豆数の子を作るにあたって青ばた豆を浸水したのですが、
ちょっと量を間違えて丼2杯分くらいできてしまいました…



さすがに多すぎるので半分はポリポリとした食感のうちに茹で汁ごと引き上げ、
塩を加えてひたし豆に。
残りの半分は圧力鍋で柔らかくなるまで茹でてから青大豆のあんにしました。


栗きんとん用に金時芋を買ってあったのですが、
さつまいもに近い感じがあったので栗の甘露煮を合わせてみることに。

P1120557 (2)

色艶はありませんが、味は美味しいです。


■材料(作りやすい分量)

・茹でた青大豆 400g
・上白糖 50g ※青大豆の1/8程度
・塩 少々

■作り方

1.青大豆は洗って6時間ほど浸水する。

2.水を捨てて新しく水を加え、強火にかける。煮立たせてあくをすくう。

3.圧力鍋で10分加圧して自然冷却する。(吹きこぼれるおそれがあるので弱火で)
普通の鍋の場合は途中で水を足しながら指で簡単につぶれるくらいまで茹でる。

4.水気を切って計量し、すり鉢でつぶす。

5.鍋に移して上白糖を加え、弱火にかける。ぽってりとするまで練り、塩で味をととのえる。


栗の甘露煮とともに甘露煮のシロップも少し加えて好みのかたさにします。

P1120559 (2)

ずんだほど青っぽさはないので、ほとんど違和感がありません。
上手くリメイクができて満足です。