kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2020年09月


「福島クッキングアンバサダー」の活動です。

P1110247

まっすぐに伸びた新鮮な福島県産いんげんを使ったレシピの最終回!
(2週間ほど前に作ったのですが、アップするのを忘れていました…)


さっと茹でて小口切りにしたいんげんと甘辛い生姜そぼろを炊きたてのごはんに合わせました。

P1110338


■材料(4人分)

・ごはん(できれば炊きたてのもの) 1.5合
・福島県産いんげん 8本
・豚ひき肉 100g
・生姜 ふたかけ

【A】
・酒 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・醤油 大さじ1と1/2

■作り方

1.いんげんは塩(分量外少々)を加えた湯で2分ほど茹でてざるに上げておく。
2.生姜はみじん切りに、粗熱が取れたいんげんは小口切りにする。
3.フライパンに豚ひき肉、生姜、【A】を入れて火にかけ、混ぜながら煮詰めていく。
4.水分が飛んだら、いんげんとともに温かいごはんに混ぜる。


生姜の利いた甘辛いそぼろが、いんげんの食感と甘みを引き立てます。

P1110340


別の野菜で作ることを考えてみたのですが、
同じ仲間のスナップエンドウを刻むことくらいしか思いつきませんでした。

P1110342

とにかくいんげんと相性の良い混ぜごはんで、実は独身の頃から作っているレシピです。

細切りたけのこをさらに細かく刻んでそぼろに混ぜるのもおすすめ。
もちろん味と食感と彩りにいんげんは欠かせません!


福島クッキングアンバサダー
福島クッキングアンバサダー





幼稚園の息子のお弁当です。

P1110481

・おにぎり(梅干し)
・レモン唐揚げ
・ブロッコリーのごまあえ
・ミニトマト
・蒸しかぼちゃ


数日前からリクエストされていたから揚げがメインのお弁当です。
買い置きのカルディの「レモン唐揚げの素」で作りました。
もも肉一枚分、一口サイズなら、14cmの小さな揚げ鍋で少なめの油でも調理できます。
二度揚げもしなくて大丈夫なので朝からでもなんとかなります。

P1110482

常備菜として茹でておいたブロッコリーは胡麻あえに。
とても甘い蒸しかぼちゃはラップに包んでつぶし、茶巾しぼり風にそのまま入れました。

好きなものは底なしによく食べる息子。
かなりたくさん詰めたつもりでしたが「もっと食べたかったよー」と言われてしまいました。



ベーグル作りが楽しいこの頃。
捏ねは相変わらずホームベーカリー任せですが、
ふわふわすべすべの生地を丸めたりのばしたりするのはリラックスできる時間です。


相変わらずツルツルにならない表面…

P1110420

工程は試行錯誤中で公開できるような段階でもないので、
材料だけ覚え書きとして記しておきます。


■材料(成形段階で1こ約62g×8こ分)

・強力粉 280g
・バターナッツかぼちゃ(蒸してつぶしたもの) 100g
・砂糖 大さじ2
・塩 小さじ1
・米油 小さじ2
・水 140ml
・ドライイースト 小さじ2/3

・ハチミツ 大さじ1 ※ケトリング用


パン生地コースは「ねり1→ねかし→具材投入→ねり2→発酵」という工程なのですが、
かぼちゃを後入れにしたら生地と分離して大ピンチ!
ねりの1と2ではかかる時間が異なるようで、もう一度ねり1に戻ってなんとか修正できました。


プレーンもうまく焼けないのにアレンジするという無謀さ…
それでもかぼちゃの風味が感じられて味は美味しかったです。

P1110421


バター&ハチミツで。

P1110422


3回目はプレーンでトライ。

P1110440


一次発酵をなくしてみたら二次発酵の段階で気泡が出てしまい、ボコボコ…
ふくらみ具合は良い感じです。

P1110444


一次発酵を10分にしてみた4回目。
成形のときに気泡を潰すようにして伸ばしてみたものの、やはり二次発酵で気泡が出現。
そして今度はふくらみが足りません。

P1110454

食感はパリッとしていて中はもっちり。
味も良く家族からも好評なのですが…やっぱりツルツルの美しい表面に焼き上げたい!

発酵時間ではなくベンチタイムが足りないのかもしれません。
いくつか改善点は見つかったものの、なかなか5回目に着手できずにいます。





今週の常備菜です。

P1110471

かぼちゃと豚肉の煮もの
切り干し大根の煮もの
鯖ときゅうりの梅ドレッシングサラダ
・蒸しかぼちゃ
・茹でブロッコリー


近所の八百屋さんで立派なかぼちゃが半カット100円でした。
北海道産の「みやこ南瓜」というそうで、生で味見をしたらその甘さに驚き!
半分は子どももよく食べてくれる煮ものに。

P1110459


残りの半分はとりあえず蒸しました。

P1110465


娘のリクエストで多めに作った切り干し大根の煮もの。

P1110461


きゅうりのパリパリ感とさっぱりとした梅風味で、最近はまっている鯖缶料理。

P1110470


お弁当の日を見据えてブロッコリーを準備。

P1110462


今週は以上の5品でした。

P1110472


ネットニュースでこんな記事を見つけました。
料理の「作り置き」なぜやめた? 効率悪い、腐らせる…それぞれの事情

今の家族構成のわが家では効率がいいと感じる作り置きですが、
それぞれの事情とはまさにその通り!
向き不向きがあることがよくわかる記事です。
本文よりもコメント欄のリアルな意見に「なるほど!」と思うことがたくさんありました。

わが家も需要と供給が合っているうちはこちらの裁量で計画的に食べ切ることができますが、
近い将来、子どもたちがもっと食べるようになったら作り置きにも限界がくるかもしれません。
わたしの場合は「この食材を調理したい!」とか、「食べ切ってしまいたい!」
という事情でまとめて作り置きをすることが多いので、
常備菜のためにたくさん買いものをして無駄になるということはありません。
(今週はお得に買えたかぼちゃと、余りそうな気がしたきゅうりがきっかけでした。)

常備菜はあくまでわき役と考えて、一部を作り置きにすることもストレスなく続ける秘訣。
全てを作り置きに頼ろうとすると気分的に食べたくない日も無理に消費することになって、
楽しくないし美味しくありません。
出来たて作りたての料理も少しはないと、残りもの感が出てつまらない…ということもあります。

そんなわけで理想としているのは、作る側には助けとなり、食べる側も満足できる常備菜生活です。




「ボーソー米油部」の活動です。

1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ
1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ


今月のテーマは「1年間の集大成!わたしのおすすめ米油レシピ」。
昨年の10月に始まったボーソー米油部2期の活動も、いよいよ最終回の月となりました。
集大成として、ジャンルを問わずおすすめの米油レシピをご紹介したいと思います。


まずはわが家の長年の定番の納豆スパゲッティ。
タイトルの通り、米油で作るようになってより美味しくなったと感じています。

P1110431


幼稚園の息子は水曜日が午前保育で早帰り。
週に一度の息子とのランチは、リクエストにより高確率で大好物の納豆スパゲッティになります。

こちらがリアルな食卓。

P1110433

このときばかりは息子が自分でお気に入りの食器を選ぶのが暗黙の了解となっています。


過去の記事によると、2歳4か月にしてもう食べていました↓



(二人で150gから息子の成長とともに少しずつ増量して今ではほぼ200gに!)


■材料(2人分)

・スパゲッティ 200g
・納豆 1パック
・しらす(またはちりめんじゃこ) 大さじ2
・にんにく 1かけ
・ボーソー米油 小さじ2
・醤油 大さじ1
・青ねぎ(または長ねぎのみじん切り) 適量
・刻み海苔 適量

■作り方

1.スパゲッティを茹で始める。(塩・分量外適量)

2.2つ割りにして芽を取り除いたにんにくと米油をフライパンに入れ、ごく弱火でじわじわと煮る。

3.にんにくに火が通ったらしらすと納豆を加えて中火でさっと炒める。

4.茹で上がったスパゲッティを鍋から移し(茹で汁は切らずに少し入るくらいが良いです)
醤油を回しかけてさっと炒める。

5.皿に盛りつけて青ねぎ、刻み海苔を乗せる。


米油と出会う前はオリーブオイルやサラダオイルで作っていたのですが、
和風の素材を合わせるときには、味も香りもないあっさりとした米油が最も合うと思います。

P1110435

米油で作るガーリックオイルが美味しさの決め手となるスパゲッティ。
しらすのうまみと塩気が加わって納豆と相性抜群です!
醤油で味をととのえたら、ねぎと刻み海苔で香り良く仕上げます。

納豆好きな方にはもちろん、納豆とスパゲッティの組み合わせは…という方にも、
自信を持っておすすめしたいレシピです!


↑このページのトップヘ