kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2021年02月

週半ばに作った常備菜の記録です。

P1130117

・ブロッコリーのごま酢あえ
・和風ミートソース
・れんこんの塩きんぴら
・豚キムチ


固めの塩茹でにしたブロッコリーはざるに上げて粗熱を取り、
サラダスピナーでしっかり水気を切っておきます。
すり鉢で煎りごまをすったところに、砂糖、酢、醤油を加えてあえ衣を作り、
ブロッコリーを加えてあえます。

P1130110


この日のミートソースは和風の気分だったので、コンソメの代わりに鰹だしを使いました。

P1130111


詳しいレシピはこちらに。
あっさりと優しい味に仕上がります。



れんこんの塩きんぴらは、ごま油で炒め、塩、砂糖、みりんで味付け。

P1130113


キムチ救済レシピでもある豚キムチ。
塩、こしょう、酒で豚こまを炒めてから、キムチを加えて水分を飛ばすように炒めます。
仕上げに醤油とバターをほんの少し。
キッチンばさみで細かく切ってビビンパに混ぜると子どもも辛さを気にせずよく食べます。

P1130115


もう一品サラダ的なものを作りたかったのですが、気力及ばず今週はここまで…

P1130109


自分で作るものに飽きて、無性にテイクアウトがしたい気分!
今月は家族でサイクリングがてらベーカリーでパンを買い、途中の広場でランチをした1回のみでした。
来月はもう少し利用したいところです。


幼稚園の息子のお弁当です。

P1130100

・ごはん(鮭ふりかけ)
しば漬け
・鶏のから揚げ
・コーン入りスクランブルエッグ
・ブロッコリー
・ミニトマト
・りんご(サンふじ)


から揚げは五十嵐美幸シェフのレシピで。




こちらのから揚げは鰹節をまぶすことでカリッと食感がキープされるのが特徴。
鰹節の旨みで減塩でもしっかり味がつきます。
さらに、片栗粉と鰹節の吸着によって揚げ油が汚れないのでストレスフリー。
油の再利用が問題なくできるほどです。

P1130099

エアーオーブンを使った揚げないから揚げ、塩麹から揚げ、鶏肩肉のから揚げ…
お弁当生活でから揚げのバリエーションが広がっています。



今年もオレンジピール入りのガトーショコラを焼きました。

P1130103


レシピも状況も4年前と全く同じです。



なんとなく今年はないだろうと思っていた(何を根拠に?)夫の職場のバレンタイン。
ないどころかいつになく立派なチョコレートの大箱を2つもいただいてきました。
子どもはお土産に大喜びですが、返礼を考えると…


そんなわけで一週間ほどしてから焼いたガトーショコラです。
(いただいたチョコレートはまだまだ終わらず…)

P1130104

■材料(16cmのパウンド型1台分)

・クーベルチュールチョコレート(カカオ58%のもの使用) 100g
・無塩バター 60g
・卵 2こ
・グラニュー糖 40g
・オレンジピール(刻んだもの) 大さじ1
・薄力粉 大さじ2
・ココアパウダー 大さじ1と1/2

■作り方

1.チョコレートは刻んで湯せんにかけて溶かす。

2.1にバターを加え、溶けてなめらかになるまで混ぜ、オレンジピールも加える。

3.ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。

4.3に2を加えて混ぜ、薄力粉とココアパウダーをふるいながら加え、泡立て器で底から返すようにさっくり混ぜ合わせる。

5.卵白を角が立つまでしっかり泡立てる。
4に3~4回に分けて加え、そのつど泡をつぶさないように、色が均一になるように手早く混ぜ合わせる。

6.オーブンシートを敷いた型に流し、160℃に予熱したオーブンで35分ほど焼く。
膨らんで表面にひびが入るくらいが焼き上がりの目安。

7.型から外してオーブンシートをはがして冷ます。できれば冷蔵庫で一晩寝かせる。


ホイップクリームを添えてみました。

P1130106

「いつ作るの?」と楽しみにしていて、「おいしい!」と反応が良かったのも娘でした。
ただ、電話でおばあちゃん(私の母)に自分が作ったトリュフと比べて
「お母さんに負けた。」
と言っていたのが意外でした。
そんな風に意識されているとは思わず…

こちらのガトーショコラは卵の泡立てを頑張って、混ぜ方に気を付ければ失敗しないので
来年には娘も同じように作れると思います。



幼稚園の息子のお弁当です。


午前中運動がある日は、ご要望により麺類+おにぎりのお弁当。
この日はカルディの上海焼きそばでした。

P1130091


具は豚肉、ピーマン、細切りたけのこ、うずらの玉子。
好きな紅生姜も忘れずに。

P1130092

野菜をたくさん入れられないせいもあって味が濃い目に仕上がってしまうので、
麺2玉に対して付属の調味料1つで作っています。
(余った分は焼きうどんなどに活用!)

半分を自分のお昼ごはんにしてみて思ったこと。
冷めた焼きそばはモチモチで余計にお腹にたまり、さらにおにぎりとみかんなんて!
心配をよそに息子は涼しい顔で「うん、足りたっ!」と言っていました。
底なしの食欲です。


いつも義実家から分けてもらっている手作りの梅干しには梅紫蘇がたくさん入っています。

P1130084


前回の分の梅紫蘇が残っていたので、新しくいただいたものと混ぜずに食べ切ることにしました。

P1130085

きゅうりとなすを合わせて350g、梅紫蘇は70g。
塩漬けにして水分を出し、よくしぼってから合わせます。


生姜の千切りを加えれば、即席のしば漬けになります。

P1130087


たまに上下を返して冷蔵保存。

P1130089

梅紫蘇のおかげでほぼ合わせるだけという手軽さ。
浅漬けでも自家製は食べ応えがあって、ごはんのお供にぴったりです。


↑このページのトップヘ