10年以上になるでしょうか…
もはやいつから使っているのか思い出せないほど何度も一緒に引っ越ししてきたスライサー。
経年劣化のためついに買い替えました。


貝印 KAI 両刃 スライサー(おろし器付)

P1130514


上が旧、下が新です。

P1130515


側面にひびが入って、掴むとたわむようになってしまいました。

P1130517


新旧の主な違いは両刃であること。
スライサーは主にきゅうりの薄切りに使うのですが、切れ味の良さとスピードに驚きました。
往復でスライスできるので単純に倍の早さで作業ができるのです。
旧の感覚で動かしていたらうっかりケガをしそうでした。

P1130606


反対側はおろし器になっています。
両刃のためにスライサーが中央に配置されており、おろし器は上下に分かれてスペースが半分に。
唯一の仕方のない残念ポイントです。

P1130607

おろし金より野菜くずが落ちやすく、耐熱なので食洗機で丸洗いもできます。
直接ボウルに立てかけて使うのに慣れているので受け皿がないタイプを選びました。
シンプルで使いやすく、収納に場所を取らないところが気に入っています。


ちなみに…
新旧どちらにもある先端の変わった形状。

P1130612


飾り切りに使うということを商品紹介画像で初めて知りました!

71PlEdgT4wL__AC_SL1000_

なかなか斬新な発想に思えます。