kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

カテゴリ: レシピ

「ネクストフーディスト」の活動です。

『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
というテーマで野菜を使ったおかずを考案しています。


前回に続き、新城市作手の奥三河ほうれんそうで一品。

BlogPaint


今回はくるみが香ばしい白あえにしました。

BlogPaint

甘みがあってしっかりした歯ごたえのほうれんそうが堪能できます。


■材料(作りやすい分量)

・ほうれんそう  1袋
・木綿豆腐  100g
・くるみ(無塩) 30g

・塩 小さじ1/3
・砂糖 小さじ1
・醤油 少々

■作り方

1.ほうれんそうは湯がいてすぐ水に取り、水気をよくしぼって5cm程度の長さに切る。
2.豆腐は電子レンジで2分ほど加熱して水気を切り、キッチンペーパーに包んでさらに水気をおさえる。
3.くるみを粗めにすり、塩、砂糖、醤油を加えてよく混ぜる。
4.2の豆腐を加えて混ぜ、ほうれんそうを加えてあえる。


こちらの奥三河ほうれんそうの場合、ゆで時間はおよそ20秒。
湯がく程度で大丈夫です。

BlogPaint


粗めにすった香ばしいくるみと、シャキッとしたほうれんそうをお豆腐が上手くまとめてくれます。

BlogPaint

食感が楽しい白あえで、ほうれんそう1袋でもあっという間に売りきれ!
ぜひ試していただきたいレシピです。


『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
ネクストフーディスト

「ネクストフーディスト」の活動です。

『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
というテーマで野菜を使ったおかずを考案しています。


今回は新城市作手の奥三河ほうれんそう。

BlogPaint


えぐみがなく甘みと肉厚な葉が特長ということなので、
まずは下茹ではせずに生のままバターで炒めてオムレツに入れてみました。
朝食のおかずにぴったりの簡単な一品です。

BlogPaint

■材料(2人分)

・ほうれんそう 3把
・卵 3こ
・牛乳 大さじ1
・塩 小さじ1/8
・ホワイトペッパー 少々
・シュレッドチーズ 20g
・バター 10g

■作り方

1.ほうれんそうは洗って5cmの長さに切り、バター5gを熱したフライパンで20秒ほど炒めて取り出す。
2.卵は割りほぐし、牛乳、塩、ホワイトペッパーを加えて混ぜ合わせる。
3.1のフライパンに残りのバター5gを熱し、2を流し入れる。
4.大きくかき混ぜてふちが固まってきたら、1、シュレッドチーズを広げて折り畳み、形を整える。


技術的な問題で表面がちょっとよれてしまいましたが、完成!

BlogPaint 


シンプルな味付けなのでほうれんそうの甘みが味わえます。
 
BlogPaint


サッと炒めただけなのに、ほうれんそう特有のえぐみは全くありません!
葉物が得意でない娘も完食しました。

BlogPaint


『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
ネクストフーディスト

「ネクストフーディスト」の活動です。

今回のテーマは、
『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』。

JAあいち経済連さんからお野菜をたくさんいただきました。

BlogPaint


日照不足でこれから野菜の価格高騰や品薄が心配な中、とてもありがたい新鮮野菜たち。

BlogPaint

鮮度の良いうちに、かつ大切に、いろいろな野菜おかずを作っていきたいと思います。


まずはこちらのアスパラガス。
主な産地は豊川市(JAひまわり)と蒲郡市(JA蒲郡)だそうです。

BlogPaint

アスパラガスは春のイメージでしたが、7月に最盛期を迎える「夏芽」というものがあるそうです。


瑞々しいアスパラガスは届いたその日にフライにしました。
揚げたてに塩をふってシンプルに。

BlogPaint


■材料(作りやすい分量)

・アスパラガス 5本
・天ぷら粉 大さじ2
・水 大さじ2
・パン粉 適量
・揚げ油 適量
・塩 少々

■作り方

1.アスパラガスは半分の長さに切り、天ぷら粉と水を混ぜたバッター液につける。
2.パン粉を押さえるようにしてまぶす。
3.揚げ油を中温に温め、2を入れて動かさずに1分半ほど揚げたら、静かに返してさらに1分ほど揚げる。
4.油を切って熱いうちに塩をふる。


ツルツルしたアスパラガスに衣をつけるのは難しくてとにかくはがれやすいのですが、
バッター液を天ぷら衣にすると少し緩和されます。

BlogPaint

繊維の引っかかりは全くなく、ジューシーで柔らかいアスパラガス!
あまり得意ではない娘も違いがわかったようで積極的に食べました。


トマトはまずはお試しでそのまま冷やしトマト(という名のただ切っただけ)で。

BlogPaint

味が濃い!
甘みを追求したトマトが多い中、酸味もちゃんとあるところに好感がもてます◎
バランスの良い美味しいトマトなので、どう料理しようか楽しみです。


『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
ネクストフーディスト

レシピブログさんとハウス食品さん主催のモニター企画に参加しています。
いただいたのはこちらの全く異なる刺激のスパイスたちです。

・GABAN 花椒 ホール
・GABAN ブラックペパー ホール
・ハウス 唐がらし族 バリ粗唐辛子
・ハウス ねりからし 大容量

P1050195


テーマは「刺激がやみつき!辛味スパイス料理対決」。
唐辛子、ブラックペパー、花椒、それぞれの特徴を生かしたレシピを考えたいと思います。

P1050196


まずは花椒をきかせた坦々うどんを作りました。

P1050206

ホールの花椒をごま油でゆっくり熱して香りを移すスタータースパイスとして使い、
仕上げにも砕いて散らしています。


■材料(2人分)

【肉味噌】
・豚ひき肉 100g
・生姜のみじん切り 1/2かけ分
・にんにくのみじん切り 1/2かけ分
・豆板醤 小さじ1
・酒 小さじ1
・醤油 小さじ1
・味噌または甜麺醤 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2

【スープ】
・GABAN花椒ホール 小さじ1/2
・ごま油 大さじ1
・創味シャンタンまたはウェイパー 小さじ2
・水 600ml
・練りごま 大さじ3
・醤油 大さじ1
・酢 小さじ1

・チンゲン菜 1株
・冷凍うどん 2玉
・青ねぎ 適量
・ラー油 適量
・GABAN花椒ホール 少々

■作り方

1.肉味噌を作る
・フライパンに豚ひき肉を広げて火にかけ、色が変わったら、生姜、にんにく、豆板醤を加えて香りが立つまで炒める。
・酒、醤油、味噌、砂糖をあらかじめ混ぜて加え、汁気がなくなるまで炒める。

2.スープを作る
・鍋にGABAN花椒ホール、ごま油を入れて弱火で焦がさないように2分ほど炒める。
・創味シャンタンを加えて油に馴染ませ、水を加えて煮たたせる。
・火を止めて練りごま、醤油を加えて混ぜる。

3.仕上げる
・鍋に湯を沸かしてチンゲンサイを茹でて取り出し、同じ鍋でうどんを茹でる。
・スープは煮立たせないように弱火で温め、火を止めてから酢を加える。
・器にうどんを盛り付けてスープを注ぎ、肉味噌、チンゲンサイ、青ねぎを乗せる。
・お好みでラー油を回しかけ、GABAN花椒ホールを砕いて散らす。


花椒デビューは自家製火鍋だったのですが、加減がわからず大量投入して悶絶した過去が!
今回は慎重に量を調整しました。

P1050211


たまにカリッといってビリッとしますが、適量なら心地よい刺激です。

P1050209

柑橘系の爽快な香りが魅力の花椒。
おうち中華がグッと本格的になります!



【レシピブログの「刺激が病みつき!辛味スパイス料理対決」レシピモニター参加中】
辛味スパイス料理レシピ
辛味スパイス料理レシピ  スパイスレシピ検索

生のトマトと玉ねぎをたっぷり使って、ストウブで無水カレーを作りました。

BlogPaint


ご実家が畑をしているというお友達から季節ごとに立派なお野菜をいただきます。
今回はこちらの真っ赤な完熟トマトと2こと、玉ねぎを丸ごと1こ使いました。

BlogPaint


■材料(4人分)

・鶏手羽元 10~12本
・トマト 2こ
・玉ねぎ 1こ
・にんにく 2かけ

・塩 ひとつまみ(肉の下味用)
・ホワイトペッパー 少々
・カレー粉 小さじ2
・バター 20g
・ヨーグルト 大さじ4
・塩 小さじ1

■作り方

1.鶏手羽元、塩、ホワイトペッパー、カレー粉をポリ袋に入れ、揉んでなじませる。
2.ストウブ鍋を熱して全体にバター10gを塗り、1の鶏肉を焼き色がつくまで焼いて取り出す。
3.トマトは湯剥きをして角切りに、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
4.2の鍋にバター10gを足して温め、3を加えてしんなりするまで炒める。
5.鶏肉を戻し、ヨーグルト、塩を加えて蓋をし、途中2回ほど混ぜて様子を見ながら弱火で約1時間煮込む。


ストウブでじっくり煮込んだ手羽元は、ホロッと簡単に骨が外れます。

BlogPaint


トマトは加熱するとホールトマトとはまた違った美味しさで、フレッシュさが際立ちます。
自然な色と優しい味も生トマトならでは!

BlogPaint

たっぷり入れた玉ねぎの甘みもあいまってまろやかなカレーになり、
子どもたちも美味しく食べてくれました。

丸いズッキーニはどうやって食べようか考えた末、輪切りにしてトースターでグリルに。
詳しいレシピはまた後日。


↑このページのトップヘ