4月が終わろうとしていて、そろそろいちごのシーズンも終了でしょうか。
この春3回目となったいちごジャム作りは娘が担当しました。

いちごを洗うところだけ息子が参加。

BlogPaint


小さな手でちゃんと水切りができているなぁと感心していたら、
これは“洗面器におもちゃを浮かべて水だけを捨てる”遊びをお風呂でしているからだそうです。

BlogPaint


まずへたを丁寧に切り落とし、小さいものは半分に大きいものは1/4にカット。

BlogPaint


砂糖の割合を計算します。

BlogPaint


250gのいちごに対して40%の砂糖(100g)。

BlogPaint


計量できたら厚手のステンレス鍋にいちごと半量の砂糖(50g)を入れ、待つこと30分。
いつもはストウブですが、さすがに娘は重くて扱えないのでステンレスの片手鍋で。

BlogPaint


レモン汁大さじ1と1/2、残りの砂糖を加え、強めの中火にかけます。

BlogPaint


煮立ったらあくをすくい、弱めの中火に落として10分ほど混ぜながら煮ます。

BlogPaint


仕上がりを見極めたところで、リッツに乗せてお味見。

BlogPaint


果肉の状態といい濃度といい、今シーズンで一番の出来でした!

BlogPaint


“とっておきの食パン”+バター+いちごジャム。

BlogPaint


1パック分くらいならすぐになくなってしまうので、今後は糖度40%でもいいかもしれません。

BlogPaint


ちなみに…
“とっておきの食パン”というのは世田谷区大蔵にあるベッカライマーローさんのパン。

P1030349
角食・メロンパン・白玉あんパン・カレーパン・ラスク(←角食と並ぶ大ファン)


外側は皮が薄くてパリパリで、しっとりもっちり美味しい角食。
以前こちらのパン屋さんの目と鼻の先に住んでいてよくお世話になっていました。
娘が生まれてはじめて口にしたパンでもあります。

P1030350

車か自転車でないと行けない場所にあるため、知る人ぞ知るとても素敵なお店です。