今年も梅シロップ作りの季節がやってきました。
わが家は梅酒は飲まないので、青梅が並んだら梅シロップを仕込みます。

BlogPaint


今年の梅仕事は娘が担当してくれることになりました。
まずは青梅を優しく洗います。

BlogPaint


一つ一つ丁寧に水気を拭き取り

BlogPaint


実を傷つけないように注意しながら竹串でへたを取ります。

BlogPaint


こっそり始めたのに、途中で気が付いて慌てて参戦する息子。
(まずはしっかり手洗い!)

BlogPaint


氷砂糖をむんずと掴んで、保存容器にポイポイ入れていきます。

BlogPaint


梅のほうはあくまで優しく並べるように入れてほしいので、娘に任せます。

BlogPaint


発酵を抑えるために酢を加えて完成。

BlogPaint


レシピを再び記しておきます。

■材料

・青梅 1kg
・氷砂糖 1kg
・酢(米酢使用) 150ml

■作り方

1.容器を消毒する。(煮沸またはアルコール)
2.青梅は洗って水気をよくふき取り、竹串でへたを取る。
3.容器に梅と氷砂糖を1/3ずつ重ねていき、最後に酢を注ぐ。
4.毎日揺すってなじませ、氷砂糖が溶けて梅にしわが寄るまで2~3週間冷暗所に置く。


取り合いをしながら揺するうちに、今年も梅が氷砂糖から顔を出してしまいました。
それも毎度のことで、問題なく仕上がります。

BlogPaint


草花や生き物を育てるように毎日様子を見て、シロップが上がるのを待つのは楽しいことです。

BlogPaint


今年こそは素敵な保存瓶がほしい!と思って、
少し前からセラーメイトスカーラを眺めて迷ってを繰り返していたのですが
こうして子どもたちが扱うとなると、今のうちは軽いプラスチック製が安心。
よく考えたらシロップが上がり次第、濾して沸騰させて別の瓶に移してしまうので
長期保存する果実酒や梅干し作りでもしない限りは必要ないと言う結論に至りました。

シロップ完成は今月下旬頃。
簡単な上にわりと早く出来上がるのが良いところです!