kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2019年07月

「ネクストフーディスト」の活動です。

『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
というテーマで野菜を使ったおかずを考案しています。


前回に続き、新城市作手の奥三河ほうれんそうで一品。

BlogPaint


今回はくるみが香ばしい白あえにしました。

BlogPaint

甘みがあってしっかりした歯ごたえのほうれんそうが堪能できます。


■材料(作りやすい分量)

・ほうれんそう  1袋
・木綿豆腐  100g
・くるみ(無塩) 30g

・塩 小さじ1/3
・砂糖 小さじ1
・醤油 少々

■作り方

1.ほうれんそうは湯がいてすぐ水に取り、水気をよくしぼって5cm程度の長さに切る。
2.豆腐は電子レンジで2分ほど加熱して水気を切り、キッチンペーパーに包んでさらに水気をおさえる。
3.くるみを粗めにすり、塩、砂糖、醤油を加えてよく混ぜる。
4.2の豆腐を加えて混ぜ、ほうれんそうを加えてあえる。


こちらの奥三河ほうれんそうの場合、ゆで時間はおよそ20秒。
湯がく程度で大丈夫です。

BlogPaint


粗めにすった香ばしいくるみと、シャキッとしたほうれんそうをお豆腐が上手くまとめてくれます。

BlogPaint

食感が楽しい白あえで、ほうれんそう1袋でもあっという間に売りきれ!
ぜひ試していただきたいレシピです。


『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
ネクストフーディスト

すでに夏休みに入っている息子のお昼ごはんの2週目です。

納豆スパゲッティ/トマトジュース
P1050199
にんにくとオリーブオイルをじわじわさせたところに、
納豆、しらす、ブロッコリースプラウト、味付けはお醤油のみ。
もう2歳の頃から食べ慣れていて促さずとも一気に平らげてくれます。


納豆チャーハン/茹で鶏のスープ/梅ジュース
BlogPaint
とにかく納豆が好き。
この日もチャーハンにすると言ったら「納豆も入れて!」とリクエストされました。
具は卵、納豆、しらす、青ねぎ、シャンタンとお醤油で味付けています。


カレーライス(無印良品・国産りんごと野菜のカレー)/冷奴おかか乗せ/アイスティー
BlogPaint


1パックだけ残っていた無印のレトルトカレー。
野菜の甘みとりんごの酸味でまろやかだけど甘ったるくありません。
自校式で美味しかった学校の給食のカレーを思い出す優しい味です。
P1050254


焼きそば/フルーツ&野菜ジュース
BlogPaint
焼きそばは蒸し麺半分使用で、具は豚肉、ちくわ、もやし、人参、豆苗。
鶏がらスープ、砂糖、醤油、オイスターソースで味付けし、刻み海苔を乗せました。
ほんの少しのもやしと豆苗がネックになり、冗談ではなく完食に90分かかりました…失敗。

2週目は冷蔵庫整理も兼ねたワンボウルメニューでした。


さて、いよいよ娘も夏休みで子どものお昼ごはん×2。
夫のランチ帰宅も最近多めなので(今週は3回…しかも時間まちまち)
気合いを入れ直して頑張ります。


「ネクストフーディスト」の活動です。

『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
というテーマで野菜を使ったおかずを考案しています。


今回は新城市作手の奥三河ほうれんそう。

BlogPaint


えぐみがなく甘みと肉厚な葉が特長ということなので、
まずは下茹ではせずに生のままバターで炒めてオムレツに入れてみました。
朝食のおかずにぴったりの簡単な一品です。

BlogPaint

■材料(2人分)

・ほうれんそう 3把
・卵 3こ
・牛乳 大さじ1
・塩 小さじ1/8
・ホワイトペッパー 少々
・シュレッドチーズ 20g
・バター 10g

■作り方

1.ほうれんそうは洗って5cmの長さに切り、バター5gを熱したフライパンで20秒ほど炒めて取り出す。
2.卵は割りほぐし、牛乳、塩、ホワイトペッパーを加えて混ぜ合わせる。
3.1のフライパンに残りのバター5gを熱し、2を流し入れる。
4.大きくかき混ぜてふちが固まってきたら、1、シュレッドチーズを広げて折り畳み、形を整える。


技術的な問題で表面がちょっとよれてしまいましたが、完成!

BlogPaint 


シンプルな味付けなのでほうれんそうの甘みが味わえます。
 
BlogPaint


サッと炒めただけなのに、ほうれんそう特有のえぐみは全くありません!
葉物が得意でない娘も完食しました。

BlogPaint


『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
ネクストフーディスト

「ネクストフーディスト」の活動です。

今回のテーマは、
『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』。

JAあいち経済連さんからお野菜をたくさんいただきました。

BlogPaint


日照不足でこれから野菜の価格高騰や品薄が心配な中、とてもありがたい新鮮野菜たち。

BlogPaint

鮮度の良いうちに、かつ大切に、いろいろな野菜おかずを作っていきたいと思います。


まずはこちらのアスパラガス。
主な産地は豊川市(JAひまわり)と蒲郡市(JA蒲郡)だそうです。

BlogPaint

アスパラガスは春のイメージでしたが、7月に最盛期を迎える「夏芽」というものがあるそうです。


瑞々しいアスパラガスは届いたその日にフライにしました。
揚げたてに塩をふってシンプルに。

BlogPaint


■材料(作りやすい分量)

・アスパラガス 5本
・天ぷら粉 大さじ2
・水 大さじ2
・パン粉 適量
・揚げ油 適量
・塩 少々

■作り方

1.アスパラガスは半分の長さに切り、天ぷら粉と水を混ぜたバッター液につける。
2.パン粉を押さえるようにしてまぶす。
3.揚げ油を中温に温め、2を入れて動かさずに1分半ほど揚げたら、静かに返してさらに1分ほど揚げる。
4.油を切って熱いうちに塩をふる。


ツルツルしたアスパラガスに衣をつけるのは難しくてとにかくはがれやすいのですが、
バッター液を天ぷら衣にすると少し緩和されます。

BlogPaint

繊維の引っかかりは全くなく、ジューシーで柔らかいアスパラガス!
あまり得意ではない娘も違いがわかったようで積極的に食べました。


トマトはまずはお試しでそのまま冷やしトマト(という名のただ切っただけ)で。

BlogPaint

味が濃い!
甘みを追求したトマトが多い中、酸味もちゃんとあるところに好感がもてます◎
バランスの良い美味しいトマトなので、どう料理しようか楽しみです。


『愛知県産のトマト・ほうれんそう・アスパラガスで作る「夏の簡単おかず」』
ネクストフーディスト

カルディでのお買いもの記録です。

P1040818


ほぼ常備しているもの。
P1040819


カルディオリジナル 美味しくする激辛ソース 120g
P1040820
トマト、にんにく、玉ねぎがベースになっていてパスタやカレーと相性が良く、
使いやすいのでリピートです。


老騾子 朝天辣椒 ニンニク入り 105g
P1040821
辛いもの好きの夫への挑戦状、第…何弾になったでしょうか?
こちらは「デスザーサイ」と同率一位くらいの辛さ!
しっかり辛いけれど、唐辛子とにんにくのシンプルな配合なので用途は広いです。


ラ・コロナ コーンートルティア 1袋(12枚入)
P1040823
フラワー、コーン、パクチーとある中でコーンが一番好き。
品切れになっていることが多いので見つけたら買っておきます。


実りの百選シリーズ 冷凍アボカドダイスカット 150g
P1040824
あったら何かと便利そうな冷凍のアボカドですが、解凍の目安が難しいかも。
潰してディップにしたほうが良いです。


カルディオリジナル こんにゃく素麺 150g
P1040825
麺類が多くなる季節、糖質オフの代替麺をいろいろお試し中です。
4種類ほど比較してわかったのは細めのほうが食べやすいということ。
そしてほんの少し普通の麺を混ぜたり、食感の良いもやしや九条ねぎなどを乗せると満足。
家族が普通の麺を食べている中、一人で代替麺でも意外と長続きしています。


7月は「辛いもの好き大集合」というイベント開催中で、辛い調味料やスナックなどがたくさん!
元々辛いものが得意なわけでも好きなわけでもないのに、夫の謎の激辛ブームに引っ張られ、
ついつい新しい調味料を試してしまいます。


↑このページのトップヘ