kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2020年04月


スコーン
を作ったあと残っていたオートミールで食感を生かしたおやつを作りました。

P1090387

フラップジャックはイギリスの伝統菓子だそうです。
正式にはブラウンシュガーを使うようなのですが、黒糖パウダーで代用。
ドライフルーツは入れずにナッツを加えて作りました。


■材料

・オートミール 100g
・クルミ 20g
・アーモンド 20g

・バター 40g
・ハチミツ 大さじ2
・黒糖パウダー 大さじ2

■作り方

1.クルミとアーモンドは細かく切ってフライパンで2分ほど乾煎りする。

2.バター、ハチミツ、黒糖パウダーを鍋に入れ、弱火で溶かす。

3.火を止めて1、オートミールを加えて混ぜ合わせる。

4.オーブンシートの上に平らにならし、押し固める。

5.170℃に予熱したオーブンで15分焼き、完全に冷ましてから切り分ける。


バットにオーブンシートを敷いて押し固めるように詰め、バットから外して焼くと形良く仕上がります。

P1090386


穀物とナッツでザクザク食感。
バター×ハチミツ×黒糖…美味しくならないはずがない。

P1090390


たくさんできるので瓶に詰めて保存。

P1090394

息子は気に入ってくれましたが、グラノーラが苦手な娘にはいまいち。
正確にはフルーツグラノーラのドライフルーツが苦手なので、これは大丈夫なはず!
それでも「ベリーとか入ってる気がする…」と敬遠。
酸味もないのに味覚は大丈夫か?と心配になりました。




今週の常備菜です。

P1090406

・トマトソース
・ミックスナムル
・ポテトサラダ
・豚キムチ
・ホワイトソース


あると便利なトマトソースはいつもストウブで放ったらかしで作ります。
玉ねぎ、にんにくをオリーブオイルで炒め、ホールトマトを加えてザクザクつぶし、蓋をして20分。
塩で味をととのえつつ水分を飛ばして好みの濃度まで煮詰めます。

P1090400


半端に残った野菜(ほうれんそう、人参、豆もやし)をまとめてナムルにしました。
黒ごまを擂り、砂糖、塩、醤油、今回は酢も少々入れてさっぱり味に。

P1090401


ポテトサラダのじゃがいもは普段は丸ごと茹でるのですが、今回は圧力鍋で蒸してスピーディーに。
塩揉みきゅうり、さらし玉ねぎ、ハム、コーン。
下味にレモンを加えて爽やかに仕上げました。

P1090402


キムチを早めに消費したかったので、冷凍保存の豚こまと炒めて豚キムチにしました。
塩、こしょうをして、最後に醤油をひと回し。
チャーハンかうどんにアレンジします。

P1090404


ホワイトソースは牛乳に薄力粉を入れてたえず泡立て器でかき混ぜながら火を通して作ります。
とろみがついたら塩、コンソメ、バターを加えるという手軽で失敗しないレシピです。
農水省からのお願いもあったので今後も積極的に牛乳とヨーグルトを取り入れたいと思います。
(同じ乳製品でもバターは品薄ですね。)

P1090405


これらを作った日の夕方、突如立っていられないほどのめまいに襲われました。
グルグル回ること、数か月に一度起きること、めまい以外の症状がないことから
「良性発作性頭位めまい症」では?と疑っています。

ちょうど子どもたちのごはんを作る時間でしたが、どうにもこうにも…だったので
インスタントラーメンにチャレンジしてもらうことにしました。

茹でるお湯は鍋で沸かし、スープのお湯はポットで沸かすこと。
麺を鍋から直接どんぶりに移すのは危ないのでシンクにざるを置いて湯切りすること。
息子は鍋の周りをチョロチョロしないこと!
などを指示して、できたラーメンがこちらです。

P1090408
撮影:娘


ゆで玉子は自分たちで茹でてカットしてトッピング。
乗せるだけのナムルがさっそく役立ちました。

寝室にこもって全く様子を見ずに火や熱湯を使わせたのは初めて。
代わる代わる2~3回工程を確認に来ましたが、二人で協力して無事作ることができました。


久しぶりに中華まんを作ってみました。
発酵不要、ベーキングパウダーでふくらませる手軽なレシピです。

P1090372

生地は8こ分、肉まんの材料は4こ分なので全て肉まんにする場合は倍量で。
半分は自家製あんこであんまんにしました。


■生地の材料(8こ分)

・薄力粉 300g
・強力粉 60g
・ベーキングパウダー 小さじ2
・砂糖 大さじ1と1/2
・塩 小さじ1/3
・水 150ml
・牛乳 75ml
・米油 大さじ1と1/2

■肉まんのあんの材料(4こ分)

・豚バラ肉 100g
・しいたけ 50g
・玉ねぎ 1/4こ
・生姜 少々

【A】
・砂糖 小さじ1
・酒 小さじ1
・醤油 小さじ1
・塩 小さじ1/2
・ごま油 小さじ1/2
・オイスターソース 小さじ1/2
・片栗粉 小さじ1

■作り方

1.しいたけ、玉ねぎ、生姜はみじん切りにし、豚肉は包丁で叩いて粗みじん切りにする。

2.【A】を加えてひとまとまりになる程度に混ぜ、冷蔵庫に入れておく。

3.薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーを合わせてふるう。

4.砂糖、塩、牛乳、米油を加え、水を少しずつ加えて粉っぽさがなくなるくらいの固さにする。

5.5分ほどよくこねて8等分して丸める。

6.麺棒で伸ばし、4等分にした2を乗せて口をしっかり閉じるようにして包む。

7.1こずつカットしたオーブンシートに乗せて蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で15分蒸す。


生地の計量とこねるのは子どもたちにやってもらいました。
はじめはこのように手につきますが、こねているうちにまとまって滑らかな生地になります。

P1090365

手にくっつくのが気になってなかなか作業が進みません…


あんまんのあんこにはお好みでごま油を少々加えても。
見た目に差をつけておきます。

P1090371


発酵なしの生地はモチモチ食感。
イーストの特有のにおいがないところも気に入っています。

P1090373


一気に蒸してすぐ食べるのがおすすめです。

P1090376


ひき肉ではなく包丁で叩いて粗みじんにすることでジューシーに。

P1090383

蒸しパン、スコーン、中華まん…時間があるせいか小麦粉料理が多いこの頃です。
そろそろピザかな?




平日は朝晩のどちらかはお味噌汁とごはんを主体にした和食、
夫が休みの日は手を抜きつつ少し気分を変えて楽しむようにしています。
そんな家族がそろっている日のお昼ごはんや晩ごはんの記録です。


ずいぶん前に買い置きしてあったカルディの冷凍トルティーヤで久しぶりのタコス。

P1090242


冷蔵庫で一晩自然解凍して、食べる直前にトースターとグリルの2台を使って温めました。

P1090243


冷凍保存のひき肉に、カルディのミックスビーンズを合わせたタコミート。
カレー粉、ケチャップ、パプリカパウダーなどで味つけています。

P1090240


新たに用意したのは生野菜だけ。
レタス、トマトと玉ねぎのサルサ風、アボカドディップ。

P1090241


セルフで子どもたちも楽しいランチでした。

P1090245


冷蔵庫整理で思い付くままに作ったスパゲッティ。
使ってしまいたい食材は、納豆、しらす、ツナ、ベーコン、きのこ、ほうれんそう、ブロッコリー。

P1090246


ベーコン、しめじ、ほうれんそう、玉ねぎでクリームスパゲッティ。

P1090250


トマト缶でソースを作り、ブロッコリーとツナを入れたトマトソーススパゲッティ。

P1090252


納豆としらすの醤油スパゲッティ。
こちらは好んで食べるのはわたしと息子のみです。

P1090249


3種類作るかわりにサラダもスープもなし!
たっぷり400g茹でて、それぞれ好きなものだけ取り分けました。

P1090253


久しぶり、お待ちかねのインスタントラーメン(サッポロ一番しょうゆ味)。
青菜、チャーシュー、メンマ、ゆで玉子、刻みねぎ、焼き海苔で王道スタイルに。

P1090355

近所ではティッシュペーパーもキッチンペーパーも売っているのですが、
人の少ない夜遅くに買い出しに行くせいかインスタント麺はなかなかお目にかかれません。
なければないで過ごせるけれど、ないと気付くと食べたくもなる…
そんなことを言っていたら実家の両親が5こパックを2つも送ってくれました。


中華まんを手作りした日。
あんまんと肉まんの2種類です。

P1090376

ベーキングパウダー使用で発酵がいらないので、生地をこねたらすぐに蒸すことができて簡単!
レシピはのちほど。


自粛生活が始まってから自炊率100%に。
宅配は元々習慣がないので今後もその予定はなく、
テイクアウトは気分的にスーパー以外のお店に足が向かなくてまだ利用していません。

子どもたちは「外の味」に飢えている様子ですが、まだまだ先は長いのでしばらくは我慢。
「家で家族そろって楽しく食べられるだけ幸せなんだよ」と懇々と話しています。




ホットサンドのバリエーションです。
カレーライスとマカロニサラダを作った日に、並行してカレーマカロニも作っておきました。

P1090356

カレーに茹でたマカロニを加えて焦げないように混ぜながら煮詰めたもの。
人参などの具材はつぶすなどして細かくしておくと一体感が出ます。


そんなカレーマカロニとチーズを挟んだホットサンド。

P1090359


マカロニサラダはマヨネーズを足してサンド。

P1090357


2種類のホットサンドが完成しました。

P1090360

ちょっと断面の穴が…見た目が苦手な人は苦手かも。


どちらが人気があったかというと、3対1でマカロニサラダでした。

P1090362

ホットサンドといえばチーズは欠かせないですが、同じくらいマヨネーズも大切。
マヨネーズが苦手な家族も増量したことに気付かず美味しく食べることができました。




↑このページのトップヘ