kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2019年10月

「創味食品×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

創味シャンタンを使った鍋料理。
第二弾はレモンをたっぷりしぼって爽やかな洋風鍋にしてみました。

P1070080

創味シャンタンで味は決まるので、鍋つゆはシンプルにレモンをしぼるだけ。
国産ノーワックスレモンを使います。


■材料(3~4人分)

・水 1000ml
・創味シャンタンDX 大さじ2
・レモン(ノーワックスのもの) 1こ

・豚ロース肉 300g
・レタス 1玉
・ほうれんそう 1袋
・ソーセージ 8本
・春雨 40g
・豆腐 1丁     ※具材の量は目安です

■作り方

1.レモンは数枚を輪切りにし、残りは果汁を搾る。(約40ml)
2.鍋に水、創味シャンタンを入れてひと煮立ちさせ、レモン汁を加える。
3.ソーセージと豆腐は温める程度に、春雨は柔らかくなるまで煮る。
4.豚肉は色が変わるまで、レタスとほうれんそうはさっと火を通す。


酸味は穏やかですが、爽やかな香りが広がります。
(レモンはお好みで増やしてください。)

P1070081


しめはトマトとチーズのリゾットがおすすめです。

P1070084

ごはんとトマトを加えてさっと煮て、シュレッドチーズ、塩、ブラックペッパー。
子どもも大好きな優しい味のリゾットです。

シャンタンというとこれまでは中華料理で使うことがほとんどでしたが、
玉ねぎやにんにくの旨みが洋風の素材とも調和することがわかりました!
鍋料理をきっかけに使い方が広がりそうです。


簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!
簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!


ストウブで煮込んだら絶対美味しいと思いつつ、一度も作っていなかったロールキャベツ。
大好きなのですが、手間がかかるうえにわが家は子どもたちがキャベツを好みません。
めっきり登場しなくなって数年…

最近はキャベツと油揚げを白だしでくたくたに煮たものが娘にヒットしたので、
息子は無理かもしれないけれど娘は食べてくれるかも…と淡い期待が。
キャベツをはがしては休み、香味野菜を炒めては休み、半日かけてのんびり作りました。

P1070069


お手本にしているのは谷昇シェフのこちらのレシピです。



香味野菜を多めのバターでしっかり炒めてタネにケチャップを加えるので、煮るときは水だけ。
煮込み時間はたっぷり2時間です。
2時間煮込むとキャベツと中身が一体化するのだそうです。
確かにレシピ通りに作ったら、お肉が固かったりキャベツがはがれたりという失敗はなくなりました。

何度もお世話になっているレシピですが、回を重ねるごとに基本は押さえつつわが家流に。
セロリは常備していないので省略。
バターとケチャップを減らしてコンソメを少し入れています。


■材料(10こ分)

・キャベツ 1玉
・合挽き肉 400g
・玉ねぎ 1こ
・人参 1/2本

・バター 20g
・塩 小さじ2/3
・ナツメグ 少々
・ホワイトペッパー 少々
・トマトケチャップ 小さじ2
・洋風スープの素(コンソメ) 小さじ1/2

■作り方

1.玉ねぎと人参はみじん切りにしてバターでしんなりするまで炒め、粗熱をとって冷蔵庫で冷やす。
2.キャベツが丸ごと浸かる大きさの鍋に湯を沸かし、芯の周りに切り込みを入れたキャベツを茹でる。葉がしんなりしてきたらはがし、ざるに上げて冷ます。
3.ボウルに合挽き肉、塩、ナツメグ、ホワイトペッパーを入れて粘りが出るまでしっかりこねる。
4.1、トマトケチャップを加えてよく混ぜ、10等分にして棒状に成形する。
5.1のキャベツは大小に分け、キッチンペーパーでよく水気を拭き取る。
6.4を小さめの葉で包んでから大きめの葉で包み、巻き終わりは押し込むようにしてしっかり閉じる。
7.ストウブに巻き終わりを下にしてきっちりとすき間なく並べ(すき間ができる場合はキャベツを丸めて埋める)かぶるくらいの水、洋風スープの素を加えて強火にかける。
8.煮立ったら弱火にし、蓋をして1時間半煮込む。(途中で水が少なくなったら足す)
9.蓋を外して30分ほど弱火で煮詰める。


24cmのブレイザーにきっちり詰めました。

P1070065


1時間半経過したところ。

P1070068

さすがは無水調理ができるストウブ。
水を足さなくても7割くらいがスープに浸かるちょうど良いひたひた加減です。


透き通ったスープ。

P1070072


ほろりと崩れるキャベツ。
成功です!

P1070074


数年ぶりになぜ作ろうと思ったかというと…
先日「孤独のグルメ」(シーズン2からファン!)でロールキャベツの回を観てしまったから。
なかなかお店が見つからないままシーズン8に突入し、満を持しての登場になったという
渾身のロールキャベツの名店だそうです。


ドラマの中でもごはんとお味噌汁の定食でオン・ザ・ライスにしていたので
あれこれ献立を考えずに簡単に…

P1070071


息子はなんとか1こ。
それでもこんなにたくさんのキャベツを食べたのは初めてです。

P1070070

娘は喜んで2こ食べて、本当はもう1こ食べたかったそうなのですが、お腹がいっぱい。
翌朝のお楽しみにとっておくことになりました。



休日のこどもクッキング。
今回はかぼちゃ白玉のお汁粉を作りました。

P1070061


簡単に白玉粉にかぼちゃのフレークを加えて、小豆も缶詰を使用。

P1070038


蒸したかぼちゃを加えた白玉と、きちんと小豆を煮たバージョンはこちら。





今回一番難しかったのは缶を開ける作業です。

P1070040


プルトップがほとんどの時代、缶切りなんてできなくてもいいのかもしれませんが、
見たことも触ったこともないまま大人になるよりは…と思ってチャレンジさせてみました。
(同じくマッチももう少し成長したら使わせてみよう)

P1070041


いつものように計量作業から。

P1070045


白玉粉100gに、かぼちゃフレーク30g。
白玉粉の粒を砕いておくと後々スムーズです。

P1070047


様子を見ながら少しずつ水を加えてこねます。

P1070048


P1070049


2cmに丸めて真ん中をへこませます。

P1070050


P1070051


P1070052


たくさんできました。

P1070054


茹でる作業もしてもらいました。
火のそばにも少しずつ慣れてきています。

P1070055


ゆで小豆は鍋にあけ、のばして塩を少々。

P1070056


完成。

P1070062


見えなくなってしまいましたが、7~8こ沈んでいます…

P1070059

あんこ好き、お餅好き、洋菓子<和菓子の子どもたち。
特別におかわりをOKにしたら大喜びのおやつ時間でした。



幼稚園の息子のお弁当です。

P1070026


・おにぎり(野菜ふりかけ・若菜わかめごはん)
・鮭のムニエル
・チーズちくわ
・金時豆
・きゅうり
・ミニトマト


生の秋鮭をムニエルに。
クレソルで下味をつけ、小麦粉をはたいてオリーブオイルで焼いてからバターで風味付け。

P1070028

「おさかな、おいしかった~!」と喜んでもらえました。


今日はまたもや大雨の予報。
多摩川は昨日の時点でいまだに濁流だったので心配です。



「創味食品×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

今回のテーマは創味シャンタンを使った鍋料理です。
リーフレットにはすでに豆乳鍋、坦々鍋、トマト鍋など例がたくさん載っていて…
まずはにんにくが隠し味のみそ鍋を作ってみました!

P1070023

豆もやしを中心に野菜たっぷりのお鍋です。


■材料(4人分)

・水 1000ml
・昆布 10cm
・酒 大さじ2
・創味シャンタンDX 大さじ2
・にんにくのすりおろし 1かけ分
・みそ 大さじ1

・豚ロース肉 400g
・豆もやし 1袋
・白菜 1/4カット
・にら 1束
・長ねぎ 1本
・豆腐 1丁     ※具材の量は目安です

■作り方

1.鍋に水、昆布を入れて昆布が戻るまでしばらく置く。
2.火にかけて沸騰寸前で昆布を取り出し、酒を加えてひと煮立ちさせる。
3.少量の昆布だしで創味シャンタンDXを溶いて鍋に戻し、にんにくのすりおろしを加える。
4.野菜と豆腐を食べやすく切る。
5.みそを少量の鍋つゆで溶いてから加え、肉、野菜を入れていく。


みそはお味噌汁と同様にあまりぐらぐら煮立てず最後に加えるのがポイントです。
(いずれは沸いてしまうのだけど…)

こちらのお鍋はシャキシャキの野菜を豚肉で巻いて食べるのが美味しい!
娘も「お肉で巻いたら野菜も食べられるー!」と気に入ってくれました。

P1070022

息子は…いつも通り、もやしとにらを数本…


しめは野菜と相性の良いラーメン(伸びにくいサリ麺使用)に。

P1070024

卵を落とせば完璧です!


今回いただいたのは巨大な500g缶と、普段から常備している創味のつゆです。

P1070016

鍋の季節はこれから!
今年はシャンタンにお世話になる予感です。


簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!
簡単&激うま♪絶品シャンタン鍋をつくろう!


↑このページのトップヘ