kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2019年08月

実家で片づけをしていたら出てきたシュガーポット。
かれこれ40年以上前のHOYAクリスタルのものだそうです。
(現在は生産終了)

P1060134


母方の祖母の家にも同じものがあって、角砂糖が入っていました。
伊豆の山奥の古民家とも言える日本家屋で蝉の鳴き声を聞きながら食べた朝食の記憶は…
ほとんどパン食でした。
カップ&ソーサーで出てくる紅茶(母曰くトワイニング)、ゆで玉子、いちごジャム。
そんな風景にいつもこちらのポットがありました。

P1060135


こちらはソース入れ。
わたしが子どもの頃は一時期お酢を入れていて餃子のときに食卓に出ていた気がします。

P1060136


祖母が母に持たせてくれたという思い出の品。
あいにく角砂糖は使わないし、ソース入れもソースを入れるにはもったいない気がして
とりあえず食器棚のガラスコーナーに。

P1060139

いずれは見える収納を作ってそこに飾ることができたらベストです。

一大決心をして迎え入れたフライパンのその後です。




目玉焼き、ハンバーグと試し、ついにごはん…

P1050769


カルディのビビンパの素に、ほうれんそうと人参のナムルを足した焼きビビンパです。

P1050770


目玉焼きを崩して混ぜてもこの離れ具合!

P1050771


鉄フライパンで無事に焼きビビンパが完成しました。
これならきっとチャーハンも大丈夫。

P1050774


続いてハードルの高そうな麺に挑戦!
まずは油慣らしも兼ねてお肉と野菜を炒めておきます。

P1060112


こちらもカルディで購入した期間限定の山椒焼きそば。
麺を茹でて油を絡め、よく焼いたところに具材と付属のソースを加えて炒め合わせます。

P1060114

くっつくことなく、この通り鍋肌が見えました!


仕上げに山椒の粉をかけます。
ピリッと辛くて香りも良く、リピートしたいと思っていたらすでに販売終了…
新作として海老塩焼きそばが出ていました。

P1060118

ごはんと麺をストレスなく炒めることができて一安心。
スルスル滑って炒めている途中に具材が飛び出すくらい油馴染みが良く優秀です。

次に試したいのは焼き色が大事な焼き餃子とホットケーキです。


今年の夏の帰省は一日遠出をした以外は市内でのんびり。
室内遊び場のペップキッズには2回行き、義実家の近所の公園も満喫しました。




娘は滞在中ひいばあばに刺繍を教えてもらいました。
(完成しなかったので続きは冬に…)

P1060119


遠出といっても県内で日帰り。
郡山駅から息子と二人、磐越西線に乗って会津若松へ行きました。
娘と両親は車で向かって現地で待ち合わせです。

BlogPaint
(平成19年製の東急車両であることを息子が発見!)


会津若松駅は中学時代のお友達を訪ねて約10年前に降リ立って以来。

P1060035


漆器店や老舗のお菓子店などが立ち並ぶ七日町でラーメン(やっぱり太縮れ麺!)を食べて
会津藩校日新館へ。

P1060042


楽しみにしていた絵付け体験です。

P1060065


息子は白虎刀。
じいじの力を借りてだいぶかっこいい仕上がりになりました。

BlogPaint


娘は起上り小法師。

BlogPaint


自由度が高くて面白かったようです。

P1060058


話は変わり…
食パンブームが実家の近辺にも。
むしろ市内に何軒もあってこちらのほうが過熱!?

P1060081


純生食パン工房 HARE/PAN。
2斤の食パンしか置いていないという潔さです。
焼きたてホカホカのパンは手で割けます。

P1060087


はちみつや生クリームが入っていて甘めなので何もつけないのがベスト。
つけてもバターだけで十分です。
甘いので毎日のパンというよりはご褒美パン、手土産パンかも。

P1060096

ちなみにHARE/PANは市内に2店舗あり、全国展開している一本堂も1店舗、
乃が美はなれ(フランチャイズ?)もありました。


もう一つご紹介したいのが、あん製造専門店の郡山製餡のあんみつです。

P1060127


郡山製餡さんは40年の歴史があるようですが、こちらのシリーズは初めて。
調べてみたらご当地スイーツとして県外でもちょっとした話題になっています。




粒あんと抹茶あん。
フルーツは黄桃、みかん、パイナップルが入っています。

P1060132


可愛いハートの寒天…これは映える!

P1060133

おしゃれに仕上がっていますが、味はあんこ屋さんの本格派。
帰省のお土産にと選んでくれたお友達に感謝です!


実家での大勢の集まりのときに何を作ったか…?
健忘録に一役買っているブログです。




今回は大人14人、子ども8人の22人が集合しました。

P1050990

こちらはわが家で準備したうちの一部。
まだ嵐の前の静けさで手前にあと2つテーブルがあり、この倍はお料理が並ぶことになります。


わたしの担当はポテトマカロニサラダ。

P1050976


採りたて茹でたての枝豆。

P1050987


恒例の混ぜて乗せるだけの簡単ちらし寿司。

P1050988


子ども受けが良いのでは?という読みが当たった今回初のお好み焼き。
フライパンを同時に2つ使って3枚焼きました。

s_P1050991

他にもお刺身やお寿司、サラダ、親戚が持って来てくれたオードブル(3皿!)などで
にぎやかな食卓になりました。


お久しぶりの更新です。
少し長めの帰省から戻ってきました。

まずは義実家の別宅。
こちらには広い庭があります。
虫捕り網を片手にするとまるで林に潜入していくような感覚!
(モンシロチョウやバッタが捕獲できました。)

P1050895


お目当ては桃の木です。

P1050897

P1050898


娘が鋏で収穫。

P1050900

小ぶりですが食感があって甘くて美味しい桃でした。


本宅の庭先には今年もぶどうがなっています。

P1050902

P1050903


こちらは息子が挑戦。

P1050909

BlogPaint

P1050913


緑の実やシワシワの実は肥料としてポイポイ放って土に戻し、
食べられるところだけ洗いました。

P1050920


後半は実家に移動。
ご近所さんからいただく野菜がたくさん!
この日は立派な枝付きの枝豆が届いたので、子どもたちに枝豆仕事をしてもらいました。

P1050954


まずはざっと枝からもぎ取ります。

P1050958


細かいところはキッチンばさみで。

P1050974


娘が塩揉みをして

P1050983


息子にバトンタッチして水でよく洗います。

P1050986


大きな金色の鍋(芋煮会の…)で茹でたら、この量!

P1050987


庭には小玉スイカが。

P1060088


半分に切って子ども二人でスプーンですくって食べて、ちょうどいいサイズでした。

P1060093

両家とも畑をやっているわけではないのでささやかな収穫ですが、
そもそも庭がないわが家にとっては貴重な体験!
ありがたい夏の味覚でした。


↑このページのトップヘ