kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2019年04月


「ネクストフーディスト」の活動です。

今回はハウス食品株式会社さんの「GABANローリエホール」で
牛肉ときのこたっぷりのローリエ香るミルクストロガノフを作りました。

P1030255

春巻きに続くわが家オリジナルの定番料理!
こちらも自炊時代から作り続けています。


■材料(4人分)

・牛薄切り肉 250g
・玉ねぎ 1/2こ
・椎茸 2こ
・マッシュルーム 4こ
・しめじ 1/3パック

・バター 10g
・薄力粉 大さじ2
・白ワイン 大さじ2
・牛乳 600ml
・コンソメ キューブ1こ
・塩 小さじ1/2
・ホワイトペッパー 少々
・GABANローリエホール 1枚

・人参 1/2本
・塩 小さじ1/3
・温かいごはん 1.5合分

■作り方

1.牛肉は食べやすい大きさに切り、塩、ホワイトペッパー(分量外少々)をふり、薄力粉をまぶす。

2.玉ねぎ、椎茸、マッシュルームは薄切りにし、しめじはほぐす。

3.鍋にバターを熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。

4.きのこ、牛肉を加えて粉っぽさがなくなくなるまで炒める。
白ワイン、牛乳、コンソメ、ローリエを加えて混ぜながら2~3分煮る。

5.とろみがついたら塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。

6.炊き上がったごはんにすりおろした人参、塩を加えて混ぜる。


ローリエを入れると入れないとでは仕上がりに差が。
味こそ変わらないものの牛肉の独特のにおいを消し、爽やかな香りをつけてくれます。
長く火を通すとえぐみが出るので、圧力鍋やストウブなどで煮込む場合は途中で取り除きます。

P1030250


にんじんライスとともにみんな大好きなメニュー。
材料も少なくて簡単な上に、あっという間に完成するのでお助けメニューでもあります。

P1030258


GABANのスパイスには普段からお世話になっていて、現在のストックはこちら。
フラットな蓋とパッケージデザインがお気に入り。

(ブラックペッパーは挽く派なのでミル付きを使用)

P1030261

ローリエは煮込み料理にはあると嬉しい身近で使いやすいハーブです。


ネクストフーディスト



「ネクストフーディスト」の活動です。

今回はボーソー油脂株式会社さんの「ボーソー米油」で揚げものをしました。
わが家のオリジナル春巻きで、モヤシと炒り玉子が入るのが特徴です。

P1030244


レシピを書き起こすと工程が多くて大変そうに見えますが、
肉野菜炒めを皮で包んで揚げるだけなので実は簡単です!

P1030241

■材料(10本分)

・春巻きの皮 10枚
・豚肉(薄切り、切り落とし、こま切れなど) 200g
・卵 2こ
・もやし 1袋
・にら 1束
・細切りたけのこ 1袋(約150g)
・椎茸 3~4こ      ※野菜は合わせて約600g

【A】
・水 100ml
・酒 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・塩 小さじ1/2
・こしょう 少々

・水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水大さじ1
・ボーソー米油 フライパンに深さ2cmくらい(約200ml)
・小麦粉 適宜

■作り方

1.豚肉は細かく切り、塩、こしょう各少々(分量外)をもみこむ。

2.もやしはひげ根を取る。

3.たけのこはさっと洗って水気を切る。

4.にらは4~5cmの長さに切る。

5.椎茸は軸を取って薄切りにする。
軸もスライスして入れても可。

6.卵は割りほぐして塩、こしょう各少々(分量外)を加えて混ぜる。
フライパンにボーソー米油小さじ1を入れて熱し、卵を入れてかき混ぜる。
ふんわりひとまとめにして皿に移しておく。

7.フライパンに豚肉を入れて熱し、色が変わるまで炒める。

8.2~5を一度に加え、しんなりするまで炒める。

9.【A】を加えてひと煮立ちさせ、6の卵を崩しながら混ぜ合わせる。
水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。

10.冷ましてから10等分にし、春巻きの皮で包む。
巻き終わりは小麦粉と水を練った糊で閉じる。

11.中温に熱したボーソー米油でこんがりきつね色になるまで揚げる。


油切れが良くいつもより上品な揚げ色になったような気がします。

P1030243


くせがなくサラッと軽やかな油で、ついつい食べ過ぎてしまって危険…

P1030244

夫が4本、わたしが3本、娘が2本、息子は中身のにらが気になって、なんとか1本。
品質の良い油で美味しくいただきました。


ネクストフーディスト


息子が豆腐が得意ではないため、ほとんど食卓に上らなかった麻婆豆腐。
最近お味噌汁のお豆腐も冷奴も嫌がらなくなったなー…と気付き、克服したと認定!
久しぶりに作ってみました。

BlogPaint

ずいぶん赤いですが、これは唐辛子だけではなくトマトの赤。
完熟トマトのグルタミン酸で旨味がアップしています!
ほのかな酸味もあって飽きのこないちょっと変わった麻婆豆腐です。


■材料(2人分)

・木綿豆腐 1丁(300g)
・豚ひき肉(鶏ひき肉でも) 100g
・トマト 1/2こ
・生姜 ひとかけ

・酒 大さじ1
・豆板醤 小さじ1
・水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水大さじ1
・青ねぎ 適量
・ごま油 小さじ1

【A】
・鶏がらスープの素 小さじ1/2
・醤油 小さじ1/2
・塩 ひとつまみ
・砂糖 少々 
・水 200ml

■作り方

1.豆腐は水切りをしてさいの目に切る。

2.生姜はみじん切り、トマトは角切り、青ねぎは小口切りにする。

3.フライパンを温め、豚ひき肉を広げて色が変わるまで両面を焼く。

4.生姜、トマトを加え、ひき肉をほぐすように炒める。
香りが立ったら酒、豆板醤を加えてさらに炒める。

5.豆腐、混ぜ合わせた【A】を加えて強火にし、煮立ったら水溶き片栗粉でとろみをつける。

6.火を止めて青ねぎ、ごま油を加えてひと混ぜする。

BlogPaint


副菜は娘が大好きで必ずおかわりする春キャベツと油揚げの白だし煮。

BlogPaint


シャンタンベースの春雨とワカメの中華スープ。

BlogPaint


子どもたちはもちろん豆板醤なしのマイルドバージョンです。

BlogPaint

「ごはんにのっけてー!」と言うので麻婆豆腐丼になりました。
確かにこのほうが食べやすいし、ごはんだけ残すこともありません。
息子もしっかり完食できました。



今週の息子のお弁当です。

P1030227

最近食べられるようになったオムライスをはじめてお弁当に入れてみました。


今回はレシピブログさんのモニター企画に参加しているので、
オムライスのレシピも。

■材料(子ども1人分)

・ごはん 120g
・ハム(無塩漬) 1枚
・玉ねぎ 20g
・人参 20g
・コーン 大さじ2
・バター 5g
・ケチャップ 大さじ1
・塩 少々
・ホワイトペッパー 少々

・卵(Sサイズ) 1こ
・塩 少々
・水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1/2+水小さじ1
・サラダ油 少々

■作り方

1.卵に塩、ホワイトペッパー、水溶き片栗粉を加え、白身を切るように混ぜて一度濾す。

2.小さめのフライパン(20cm使用)にサラダ油をひいてキッチンペーパーでよくなじませる。
弱めの中火にかけて卵液を流し、動かさずに焼く。
菜箸で返してもう片面もさっと焼く。

3.ハム、玉ねぎ、人参はみじん切りにし、フライパンにバターを熱して炒める。

4.野菜に火が通ったらコーン、ごはんを加えて炒め、ケチャップ、塩、ホワイトペッパーで味をととのえる。

5.温かいうちにケチャップライスをラップに包み、好みの形に整える。

6.2の薄焼き玉子をかぶせて包み、お弁当箱に入れる。 

7.お好みでケチャップをかけ、空いたところに野菜などの副菜を詰める。


ケチャップライスをラップに包んで形をととのえたら、

P1030226


薄焼き玉子で包んで、お弁当箱にin!

P1030227


黄色なのでドクターイエローにできればよかったのですが
ケチャップで上手に絵が描けないのと、蓋にくっつくだろうということで薄く塗り広げました。

P1030228


隙間にはさつまいものレモン煮、スナップエンドウ、きゅうり。
緑の野菜のカップの底にはごまドレッシングをしのばせています。

P1030229


デザートはキッザニアで収穫してきたバナナ。
熟し具合は7段階の5くらいでちょうど食べ頃です。

P1030230


丸ごと1本は多いので半分は朝ごはんに食べて、半分だけ持っていきました。

P1030231


さて、お試しさせてもらっているのは「キュキュットCLEAR泡スプレー」です。

P1020907

わが家には大好きなオレンジの香りが到着しました。
ドーンと3回分の詰め替え用も入っていてありがたいです。

ちなみに普段はアルミ製のお弁当箱を愛用しているのですが、
今週は息子のリクエストもあってプラスチック製にしました。
ケチャップや油で汚れたお弁当箱、洗いにくいカトラリー3点セット、
ドレッシングが入ったシリコンカップ、水筒のパーツもまとめてスプレー!

P1030233

スプレーは勢いが強く、水筒の底にも楽に届きます。
置いている間はシュワシュワパチパチと音が…
泡がしっかり作用している感じが伝わってきて期待が高まります!


5分後、洗い流してみると…
スポンジなしでもスッキリピカピカに落ちました!

P1030238

遠足、運動会、行楽と、お弁当を持って出かける機会が増える季節。
帰宅後のお弁当グッズ洗いが格段に楽になります!


【レシピブログの「お弁当箱洗いの新定番 キュキュットCLEAR泡スプレー」モニター参加中】
お弁当&キュキュットCLEAR泡スプレーお試しレポート
お弁当&キュキュットCLEAR泡スプレーお試しレポート




「ネクストフーディスト」の活動です。

今回は石垣食品株式会社さんの「粉末ごぼう茶」をお菓子作りに使いました。
あの有名な「フジミネラル麦茶」の石垣食品さんです。

P1030222


国産ごぼうを皮付きのままじっくり焙煎してお茶にしたものをさらに粉末にしたとあって、
香ばしく力強いごぼうの香りがします。

P1030221

これはビターなカカオやナッツとの相性が良さそう!と思い
クルミと共に焼き菓子に混ぜ込んでみたのでした。


■材料(15cm×15cmの耐熱容器1つ分)

【A】
・薄力粉 30g
・ココアパウダー 20g
・粉末ごぼう茶 2袋(4g)
・ベーキングパウダー 小さじ1/4
・塩 少々

・無塩バター 30g
・グラニュー糖 50g
・卵 1こ
・クルミ 20g

■作り方

1.無塩バターと卵は室温に戻しておく。

2.【A】は合わせてふるい、クルミは刻む。

3.ボウルにバター、グラニュー糖を入れてすり混ぜ、溶いた卵を少量ずつ加えてそのつどよく混ぜる。

4.クリーム状になったらクルミ、ふるった粉類を2回に分けて加え、さっくり混ぜる。

5.容器(または天板)にオーブン用シートを敷き、生地を流して平らにならす。

6.180℃のオーブンで15分焼く。

7.シートを剥がして冷まし冷めたら好きな形に切る。


焼きたての温かいうちはごぼうの香りが強く、冷めるとなじみます。
娘の感想は…「大人味だね。」でした。

P1030224


旬の新ごぼうを細かく切って混ぜ込むのもありだったかもー!と
焼き上がったあとで気付く…

P1030223

食物繊維などの栄養が手軽に取れるごぼう粉末。
スイーツとの組み合わせに可能性を感じます!


ネクストフーディスト

↑このページのトップヘ