kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2020年03月


「何か作りた~い!」が口癖の子どもたち。
この日はクッキーを焼くことになりました。

P1080880

数日前に娘が作ったいちごジャムを活用してジャムクッキーに挑戦です。


■材料(約10こ分)

・薄力粉 200g
・上白糖 50g
・無塩バター 100g
・牛乳 大さじ2

・いちごジャム 大さじ2

■作り方

1.薄力粉はふるい、無塩バターは1cm角に切る。

2.フードプロセッサーに1、砂糖、牛乳を入れ、バターがサラサラになるまで撹拌する。

3.均一に混ざったら保存用ポリ袋に入れ、袋の上から揉んでひとまとまりにし、冷蔵庫で30分休ませる。

4.5mm程度の厚さに伸ばし、同じ型で2枚抜く。一方はひと回り小さい型で中心を抜き、2枚を貼り合わせる。

5.いちごジャムは果肉を細かく切り、生地のくぼみに乗せる。

6.180℃に予熱したオーブンで15分焼き、アルミホイルをかぶせてさらに8分焼く。


バターを室温に戻さず冷たいままフードプロセッサーにかけるいつもの簡単レシピで。

P1080882


生地が固めでだれないので型抜きもしやすいです。

P1080885


P1080889


ジャムを乗せる工程は細かい作業ができるお箸で。

P1080890


ジャムを入れずに半分くらい焼いてから一度取り出し、ジャムを乗せて再び焼く方法もあります。

P1080894


焼いている間はバターと小麦粉の香りに加えて、いちごの甘酸っぱい香りも!

P1080908


イメージしたのは銀座ウエストのクッキーの中でも存在感のあるヴィクトリア。
サイズ感のみ参考にしました。

P1080905

ジャムは後乗せにしたほうがツヤがキープされるのかもしれません。
味は美味しかったですが、見た目に課題が残るジャムクッキーです。



今週の常備菜です。

P1080874

・ナポリソース
・切干大根の煮もの
・茹で鶏
・蒸かしいも


ナポリソースは大宮勝雄シェフのレシピ。
(お名前と「ナポリソース」で検索すると見られます。)
生のトマト、トマトジュース、トマトケチャップの3種類のトマトを使うところがポイントです。

P1080875


娘が好きな切干大根の煮物。
本人に味見をしてもらいながら作ったので、少々甘めの味付けに…
人参と油揚げを一緒に煮て、みりん、砂糖、白だしで。

P1080876


久しぶりの茹で鶏。
800ml程度の水に、酒、塩、生姜の薄切り、ねぎの青い部分を入れて沸かし、
鶏むね肉を入れてひと煮立ちさせたら、あとは蓋をして粗熱が取れるまで置いておくだけ。
しっとり柔らかい茹で鶏になります。

P1080879


小さいサイズのシルクスイートを圧力鍋で10分間蒸かしたもの。
なめらかなスイートポテト風のスイーツになっておすすめです!

P1080878


---

いよいよマスクの残り枚数が乏しくなってきたので、布マスクを作りました。
(わたしではなく夫が…)

P1080858

洗い替えにもう2セットくらい必要ですが、頼みづらい雰囲気なので自分で頑張るしかない…

例えば「ラーメンをスープから作ってみよう」とか、「デミグラスソースを自作しよう」だったら
時間をかけてでも挑戦してみる気になるのですが、裁縫はどうしてもやる気がおきません。
ちなみにこちらのマスクは裁縫に抵抗がない人なら20分でできるそうです。



2019年4月にスタートしたレシピブログさんの「ネクストフーディスト」の活動。
2020年3月をもって一年間の任期が無事修了となりました!

P1080856

ケースに入った立派な修了証をいただきました。


レシピの健忘録として細々と始めたブログも来月で10年になります。
自分の気持ちを綴るのは苦手ですが、レシピを考えたり記録したりするのは楽しい作業。
心身ともに健康に料理ができている限りは続けられる気がします。

レシピブログに登録したのは転機。
これまでとは比べものにならないほど世界が広がりました。
少し振り返ってみます。


就任お祝いに一度に届いて驚いたたくさんの食材。
軽くパニックになりながらも、何を作ろうかわくわくする気持ちが上回りました。

P1030195


家族みんなが歓喜した白くて美しい三方原じゃがいも。(今年は購入する予定)

P1040097


愛知県産の新鮮な野菜たち。
えぐみのないほうれんそう、やわらかいアスパラ、味の濃いトマト、それぞれ一級品でした。

BlogPaint


クリスマス前に届いた真っ赤で大きな岐阜県産のいちご。

P1070822


同じ2期生のみなさんと一緒にほかにも様々なモニターに参加させていただき、
とても楽しく刺激になった一年間でした。

P1080857


膨大な数のお料理ブログの中から当ブログを発見してもらえたことに感謝です。
この場をお借りしましてありがとうございました!

ネクストフーディスト

今後も「おいしい料理の発信」をしながら、ブラッシュアップしていきたいと思います。



「東洋水産×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。


「マルちゃん焼そば 塩」を美味しく食べるアレンジレシピ。
第二弾は付属のスープであんを作り、かに玉と合わせた天津風の焼そばにしてみました。

P1080851

かに風味かまぼこ使用ですが、グリーンピースを散らせば見た目は天津風!
味付けは付属の粉末ソースにおまかせなので、とても簡単にできます。


■材料(2人分)

・マルちゃん焼そば 塩 2人前 ※付属の粉末ソースは1人前使用
・卵 2こ
・かに風味かまぼこ 4本
・グリーンピース(下茹でしてあるもの) 適量

・ごま油 小さじ2 
・酒 小さじ2
・醤油 小さじ1
・ホワイトペッパー 少々
・水 180ml
・水溶き片栗粉 大さじ1

■作り方

1.焼そばの麺は個包装のまま電子レンジで500Wで1分半加熱してほぐす。

2.フライパンにごま油小さじ1を熱して1を広げ、酒、醤油をふりかけて片面を香ばしく焼く。
裏返してもう片面も焼いたら皿に盛り付ける。

3.卵をボウルに割り入れ、細かく割いたかに風味かまぼこ、ホワイトペッパーを加えてよく混ぜる。

4.同じフライパンにごま油小さじ1を熱して3を流し入れ、大きくかき混ぜながら7~8割火を通して麺の上に乗せる。

5.水に粉末ソース1人前を加えて沸騰させ、水溶き片栗粉を加えてさらによく加熱してとろみをつける。

6.グリーンピースを加え、かに玉の上からかける。

麺→かに玉→あんの順番で作ればフライパン1つで完成します。


かに玉はオープンオムレツの要領で裏はこんがり表は半熟にするのがおすすめ。
あんと相まって麺によく絡みます。

P1080852


わたしが甘くないあんが好みなのと、子どもたちも甘酸っぱいあんは未体験ということもあり、
そのまま付属のスープで塩味のあんにしました。

P1080855

うまみと塩分のバランスが取れた「マルちゃん焼そば 塩」だからこそできる手軽さです!


アレンジ焼そばレシピ
アレンジ焼そばレシピ




娘が学校からいただいた給食のレシピでバナナケーキを焼きました。

P1080836


もうこちらでお膳立てせず材料を所定の場所から取り出すところから自分で。

P1080816


計量のあとは粉や砂糖の補充までやってくれました。

P1080818


いつの間にかお下がりカメラではなく現役カメラで撮影していた息子。

P1080824


少しだけ手伝っているところが写っていました。

P1080828


ちなみにこちらがお下がりカメラ。
撮影しているところをさらに後ろから撮ってみました。

P1080831


このあとまるでYouTuberのように二人でコメントを入れながら動画撮影も…

P1080829


以下、少し分量などをわかりやすくした覚え書きです。

1.柔らかくした有塩バター35g、上白糖70gをよく混ぜる。

2.バナナ1本はフォークでつぶし、もう1本は輪切りにする。

3.室温に戻した卵1こ、牛乳40ml、つぶしたバナナ、レモン汁小さじ1を加えてよく混ぜる。

4.薄力粉110g、ベーキングパウダー小さじ2を合わせてふるい、2にさっくりと混ぜる。

5.オーブンペーパーを敷いたパウンド型(17cm)に流し、輪切りにしたバナナを並べる。

6.180℃に予熱したオーブンで25~30分焼く。


子どもたちは牛乳とともに。
(給食がない分、意識して1杯は飲むようにしています。)

P1080834


目の詰まったバターケーキとは違い、しっとりふんわりしたケーキです。

P1080837


実は途中でアーモンドを刻んで混ぜたいなと思ったのですが、このレシピなら入れなくて正解!
おそらくふんわり食感のじゃまになります。

P1080838


娘のレシピノートももうすぐNo.300に到達。

P1080840

とにかく時間が有り余っていて…
お味噌汁作りや下ごしらえの手伝いなど、一日一度はキッチンに立つようになりました。


↑このページのトップヘ