、スピーディーに完成します。

P1130627


■材料(カップ5~6こ分)

【A】
・コーンミール 50g
・薄力粉 80g 
・ベーキングパウダー 小さじ1

・卵 1こ
・塩 ひとつまみ
・砂糖 大さじ2
・ハチミツ 大さじ2 
・米油 大さじ3
・牛乳 100ml
・クリームチーズ 50g 

■作り方

1.【A】は合わせてふるっておく。

2.ボウルに卵、塩、砂糖、ハチミツを入れてよく混ぜ合わせる。

3.米油、牛乳を加えて混ぜ、1を3回に分けて加え、そのつど練らずに切るように軽く混ぜる。

4.ココット型に紙カップを敷いて7分目まで入れ、クリームチーズを埋め込むように入れる。

5.180℃に予熱したオーブンで20分焼く。


焼きたてはとうもろこしの甘さと香ばしさが立ち上ります。

P1130628

時間が経った場合は軽くレンジで温め直します。
前日に作っておいて朝食に出してみたところ、とても好評でした。



↑このページのトップヘ