お取り寄せした旬の三方原馬鈴薯でまず作りたかったのは、久しぶりの肉じゃがです。
ちょうど完熟のトマトがあったので、夏らしくさっぱり仕上げました。

P1100197


■材料(4人分)

・じゃがいも 5こ(約500g)
・玉ねぎ 1こ
・人参 1本
・トマト 1こ(約150g)
・豚こま切れ肉 200g

・米油 小さじ1
・顆粒鰹だしの素(食塩無添加) 5g
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ3
・塩 小さじ1

■作り方

1.じゃがいもは皮をむいてひと口大に切り、水にさらす。

2.玉ねぎはくし切りに、人参、トマトは乱切りにする。

3.ストウブを温めてキッチンペーパーで米油をよくなじませ、豚肉を色が変わるまで炒める。

4.玉ねぎ、人参、顆粒だし、酒、みりんを加えてひと炒めして、蓋をして弱火で10分煮る。

5.じゃがいも、トマトを加えてさらに10分煮る。

6.塩で味をととのえて10分ほど煮る。蓋をしたまま自然に冷ます。


ストウブで無水調理した三方原馬鈴薯はホクホク感を残しながらも柔らかくて絶品!
トマトは酸味だけでなくうまみもプラスしてくれます。

P1100198


一度冷ましてから再び温めるとより味がしみます。

P1100202


箱いっぱいのじゃがいもとストウブを見た息子が作ってほしい料理を思い出したようで、
「大きなお肉とー、じゃがいもとー、パプリカとー、……大きなお鍋で焼くやつ、作って!」
と一生懸命身振り手振りで説明してくれました。


正解はこちら↓




そんなリクエストに応えた週末の晩ごはん。

P1100160


オーブンで蒸し焼きにするとパプリカもキャベツもとても柔らかく甘くなります。

P1100164


じゃがいもはこの通りほっくり。
ハラリと薄い皮は味が濃くて美味しいので、料理によってはよく洗って丸ごとがおすすめです。

P1100167

しばらくはじゃがいも料理を楽しむ日々です。