先日、食育講習会に参加しました。

テーマは「未来のアスリートを育てる食事」。
わが家の子どもたちはダンスと体操を習っているくらいで
アスリートの予定は全くないのですが…
成長期の身体を作る食事については勉強したい!と言う思いで受講してきました。

手軽に作れるおすすめのレシピ付きです。

BlogPaint

【メモ】
・10歳くらいまでに味覚が形成される
・食環境で子どもの健康状態は変わる
・骨量が増えるのは20代まで
・丈夫な骨を作るためにはカルシウム、ビタミンD、ビタミンK、たんぱく質が必要
・たんぱく質はこまめに、アスリートは運動直後に摂る
・補食は運動前は炭水化物、運動後は炭水化物+たんぱく質


乳製品はできれば毎食取り入れるのが良いそうです。
(乳糖不耐症の方へのアドバイスもありました)
パン食の朝はチーズやヨーグルト、娘は給食で牛乳を飲んでいますが、
夜はあまり摂取できていないので積極的に加えようと思います。


昨年は親子で参加してなすとトマトととうもろこしをお土産にいただきましたが、
今回は参加費無料なのに枝豆のお土産が!

BlogPaint


この日の晩ごはんは意識して品目を増やしてみました。

BlogPaint


ごはんにはチーズ、しらす、鰹節を混ぜて栄養素アップ。

BlogPaint

めずらしい混ぜご飯に二人とも喜び、息子は真っ先に完食!
娘はなかなか箸をつけないのでどうしたのかと思ったら、最後のお楽しみにしていました。
典型的な好きなものを先に食べるタイプとあとに残すタイプです。


主菜代わりの具沢山の豚汁にはすりごまをプラス。

BlogPaint


新鮮なうちに茹でた枝豆、ミニトマト、オクラ。

BlogPaint

【炭水化物】 米
【たんぱく質】 豚肉、豆腐、味噌、ごま、しらす、チーズ、鰹節、枝豆
【ビタミン・ミネラル・食物繊維など】 しめじ、こんにゃく、人参、大根、オクラ、ミニトマト、枝豆

BlogPaint


一汁三菜が実現できないのに、いろいろ混ぜることには消極的…
食材の組み合わせのルール(というか縛り)がいろいろあって、我ながら面倒だと思います。
納得のいく範囲でより多くの栄養素が摂れる献立を目指したいです。