9月に狛江の堀口珈琲が焙煎設備を移転してリニューアルオープンしたと同時に、
仙川の有名なパン屋さんAOSANの姉妹店が同じ店舗内にオープンしました。

AOSANについてはこちら↓




楽しみにしていたもののなかなかタイミングが合わなくて行けずにいて、
夫がオープン初日にかなり並んで角食を買って来てくれてから2か月以上経ってしまいました。

この日は自転車で通りがかったのが閉店の10分前!
角食は15時~16時に焼き上がるので期待せずに入ったら、まだたくさん並んでいました。

P1070671


耳ありの端っこと耳なしを聞かれて、耳はほぼ食べない息子がなぜか「耳あり!」とお返事。

P1070672


角食のほかには、ずんぐりむっくりの見た目とたっぷりのクリームに魅かれた「ミルヒ」。
家族みんなで食べたいと思って2つ購入。

P1070675


必死にポップの文字を解読した息子が選んだ「あんボール」。
「あんこだよ!これ買って!」と興奮していました。
(こういうときの集中力はすごい…)

P1070676


シナモンロールのような見た目のアーモンドロール。
同じシリーズにシナモンロールもチョコロールもありました。

P1070674


店内の喫茶スペースで堀口珈琲のコーヒーを楽しみながら、パンをいただくこともできるそうです。

P1070673


翌朝、ホットのカフェオレとともに。

P1070680

むちっもちっとして、しっかり小麦の味がします。


角食の端っこはマヨエッグトーストに。

P1070681


耳は薄くてパリパリで、こちらももっちり食感。

P1070683

世田谷区大蔵のベッカライマーローに、喜多見のゴーシュ、ク・フワーフ、そしてaosan。
また一つお気に入りのパン屋さんができました。