kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2019年12月


今年も北見在住の夫の伯母から新巻鮭をいただきました。

塩抜きをしてからフライにしたり




凝縮された旨みを出汁として丸ごと使って三平汁にするのが恒例です。




今回は塩抜きせずマカロニグラタンに入れました。

P1070831

失敗しないホワイトソースの作り方でだいぶハードルが低くなります。


■材料(4人分)

【ホワイトソースの材料】
・薄力粉 大さじ3
・牛乳 800ml
・食塩不使用バター 30g
・塩 小さじ1

・新巻鮭(または塩鮭) 3切れ
・茹でたほうれんそう 1/2袋分
・玉ねぎ 1/2こ
・マカロニ 100g

・粉チーズ 大さじ1
・パン粉 大さじ2
・ホワイトペッパー 少々
・薄力粉 適量
・米油 小さじ1

■作り方

1.鍋に薄力粉と牛乳を入れて中火にかけ、泡立て器でたえずかき混ぜながらとろみがつくまで煮る。

2.バターと塩を加えて混ぜ、バターが溶けたら火を止める。

3.玉ねぎは薄切りにして、米油小さじ1/2を温めたフライパンでしんなりするまで炒める。

4.鮭は骨を取って食べやすい大きさに切り分け、ホワイトペッパーをふって薄力粉をまぶす。

5.3のフライパンに米油小さじ1/2を温め、鮭を焼き色がつくまで返しながら焼く。

6.マカロニを表示より固めに茹でてざるに上げ、2の鍋に入れて再度温める。

7.耐熱皿に6を半量入れ、鮭、玉ねぎ、ほうれんそうを並べ、残りの半量を上からかける。

8.粉チーズとパン粉をかけ、250℃に予熱したオーブンで15分焼く。


材料にはありませんが2つに分けて片方には牡蠣のソテーを入れました。
(わたしと息子は牡蠣が好き。)

P1070829


この日はグラタンに全力投球したので、あとは切って並べるだけの手抜きメニュー…

P1070830


シュトーレンは1/3ほど食べ進めたところで子どもにも解禁したところ、
甘いパン感覚であっという間になくなりました。

P1070832


マカロニはいつも入れすぎるので、4人で100gとかなり控えめに。

P1070835

塩気の強い鮭は塩分控えめの優しいホワイトソースと良く合います。


クリームシチューや




クリームパスタもおすすめです。





IKEAでのお買いもの記録です。

P1070798


ホワイトチョコレート ラズベリー

P1070799

試食(1/8枚で試食としては特大サイズ!)が美味しかったので購入しました。


アルファベットビスケット

P1070800

子どもたちの喜ぶ顔が浮かぶ英字ビスケットはおやつ用に。


ビスケット チョコレート/ラズベリーフィリング

P1070802

たくさん入っているので習い事のクリスマス会に持参するお菓子として購入しました。


クルースターデル

P1070801

パイ生地でできたカップはクリスマスの前菜用に。
冷たいものも温かいものもOKとのことなので、何を詰めようか楽しみ!


ニシンの酢漬け 玉ねぎ入り

P1070803

ディル入り、玉ねぎと人参入りと3種類あって、いつもどれかは買ってしまいます。


ベジタブルメダリオン

P1070804

ブロッコリーやポロネギなどの野菜がたっぷりのポテトグラタンです。
オーブンかトースターで焼くだけでとても手軽。
こちらも行くと毎回買ってしまいます。(これ一つのために保冷剤も…)


キッチン用品もいくつか追加購入。

P1070805

トレイの大を2枚追加し(大×2、小×2を愛用中)、調理用のボウルも1こ追加。
しゃもじはくっつくようになってしまったので新しく購入。
色移りの気にならない黒にしてみました。
持っていなかったサラダサーバーも。


子どもたちが冬休みに入る前のラストチャンスの平日だったので、
空いているレストランで一人ランチもしてきました。

P1070797


期間限定らしいHPに紹介のない「サーモンボール・カレーソース」。
添えられた穀物が何か知りたかった…

P1070795


「オマールエビのビスク」は濃厚!
家では絶対に再現できない味です。

P1070796


食品とキッチン用品の他にも雑貨を何点か購入しました。
電車で行くので持ち帰りができる範囲でのお買いものになりますが、とても楽しい時間です。



ネクストフーディストの活動です。

今回の主役は岐阜県のブランドいちご「濃姫」。
織田信長の正室「濃姫」にちなんで名づけられた岐阜県のオリジナル品種です。

P1070819


特徴的なのはその大きさと真っ赤な見た目です。

P1070820


味のほうは甘みはもちろん、はっきり酸味も感じます。
見た目、味ともに素晴らしいいちごなのでクリスマスのいちごショートにしたいところでしたが、
残念ながら日持ちは期待できなそう…
それでも大粒のいちごを最大限味わうべく、いちごサンドを作ってみました。

P1070837


■材料(作りやすい分量)

・食パン(8枚切り) 6枚
・濃姫いちご 8こ
・生クリーム 150ml
・砂糖 小さじ1
・ハチミツ 小さじ1

■作り方

1.生クリームに砂糖を加えて角が立つまで泡立て、ハチミツを加えて混ぜる。

2.いちごはへたを切り落として洗い、水気をふく。

3.食パン2枚にクリームを塗り、一方にいちごを並べる。
いちごの周囲の隙間を埋めるようにクリームをこんもり盛り、もう一枚を乗せてラップで包んでしっかり固定する。

4.冷蔵庫で30分以上寝かせ、必要に応じて耳を落としてから切り分ける。


いちごの並べ方の詳細は親切な動画や図解がたくさんあるので割愛しますが
放射状に5こ並べて斜めに切る方法(写真手前)と、
真ん中に3つ縦に並べて四角く切って輪切りになる方法(写真奥)の2通りで作りました。

P1070838


一緒に玉子サンドも作って朝食に。

P1070841


甘酸っぱくジューシーないちごをたっぷり使った贅沢ないちごサンド。
ゆっくりダージリンティーと共に楽しめた土曜日の朝でした。

P1070842


ネクストフーディスト


ネクストフーディストの活動です。

今回はレシピブログさんを通じて、JA全農岐阜さんからいちごをいただきました。

P1070816


いちごといえば10月の台風の影響で栃木県のとちおとめの流通が減ってしまい、
市場価格が上がって品薄状態だとWBSの特集で知ったばかり。
いつもに増して貴重ないちご…ありがたいです。

P1070817


3種類ある中からわが家に届いたのは「濃姫」という品種でした。

P1070819


【濃姫 いちご】
平成10年に種苗登録された1番目の岐阜県オリジナル品種です。
織田信長の正室「濃姫」にちなんで名づけられました。
平均果重が16gと大粒のいちごで、柔らかな果肉と芳醇な香りが特長です。
また、甘みと酸味の絶妙なバランスが美味しさを引き立てます。


どれくらい大粒かというと、一番大きい2Lサイズ。

P1070818


10cmのプレートに乗せたら2粒でいっぱいになるサイズです。

P1070822


まずは洗ってそのまま。

P1070824


昨シーズンはいちごはいまいちだった息子が自ら手を伸ばして食べました。

P1070826


5歳児にしては手が大きいほうなので、大きさが伝わらないかも…

P1070827

とにかく大きくて果肉は柔らかくジューシー。
甘みはもちろんですが、酸味もしっかりあるので生クリームとの相性が良さそうです。

完熟状態で届いたので、慌てて1パックはお友達におすそわけ!
残りの3パックも新鮮なうちにスピーディーに美味しく変身させたいと思います。


ネクストフーディスト



ボーソー米油部の活動です。

今月のテーマは「炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ」。
炒めものが2品続いたので今回は揚げものを。
旬のブロッコリーがとても美味しく食べられるフライをご紹介します。

P1070809

衣に粉チーズと塩を混ぜるので、揚げたてのホクホクをそのままで。


■材料(2人分)

・ブロッコリー 1/2株
・卵 1/2こ
・パン粉 大さじ3
・粉チーズ 大さじ1と1/2
・塩 ひとつまみ
・ボーソー米油 適量

■作り方

1.ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。

2.パン粉、粉チーズ、塩は混ぜ合わせておく。

3.卵を溶いて1を軸のほうを持ってくぐらせ、2の衣を押しつけるようにしてまぶす。

4.米油を中温に熱して弱めの中火で揚げる。表面がうっすらきつね色になったら返す。

5.泡が大きくなったら軸を下にして油をよく切ってから引き上げ、そのままペーパーナプキンなどに油を吸わせるようにしてさらに油を切る。

※茎の部分も固いところは皮をむいて厚みを揃えて同じように揚げてOKですが衣が付きにくいのが難点です。


揚げているときからブロッコリーとチーズのなんともいい香りがします。

P1070807

残念ながら粉チーズのせいか油は1回でだいぶ汚れてしまいます。
それでも終わったあとの油は揚げたてのいい香りが持続している感じで、
片付けるときも嫌悪感はありません。


揚げたての熱いうちがもちろんおすすめですが、冷めても美味しい。
そして決して油っこくならないのが米油のすごいところです。

P1070811


ブロッコリーが好きな息子よりも、あまり得意ではない娘のほうが喜んでくれます。
ちなみに息子は夫の影響で最近お醤油をかけて食べるようになりました。
こんなところが似るなんて…


炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ
炒めて&揚げて!ボリューム満点おかずレシピ



↑このページのトップヘ