kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2021年01月

幼稚園の息子のお弁当です。

P1120907 (2)

・若菜とわかめの混ぜごはん
・豚肉のから揚げ
・ちくわチーズ焼き
・ツナときゅうりのポテトサラダ
・金時豆
・ミニトマト


前夜の残りの豚こまをギュッと丸めてから揚げに。
あとは常備菜のポテトサラダに、1本だけ残っていたちくわにチーズを詰めて焼いたもの。
隙間を埋めるように甘いお豆とミニトマト。
あり合わせのお弁当となりました。

P1120910 (2)


お弁当は延長が決定しました…
息子の反応が良いので、今後ものっけ弁、うどん、焼きそば弁当などにお世話になろうと思います。



幼稚園の息子のお弁当です。

P1120901 (3)

・オムライス(鶏もも肉・玉ねぎ・ピーマン・チーズ・ケチャップ)
・きゅうり
・ミニトマト
・金時豆


久しぶりのオムライスは薄焼き玉子ではなくふわとろ系で。(冬場限定)
とは言ってもお弁当なので、ギリギリまで火を通しています。

P1120904 (2)


中身はオーソドックスなケチャップ味のチキンライス。
先日子どもたちが作ったときのレシピに倣って、卵にはマヨネーズと牛乳を加えています。




ケチャップライスを作ればほぼ完成なので、とても楽なお弁当でした。

P1120903 (2)

---

めでたく1本目の乳歯がグラグラし始めて誇らしげな息子。
娘よりだいぶ早くて驚きました。
まだ微かに動く程度でしかも下の歯なのに、「かたいのは食べられない~」と弱気な発言。
ちょっと意地悪して「じゃあから揚げも無理かぁ…」と言ったら、
「から揚げは食べられる!!」と食べ方を必死に説明してくれました。



幼稚園の息子のお弁当です。

P1120872 (2)


ずっとお肉が続いていたので久しぶりに魚が主菜のお弁当。
塩鱈の切り身をフライにしました。

P1120870

・おにぎり(梅じそと鰹節)
・鱈のフライ
・茹で玉子
・にんじんのきんぴら
・ブロッコリー
・ミニトマト


塩鱈は一口大に切って骨を取り除き、軽くホワイトペッパーだけふって衣をつけます。
小さなフライパンで揚げ焼きにしました。

P1120867 (2)


おにぎりの中身を公開。
義理の母の梅干しがもうなくなってしまって、一緒に漬けてある梅じそを大事に食べています。

P1120866 (2)

--ー

緊急事態宣言延長案が出てきて、お弁当生活も延長の予感。
途中一日午前保育の日は心底ほっとします。
その束の間のお弁当休みの朝は、ずっとリクエストされていたホットケーキを焼くことができました。
焼くのに時間のかかるホットサンドはここ最近登場していません。



向田邦子さん没後40年となる今年。
テレビで特集が組まれたりイベント(配信)が開催されたりしています。
著書はだいたい持っているので、図書館で向田作品を解説する本をたくさん借りているこの頃です。


料理の話、食べものの話がとても多い向田さん。
「わかめのいため物」もエッセイの中に登場します。
炒めるときに油がはねるので鍋ぶたを盾にするというのが印象的です。

P1120895 (2)


生の新わかめを見かけたので早速作ってみました。
お値段はなんと128円!
保存がきかない生ものだからか塩蔵よりずっと安いです。

P1120884 (2)


こう見えてずっしり重く、わが家の鍋では一度では茹でられないほどの量!

P1120890 (2)


よく洗ってから沸騰した湯で色が変わるまで30秒ほど茹でます。
冷水にとって色止めをしてから、3回に分けてサラダスピナーで水気を切ったものがこちら。

P1120891 (2)

磯の香りが強く、切ればザクッザクッと小気味よい感触が。
歯ごたえが楽しめそうです。


詳しい分量の記載はなく、以下のような感じで作ります。

サラダ油(米油)とごま油を半量ずつ熱し、堅めに戻して3cm四方に切ったわかめを加える。
はねるのでやけど防止のため長めの菜箸で炒める。
わかめが翡翠色になったら削り節と醤油を加えてジャーッとかき混ぜる。

P1120893 (2)

『向田邦子の手料理』の写真にもあるように、とっておきの皿にほんの少しだけ盛るのが向田流です。
“とっておきの皿”と呼べるほどの小皿がなく、鉢に山盛りで失礼…
さらに、もう少し削り節がチリチリになるまで炒めてもよかったかもしれません。
わかめはまだまだあるのでリベンジしてみます。


本に「わかめは上質なものを求め…」と書いてあるせいか、
もうずいぶん前からその存在を知っていたのに挑戦していなかったこちらの料理。
鳴門わかめではなく宮城県産わかめでしたが、やっとその美味しさを感じることができました。




幼稚園の息子のお弁当です。

P1120861 (2)

・豚肉の生姜焼き丼(豚丼)
・玉子焼き
ブロッコリーのチーズフライ
・ミニトマト
・金時豆
・みかん(はれひめ)


なんというか…いつもに増して渋い見た目です。
一面に敷き詰めた生姜焼きのせいなのか、紅生姜がさらにそうさせるのか…

P1120862 (2)

豚ロース肉に塩、こしょうをして小麦粉をはたき、玉ねぎの薄切りと一緒に焼きます。
色が変わったら、おろし生姜、酒、砂糖、みりん、醤油を合わせて加えます。
こんがり焼き色がつくまで返しながら焼き、ごはんに乗せて、煎りごまと紅生姜を。


やっぱりお肉がドーンと乗っているのはテンションが上がるらしく、喜んでいました。

P1120864

ごはんにたれをかけたのでスプーンを持たせたほうがよかったかなと思いましたが、
特に問題なかったようでしっかり完食してきました。




↑このページのトップヘ