時間を要する焼き菓子などは家族が寝静まった深夜にひっそりと作ることが多いです。
今回も午前1時に焼き上がり。

BlogPaint

■生地の材料(14こ分)

・強力粉 250g
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1/2
・バター(食塩不使用) 70g(2cm角に切る)
・卵(Mサイズ) 1こ
・牛乳 140ml
・ドライイースト 小さじ1

■シナモンシュガーの材料

・グラニュー糖 大さじ2
・シナモン 大さじ1
・バター(食塩不使用) 30g

■作り方

1.生地の材料をホームベーカリーにセットし(イーストはケースへ)、パン生地コースを選択する。
2.生地を打ち粉をした台に取り出し、厚さ1cm、横30cm程度の横長の長方形に伸ばす。
3.グラニュー糖とシナモンをまんべんなく広げ、ちぎったバターを散らす。
4.手前から巻いて巻き終わりを閉じ、2cm程度の厚さに切り分ける。
5.巻き終わりと切り口を整えてオーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べ、ラップをして40分ほど暖かい場所で発酵させる。
6.表面に卵黄(分量外)を塗り、200℃に予熱したオーブンで16分焼く。

30cm程度にロールして3cm×10こにした場合は厚み(高さ)が出るので
焼き時間を2~3分プラスします。

BlogPaint


夏場は特に生地が柔らかく扱いづらいので、なかなか形を均一にすることができません。
今回もホームメイド感満載のいびつな仕上がり…

BlogPaint


それでもこの日にシナモンロールを焼くことには意味があるのです。




毎年命日には娘と夫が折り紙の新作を折ります。

BlogPaint


今年は娘は「傘」、夫は「ダリア」を制作。
シナモンロールと一緒に墓前に届けました。

BlogPaint

もうすぐ10年になろうとしているホームベーカリー。
子どもたちの成長とともに使用頻度が高くなり、最近は週5くらいで働いてもらっています。