先日のおでんは昆布だし×ヒガシマルのうどんスープの素を使いました。




残ったつゆを翌日炊き込みごはんにリメイク。

P1060192

つゆに干し貝柱を入れて戻し、あとは炊飯器におまかせするだけの簡単ごはんです。


北海道の親戚からたまにいただく高級品の干し貝柱。
割れていても一級品と味は変わらず、むしろ割れている方が料理向きです。

P1060203


■材料(2合分)
 
・米 2合
・干し貝柱 40g
・おでんつゆ 360ml

■作り方

1.おでんつゆ(もしくは調味した出汁)に干し貝柱を浸して戻し、冷蔵庫で一晩以上置く。
2.米は洗って30分ほど浸水し、ざるに上げてよく水気を切っておく。
3.炊飯器の内釜にセットし普通モードで炊く。
4.炊き上がったら貝柱をほぐしながらさっくり混ぜる。


この日の晩ごはんの主菜は味噌漬けにしていた豚ロース肉の炒めもの。

P1060199


先に野菜(キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、人参)を炒めて取り出します。
細切りにした豚肉を色が変わるまで炒め、野菜を戻して炒め合わせれば完成。
味噌漬けにしておいたおかげで味付けいらずです。

P1060193


突然豆苗をめいっぱい食べたくなって作った豆苗と玉子の中華風スープ。

P1060196


干し貝柱は戻して炊いても食感が残り、噛むほどに味が出ます。

P1060198



ちなみに娘は帆立の出汁が食べ慣れなくて「ちょっと苦手…」と言い出したので
禁断のバター乗せにしたところ、美味しく食べてくれました。

P1060191

前日の作り置きが活躍した時短の晩ごはんでした。