うずらの卵は水煮を買っていたのですが、
ある日ふと生卵のパックが目に入り…

水煮…12個入り198円
生卵…10個入り85円

生卵を買って茹でてみることにしました。

BlogPaint

いろいろ調べた結果、沸騰後2分、火を止めて2分置くのが一般的なようです。
その後は水で冷やしてお椀を2つ合わせた中に入れてシャカシャカさせてひびを入れ、
水を張ったボウルの中で殻を剥くという手順。

なるほど~!と思いながらも横着をして…

1.蓋のできる片手鍋に卵と水を入れて火にかけ、沸騰後2分茹で、火を止めて2分置く。
2.湯を捨てて水を入れて冷まし、冷めたら水を捨てて蓋をし、揺すってひびを入れる。
3.もう一度鍋に水を入れ、水の中で殻を剥く。

と、全ての工程を1つの鍋でやってみました。
結果、なんら問題ありませんでした!


殻むきの作業も楽しく、あっという間に20個の水煮が完成。

BlogPaint


わが家でうずらの卵といえば中華丼です。
子どもたちが大好きで、入っていないとガッカリされるので必ず用意します。
この日は豚肉、人参、チンゲンサイ、しめじ、うずらの卵。

BlogPaint


きゅうりは苦手だけどちくわは大好きという二人に、はじめてのちくわ×きゅうり。
ミニトマト、アボカド。

BlogPaint


息子はアボカドは食べられるようになりましたが、きゅうりはだめでした。
中華丼のチンゲンサイは後半で慣れてきて、なんとか完食できました。

BlogPaint


たっぷり野菜が摂れる簡単ワンボウルです。

BlogPaint


日が長くなって18時でもこの明るさ!
お腹すいたコールで、いつもより1時間早い晩ごはんでした。