kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2021年04月

たっぷりの野菜とひき肉をトマトジュースで煮込んだキーマカレーのレシピです。

P1130641


スータイのプーパッポンカレーとあいがけにしました。

P1130643


溶き卵を加えて作るカニのカレーは異国情緒あふれる個性的な味。
野菜の甘みとトマトの酸味で優しい味に仕上がったカレーと合わせることでバランスが取れました。

P1130642


■材料(4人分)

・合い挽き肉 200g
・玉ねぎ 1こ
・人参 1本
・生姜 1かけ
・にんにく 1かけ
・ミディトマト 1こ
・なす 1本

・カレー粉 大さじ1
・ローリエ 1枚
・コンソメ 1/2こ(約小さじ1)
・トマトジュース 150ml
・塩 小さじ1/2

■作り方

1.玉ねぎ、人参、生姜、にんにくはみじん切りにする。(フードプロセッサー使用)

2.ミディトマトとなすは1cm角に切り、なすは水にさらして水気を切る。

3.鍋を温め(適宜油をひく)合い挽き肉を色が変わるまで炒める。

4.カレー粉を加えて香りが立つまで炒め、1、2を加えてしんなりするまで炒める。

5.ローリエ、コンソメ、トマトジュース、塩を加え、蓋をして10~15分煮込む。
水分がなくなるようなら途中で水を足す。

6.蓋を外して好みの濃度になるまで混ぜながら水分を飛ばす。


生姜やカレー粉が入っているのでミートソースとは違いますが、タコミートには近いかもしれません。

P1130640


子どもたちは冷凍してあった普通のルウのカレーとともに。
フライドオニオン、福神漬け、茹で玉子、レタスを一緒に盛り付けました。

P1130637
(気付いたら食器が全て無印良品)


いろいろな味が楽しめる気軽なワンプレートになりました。

P1130638


先日購入したコーンミールを使ってカップケーキを作りました。

P1130626


薄力粉とコーンミールを合わせ、卵、牛乳、油といった基本的な材料を混ぜ込むだけの簡単なもの。
バターを室温に戻したり卵をホイップしたりしなくていいので、スピーディーに完成します。

P1130627


■材料(カップ5~6こ分)

【A】
・コーンミール 50g
・薄力粉 80g 
・ベーキングパウダー 小さじ1

・卵 1こ
・塩 ひとつまみ
・砂糖 大さじ2
・ハチミツ 大さじ2 
・米油 大さじ3
・牛乳 100ml
・クリームチーズ 50g 

■作り方

1.【A】は合わせてふるっておく。

2.ボウルに卵、塩、砂糖、ハチミツを入れてよく混ぜ合わせる。

3.米油、牛乳を加えて混ぜ、1を3回に分けて加え、そのつど練らずに切るように軽く混ぜる。

4.ココット型に紙カップを敷いて7分目まで入れ、クリームチーズを埋め込むように入れる。

5.180℃に予熱したオーブンで20分焼く。


焼きたてはとうもろこしの甘さと香ばしさが立ち上ります。

P1130628

時間が経った場合は軽くレンジで温め直します。
前日に作っておいて朝食に出してみたところ、とても好評でした。



久しぶりに富澤商店へ行きました。

P1130613


端午の節句のちまきに欠かせない竹の皮は、中サイズで10枚入り。

P1130619


今年は柏餅を手作りしようと思って真空パックの葉を購入。
息子と一緒に来たので茶色の葉とどちらがいいか選んでもらったら、緑になりました。

P1130618


子どもたちがわかめと並んで大好きなあおさ。
これでお味噌汁を作るのが楽しみです。

P1130616


コーンミールではコーンブレッドを焼く予定です。

P1130620





娘へのおみやげその1。
卵と水とオイルだけでできるマフィンミックスです。

P1130622


おみやげその2。
富澤商店のオリジナルではなく聘珍樓の杏仁豆腐の素。
こちらも水と牛乳だけでできる簡単なものです。

P1130621 (2)

休日に娘に楽しく作ってもらおうと思います。


レシピブログの「くらしのアンテナ」にレシピを掲載していただきました。


テーマは「おやつも春仕様に♪いちごクッキーの作り方5選」です。




昨年、突然休校になって一か月ほど経った頃。
暇を持て余した子どもたちと頻繁にお菓子作りをしていました。
そのときに一緒にチャレンジしたのがこちらのいちごジャムクッキーです。

P1080890


詳しいレシピはこちらに。



フードプロセッサー使用で生地が簡単にできて時短なところ、
多少もたもたしてしまっても生地がだれずに型抜きしやすいところがおすすめポイントです。


もちろんいちごジャム以外でも作れます。

P1130605


今回はチェリージャムで作りました。

P1130610

子どもたちがいない間に一人で焼いてしまったので、
喜ばれるより先に「作りたかった~!!」と言われそうです。




10年以上になるでしょうか…
もはやいつから使っているのか思い出せないほど何度も一緒に引っ越ししてきたスライサー。
経年劣化のためついに買い替えました。


貝印 KAI 両刃 スライサー(おろし器付)

P1130514


上が旧、下が新です。

P1130515


側面にひびが入って、掴むとたわむようになってしまいました。

P1130517


新旧の主な違いは両刃であること。
スライサーは主にきゅうりの薄切りに使うのですが、切れ味の良さとスピードに驚きました。
往復でスライスできるので単純に倍の早さで作業ができるのです。
旧の感覚で動かしていたらうっかりケガをしそうでした。

P1130606


反対側はおろし器になっています。
両刃のためにスライサーが中央に配置されており、おろし器は上下に分かれてスペースが半分に。
唯一の仕方のない残念ポイントです。

P1130607

おろし金より野菜くずが落ちやすく、耐熱なので食洗機で丸洗いもできます。
直接ボウルに立てかけて使うのに慣れているので受け皿がないタイプを選びました。
シンプルで使いやすく、収納に場所を取らないところが気に入っています。


ちなみに…
新旧どちらにもある先端の変わった形状。

P1130612


飾り切りに使うということを商品紹介画像で初めて知りました!

71PlEdgT4wL__AC_SL1000_

なかなか斬新な発想に思えます。



↑このページのトップヘ