「高加水食パン」を焼いてみました。

P1170763

粉250gに対して水200ml(80%)からトライ。
普段はスキムミルク使用の場合は水180ml、
牛乳の場合は190mlで焼いています。


調べてみると、まず粉と水を混ぜておき
長時間ねかせるのがポイントのようです。

P1170778


冷蔵庫で8時間ねかせたものがこちら。

P1170780


さっと上下を返しただけですでになめらか。

P1170784

こちらに追加の粉、砂糖、塩、バター、イーストを加え
食パンコースでスタートします。


■材料(ホームベーカリー使用)

【A】
・強力粉 200g
・水 200ml

・強力粉 50g
・バター 15g
・砂糖 15g
・塩 5g
・ドライイースト 2g弱

■作り方

1.ボウルに【A】を入れて菜箸などで軽く混ぜ、ラップをして冷蔵庫で8~10時間置く。

2.パンケースに1、その他の材料を入れ、イーストはイーストケースにセットする。
食パンコースでスタートする。

3.2次発酵の途中でケースを取り出し、パン羽根を外す。
打ち粉(強力粉)をして軽く伸ばし、内側に丸めて表面に張りを出しながらひとまとめにする。
パンケースに戻し、そのまま発酵を続ける。

P1170785


全自動だとこねが終わった歪な形のまま焼きが始まるので、
一度取り出して形をととのえています。
その際にパン羽根を外すことで底の穴が小さく済みます。


4.焼き上がったらすぐに取り出し、網などに乗せて十分に冷ます。

P1170751


水200mlで焼いた1回目。
ふわふわに焼き上がりました。

P1170764


水210mlで焼いた2回目。
柔らかさが増して切るのに苦労したくらいです。

P1170788


トップの耳はハラリと剥がれるくらい薄く、
トーストするとパリパリに。
表面はカリッとします。

P1170790

スキムミルクや牛乳不使用で、イーストも2g弱と少なめ。
価格が高騰している小麦粉は通常の量ですが、
一部の材料は節約できます。
味はあっさりとして軽やか。
イーストの香りもしない美味しい食パンです。

最近は寝る前に粉と水を冷蔵庫に入れて、
午前中に焼き上げるサイクルに。
少し世話をしてあげるのが楽しいパン作りです。