kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2021年02月

幼稚園の息子のお弁当です。

P1130083 (2)

・ごはん(梅干しとごま塩)
・ぶりの塩焼き
・シュウマイ(チルド)
・玉子焼き
・きゅうり
・ミニトマト
・みかん


ぶりの塩焼きは、まず少量の醤油とみりんを揉みこんで10分ほど置いて下味をつけます。
キッチンペーパーで水気を押さえて塩、こしょう。
薄力粉をはたいて米油を熱したフライパンで焼けば、パサつかない塩焼きの完成です。

P1130082


義理の母の梅干しを食べ切ってしまい、息子が「もう梅干しないの?」と寂しそうに言うので
夫を介してお願いしたところ、すぐに送ってくれました。

P1130084

酸味が強く余計な味が一切しない手作りのならではの梅干し。
探してみてもなかなか同じようなものには出会わないので嬉しい限りです。




バレンタインにトリュフを作ったときに余った生クリームを使って
コクのあるトマトクリームのスパゲッティを作りました。

P1130077

今回はなすとブロッコリー、冷凍しておいたきのこを使いましたが、野菜はあるものでOK!
ベーコン、ソーセージなどがあれば尚良し!
具材は冷蔵庫と相談で、なんでもいけます。


■材料(2人分)

・スパゲッティ 180g
・なす 1本
・ブロッコリー(下茹でしたもの) 2~3房
・しいたけ 1~2こ
・しめじ 1/4パック
・ホールトマト 50g

・オリーブオイル 小さじ2
・にんにく 1かけ

【A】
・生クリーム 大さじ4
・牛乳 大さじ4
・粉チーズ 大さじ2
・塩 小さじ1/3
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

1.なすは輪切りにして水にさらし、水気をふき取っておく。
ブロッコリーは粗く刻み、にんにくは縦2つ割りにして芯を取り除く。

2.しいたけは薄切りにし、しめじは小房に分ける。

3.たっぷりの湯を沸かし、1%の塩を加えてスパゲッティを茹で始める。

4.フライパンにオリーブオイル小さじ1とにんにくを入れて弱火にかける。
香りが立ったらなすを焼き目が付くまで返しながら焼く。

5.オリーブオイル小さじ1を足し、しいたけ、しめじ、ブロッコリーを加えて炒める。

6.ホールトマトを加えて崩しながら煮詰め、混ぜ合わせた【A】を加えてひと煮立ちさせる。

7.茹で上がったスパゲッティを湯切りして加え、さっとあえる。


牛乳だけで作る場合はどうしても水っぽい仕上がりになってしまうので(粉をふるうという手も)
生クリームがあるときのお楽しみレシピでもあります。

P1130078


午前保育だった息子とお昼ごはん。

P1130076

まだ恐る恐るですが、なすが食べられるようになりました。




幼稚園の息子のお弁当です。

P1130074 (2)


この日はオムライス弁当。
鶏もも肉、人参、玉ねぎ、コーン入りのケチャップライスに玉子を乗せています。
メインを詰めて、ブロッコリー、ミニトマト、黒豆煮、デザートにみかん。

P1130075 (2)

ケチャップあとがけはしなくてもいいと言うのでそのままで。
スペースの8割が埋まる一品弁当に助けられました。

「オムライスを持ってきてるお友達はいる?」と聞いてみたら、
「いるよー。たまごはなくて、ケチャップライスの子もいるよー。」とのこと。
リアルなお弁当事情が気になります。




幼稚園の息子のお弁当です。

P1130038 (2)

・おにぎり(梅しそ)
・豚肉のから揚げ
・マカロニサラダ
・だし巻き玉子
・スナップえんどう
・黒豆煮


豚肉のから揚げは普段はこま切れか肩ロースくらいで作るのですが、
この日は脂の多いばら肉しかなく…

P1130034 (2)


少々不安を抱きつつレコルトエアーオーブンにお任せしてみました。

P1130029


すると、これだけの脂が!

P1130033


冷えて固まるとさらに衝撃!!

P1130040


翌日のお弁当もエアーオーブン調理で。

P1130062


うずらの玉子をハンバーグのタネで包んで衣をつけたらエアーオーブンへ。
衣がサクサクの揚げないスコッチエッグができました。

P1130067

良かれと思って少々手の込んだスコッチエッグにしてみたのですが、
当の本人は「いつものたまごのと違った…残さなかったけど…」とテンション低め。


「いつもの」はこちらのこと。



簡単な肉巻きのほうがよかったようです。
(入りきらなくて余った分は娘が美味しく食べてくれました。)




今年のバレンタインデーは娘がトリュフを作りました。
図書館で借りてきたチョコレートの本を参考にしています。

P1130042


まずはチョコレートを細かく刻みます。

P1130044


ガナッシュの分とコーティングの分で合計180g。
なかなか根気のいる作業です。

P1130045


温めた生クリーム50mlにビターチョコレート100gを溶かします。

P1130049


混ぜすぎに注意してツヤのあるこれくらいの状態でストップ。

P1130050


しぼり出し袋に移して少し冷えるまで待ちます。

P1130054


初めてのしぼり出し作業。
力加減が難しく、苦戦しておりました…

P1130056


ガナッシュを冷蔵庫で冷やしたら、湯煎にかけて溶かしたミルクチョコレートを絡め、
ココアパウダーとパウダーシュガーをまぶして完成です。

P1130058 (2)

いびつな仕上がりではありますが、食べてみるとくちどけの良いトリュフになっていました。


タグにメッセージを書き、ラッピングをしてお父さんと弟にプレゼント。

P1130061 (2)

サプライズで残りをわたしにもラッピングしてくれて
「お母さん手伝ってくれてありがと!」とメッセージが書かれていました。

この日ばかりはお手伝いを完全に禁じられて納得がいかなかった息子ですが、
普段あまり食べないリッチな味わいに「めっちゃ美味しい!!!」と喜んでいました。



↑このページのトップヘ