レイチェルのパリの小さなキッチン(NHK Eテレ)の新シリーズが
来週から始まると知り、早速録画予約しました。

無題
※画像はお借りしています


レイチェルのほうはイギリス制作の番組ですが、
アメリカ制作の「毎日がイタリアン ジャーダのカジュアルクッキング」も大好きでした。
再放送を熱望しています。

s_styleup10031801
※画像はお借りしています

決してカジュアルとは思えない日本では入手しづらい材料が、
これでもか!というほど登場していました。
(よく出てくるのはペコリーノなんとか、リコッタチーズ、マリナーラソースなど…)

でも、ハーブを豪快にむしり取る様や、にんにくを芽ごとザクザクと刻む様、
ダイナミックな料理進行はカジュアルと言われればカジュアルだし、
そのスピード感と躍動感は憧れでもありました。
毎度露出がすぎるファッションと、「うーん!完璧!」という自画自賛コメントが清々しく、
当時妹と大爆笑しながら見ていたのもいい思い出です。


話がそれましたが…
チャーミングで可愛いレイチェル(ファッションも素敵!)に見惚れるのはもちろん、
本当に小さなアパートのキッチンから、次々と料理を生み出す様はまるで魔法!
そしてジャーダのレシピよりは作りやすそうなので一つや二つ再現できたらと思います。


以下余談。

ジャーダを放送していたときのEテレの“Style up”という枠は本当に面白くて。
辛口トークでワードローブを一新させる「ティム・ガンのファッションチェック」や
ゴミ屋敷をホームパーティー開催までに変身させる「アンシアのパーフェクトな妻たち」など
主婦歴を重ねた今だからこそもう一度観たい番組ばかりです。

ただし、「ミス・ホアンのお手軽チャイニーズ」だけは残念でした。
臨場感を追求するあまり、編集がいまいち。
酔いそうなカメラワークとビビットすぎる明るい画面にクラクラ…