kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2019年12月


帰省を翌日に控えた自宅での今年最後の晩ごはんです。

P1070915


元々用意しておいた牛肉だけでなく、半端に残っていた豚肉を足して…
思い切ってハッシュドビーフ&ポークにしてしまいました!

P1070919

玉ねぎも冷凍していたきのこもこれにて使い切り。
トマトジュース、トマトケチャップ、缶詰のデミグラスソースで作りました。
クリスマスで余った生クリームを仕上げにかけていつもよりリッチに。


半丁のお豆腐と、1/3缶残っていたクラムチャウダー(キャンベル)。
真っ白…

P1070916


IKEAのベジタブルメダリオン。
トースターで30分ほど焼くだけです。

P1070918


ミニトマトといただきもののぶどうも食べきり。

P1070917

これにて残しておけない食材は使い切りました!


スーパーで栗きんとんやだて巻きを見て「買って~!」とせがむ子どもたちを
「おじいちゃんおばあちゃんちで絶対に出てくるから!」となだめてお正月準備ゾーンは素通り。
帰省して双方の実家でも手伝いはしますが、まだまだ甘えてごちそうになる立場です。
両親が元気なことに感謝して、ありがたく恩恵に与ります。




冬休み中の子どものお昼ごはんの記録です。

毎回恒例の一足先に始まる幼稚園の息子の長期休み。
外食をしようものならそれを黙っていられず
自慢する弟VS姉のバトルになってしまうので
小学校が休みになるまではおうちごはんです。


・納豆スパゲッティ
ブロッコリーのチーズフライ
・ミニトマト

P1070812

夏でも冬でも一年中食べたがる納豆スパゲッティ。
苦手な青ねぎもこのときだけは気にせず食べてくれます。


・2色コロネ
・塩パン
・じゃがいもポタージュ
・ミニトマト

P1070815

成城でコーラスのレッスンに一緒に参加した日。
夏休みにも寄った成城ベーカリーを覚えていて、
全く同じパンを選びました。
今回はカスタードもチョコも両方食べたい!とのこと。
相変わらず好きなものに対する食欲はものすごいです。


・おにぎり(ゆかり・鮭フレーク)
・アジフライ
・ブロッコリー
・お味噌汁

P1070877

食材の在庫整理に協力してもらうべく、
半端に残っていた冷凍アジフライを。
インスタントみそ汁も1人分だけ残っていたものです。
お弁当箱に入れるほどでもなかったので
おにぎりプレートにしました。


・醤油のり餅
・きな粉餅

P1070906

この日は娘は終業式で午前授業。
少し多いかなと思いつつ、お餅のみなので2種類×2の計4つ。
学校へ行った娘と、家から一歩も出ずにプラレールをしていた息子。
食べる量は違って当然で3歳半の年齢差も考慮。
それなのに息子は「ずるい!ぼくも4つがいい!!」と
泣く勢いで訴えてきたので結局同じ量に…


・手巻き寿司
(酢飯・サーモン・カニかまぼこ・玉子焼き・ツナ・いくら・海苔)
・豚汁

P1070913

娘のお友達が遊びに来てくれた日は手巻き寿司。
驚くべきことに、2合用意した酢飯が
子ども3人できれいになくなりました!
豚汁は豚肉、大根、人参、白菜、こんにゃく、豆腐入り。
たくさん作って夕食の分に回すことにしました。


帰省に向けて冷蔵庫整理をしながらのお昼ごはん作り。
一度モスバーガーでテイクアウトしただけで、
結局外食はしませんでした。






ネクストフーディストの活動です。

レシピブログさんを通じて、JA全農岐阜さんから岐阜県のブランドいちご「濃姫」をいただきました。
そのまま食べた感想はこちらに。




いちごサンドの次は新鮮なうちにピューレにしていちごアイスクリームを作りました。

P1070861


■材料(作りやすい分量)

・濃姫いちご 200g
・レモン汁 小さじ1/2
・卵黄 2こ分
・上白糖 60g
・牛乳 150ml
・生クリーム 150ml

■作り方

1.いちごは目の細かいざるで裏ごししてレモン汁を混ぜておく。

2.卵黄に上白糖を加えて白っぽくもったりするまで混ぜる。

3.人肌くらいに温めた牛乳を数回に分けて加えて混ぜる。

4.3を鍋に移して弱めの中火にかけ、とろみが出るまで混ぜながら10分ほど煮て冷ましておく。

5.生クリームを7分立てにして4に加え、さらに1を加えて混ぜる。

6.金属製のバッドやボウルに入れて冷凍庫で冷やす。2~3時間置きに混ぜて空気を含ませる。


きちんとしたアイスクリームを作ったのは実ははじめてだったのですが、
卵黄と生クリームのおかげで乳脂肪分の高いいわゆる「アイスクリーム」になっていて感動!
そこに濃姫の酸味と華やかな香りが加わって絶妙なバランスです。

P1070863


真っ赤な濃姫はトッピングにしても映えます!

P1070862

アイスクリームにして長く楽しんでいます。


ネクストフーディスト


3年連続でクリスマスは連休だったようで…
見返してみたらクリスマスパーティーは毎年にぎやかに2夜連続開催していました!

今年は久しぶりの平日で、夫は仕事、娘は学校、習い事もいつも通り。
買い物だけはきちんと計画を立ててなんとか完成させました。

P1070895


メインは長らく夫が担当だった丸鶏のローストチキン。




塩とローズマリーで焼くシンプルに美味しいレシピです。
シンプルゆえに鶏がらのアレンジがきくところも気に入っています。

P1070891


盛っただけのカラフルトマト。

P1070897


IKEAのクルースターデルでいろいろ。

P1070889


・アボカドディップ×ゆで卵×イクラ
・ゆで卵×ニシンの酢漬け×ブロッコリー
・カマンベールチーズ×かぼちゃディップ×ハチミツ×クルミ

P1070890


イタリアのお土産のサフランのリゾット。
21oz(約620ml?)のcold waterで15~18分とだけ解読できました。

P1070892

サラサラなのでまずオリーブオイルで炒めて、水を加えてたまに混ぜながら煮ていきます。
味はついていないので様子をみながら塩を加えて仕上げに粉チーズを。
日本のお米と違って粒が長く食感もしっかりしていて、簡単にリゾットになりました。
娘は何度もおかわりしましたが、息子はサフランの香りが苦手だったようです。


祖母の紙粘土作品のサンタさんに、今年は素敵な仲間が…!
「クリスマス・ピラミッド」という伝統工芸品です。

P1070894


木の温もり溢れる可愛いインテリア。
これから毎年大切に飾りたいと思います。




デザートのティラミスにはマスカルポーネチーズについてきたエスプレッソソースをかけました。

P1070903

楽しいクリスマスイブだったのですが…大変だったのはこのあと!
娘はサンタさんが来ることに緊張して日付が変わるまで眠れませんでした。
「眠れないよー!サンタさんが来なかったらどうしよー!」と度々起きては号泣!
気付くと寝息を立てているのですが、眠りが浅くて…
最終的にベッドを離れることができたのは深夜1時で、無事サンタさんが訪れました。

おかしなところが似るもので、30年くらい前の自分にも同じ記憶が…
そんなわけで親子共々寝不足のクリスマスの朝です。




レシピブログの「くらしのアンテナ」に
ティラミスのレシピを掲載していただきました。




カステラとインスタントコーヒーで作る手軽なレシピです。




クリスマスケーキはスポンジを焼く予定だったのですが、
時間の都合もあって急遽ティラミスにしました。
いちごを飾って粉砂糖で雪化粧した
クリスマスバージョンです。

P1070885


デコレーションは息子にやってもらいました。

P1070878

子どもでも安心して食べられるように

カステラを浸すコーヒーはデカフェにしています。
コーヒー味に憧れがあり
「ライオネスコーヒーキャンディー」に喜ぶような二人なので
ティラミスもきっと気に入ってくれるはずです!


↑このページのトップヘ