ずっとフライパンを2年程度で買い替えることを繰り返していて、
鉄のフライパンでやっていこう!と決意したのが昨年の8月のことでした。




はじめから順調な使い心地で、ストレスフリー。




一年経った様子がこちら。

P1110307

3日以上使わない日はないので、表面に油を塗って保管するのはやめました。
それでも特に問題なく使えています。


お好み焼きはこんがり焼けて、

P1110221


焼きそばもくっつくことなく楽に炒められます。

P1110291


ひき肉も焦げ付きません。

P1110298


オムレツも…

P1110352


スルリと!

P1110353


唯一注意が必要なのは「トマト」です。
トマトソースのパスタを作ったあと1時間弱放置してしまったことがあり、
赤錆が取れなくなって苦労しました。

赤錆はとにかく高温の直火で焼いて落とすらしいのですが、最近のガスコンロは自動消火。
ロックを解除しても数分間強火にすることはできません。
仕方なくカセットコンロを出してきて、大丈夫?と心配になるくらい焼いて冷まして錆を削って…
これに懲りてトマト系だけは別の鍋やフライパンで調理しています。


お手入れははじめはベーグル型のホワイトパームを使用。




形状がこちらのほうが使いやすかも?と思って、その後チェンジして現在3個目です。

P1110304

束子は丸ごと漂白もできるので半年交換でしたが、目安はどれくらいなのでしょうか?
(フライパンのみに使用しています。)


使い終わったらできるだけ早くお湯または水を流してゴシゴシ洗い、火にかけて乾かせばOK。
温度差や傷などに気を遣わなくていいのでとても楽です。

P1110306

使うときは煙が出るまで熱してからキッチンペーパーですりこむようにして油をひけば、
油の量自体は多くなくても快適に焼いたり炒めたりできます。


一年以上経過して、油馴染みが良くなり使いやすくなったと感じる鉄フライパン。
劣化するのではなく育っていくという感覚は嬉しいものです。
これからも長く大事にしていきたい愛用品です。