kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2019年04月

10連休の3日目。
遊びに来ている母も一緒にお弁当を持っておでかけしました。

BlogPaint

・おにぎり(海苔と塩・ほんだし)
豆腐チキンナゲット
・玉子焼き
・レタス
・ミニトマト
・スナップエンドウ
・ソーセージ

BlogPaint


セリアのフードパック(Sサイズ・Lサイズ)が活躍。

BlogPaint


大きなお弁当箱をみんなで囲むスタイルより銘々に分けるのがブームです。

BlogPaint


行き先は国営昭和記念公園。
毎年一度は訪れる公園ですが、昭和の日で無料開放とあって過去最高の混雑!
それでもいつものように遊具で遊び、パークトレインで移動することもできました。


青い絨毯と称されるネモフィラ畑がきれいでした。

s_P1030391


「ネクストフーディスト」の活動です。

先日、幼稚園の遠足のお弁当用に作ったチキンナゲットのレシピです。

P1030380

味付けはハウス食品株式会社さんの「香りソルトレモンペパーミックス」のみ。
豆腐っぽさはレモンとスパイスの香りでいい具合にカバーされます。


■材料(4人分)

【A】
・鶏ひき肉 300g
・木綿豆腐 200g *水気を切っておく
・片栗粉 大さじ3
・香りソルトレモンペパーミックス 大さじ1

・天ぷら粉 大さじ3
・水 90ml
・揚げ油 適量

■作り方

1.【A】をひき肉と豆腐がなじむまでよく混ぜ合わせ、ひと口大の楕円形にまとめる。
2.ボウルに天ぷら粉と水を混ぜ合わせて衣を作る。
3.揚げ油を中温に熱し、1を2にくぐらせてきつね色になるまで4分ほど揚げる。


材料を混ぜてゆるめに溶いた天ぷら衣をくぐらせて揚げるだけという手軽さ!
とても簡単なのでお弁当にもおすすめです。

P1030383

揚げたては天ぷら粉の効果でカリカリ、冷めてもお豆腐のおかげでしっとりふんわり。
塩、こしょう、ハーブがバランスよくブレンドされていてこれだけで味が決まります。


ネクストフーディスト

「ネクストフーディスト」の活動です。

今回はボーソー油脂株式会社さんの「ボーソー米油」でお菓子作り。
中華風蒸しパンのマーラーカオです。

P1030370

“マーラー”とはマレーシア、“カオ”はケーキという意味だそうです。
くせのない米油は卵やハチミツなど素材の味と香りを引き立ててくれます。


■材料(12cmの丸型1台分)

・卵 2こ
・砂糖 50g
・はちみつ 30g
・牛乳 50ml
・ボーソー米油 大さじ2

【A】
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 小さじ1/2
・ベーキングソーダ 小さじ1/4

■作り方

1.大きめのボウルに卵と砂糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽいクリーム状になるまで混ぜる。
2.はちみつ、牛乳、ボーソー米油を加え、泡だて器に持ち替えてよく混ぜる。
3.【A】をふるいながら3回に分けて加え、そのつど練らないようにさっくり混ぜる。
4.型にクッキングペーパーを敷き、生地を流し入れる。
5.蒸気の上がった蒸し器に入れ、強火で30分蒸す。

P1030371


どら焼きや温泉まんじゅうなど和風の生地に使われることの多いベーキングソーダは
独特の香りがあって、仕上がりは褐色になります。
今回はベーキングパウダーと両方使ってみました。
(ベーキングパウダーのみだと卵の黄色のまま蒸し上がります。) 

P1030372

ふっくらとした見た目と卵のいい香りが、「ぐりとぐら」のカステラを思わせます!
(出来上がりを待っている子どもたちの様子が集まってくる森の動物たちのようでもあり。)


米油は時間が経っても酸化しにくく、美味しさをキープしてくれる優秀な油♪
子どもたちのおやつにも安心して使えます。


ネクストフーディスト


オープンセールで爆買いをしてしまったので、極力近付かないようにしていたカルディ。
1か月経ったところで久しぶりのお買いものです。

P1030211

久しぶりと言いつつ…
実は4月初旬にたまたま訪れた新百合ヶ丘店でリニューアル記念セールに遭遇。
半額のコーヒー豆といつものシュレッドチーズだけはゲットしていたのでした。


カルディオリジナル スノーボールクッキー レモン 226g
P1030212
お友達大勢と公園に集まる日の大人用のおやつに。
この時期レモンフレーバーがとても充実していて、気になる商品が他にもたくさんありました!


カルディオリジナル 豆乳サンドビスケット 10p /抹茶ミルク 10p
P1030215
こちらも現在新商品でレモンクリームが出ているようです。


カルディオリジナル 上海焼きそば 2人前
P1030213


美味しかったのでリピート。
もやしをたっぷり1袋、にら、玉ねぎ、にんにく、えびで作り、レモン汁をふりかけました。
P1030353


ラ・プレッツィオーザ ホールトマト缶 400g
P1030214
必ずストックしているいつものトマト缶。
現在セール価格になっています。


カルディオリジナル 生ハム切り落とし 120g
P1030216
たっぷり120g入って298円というコスパの良い商品です。
トマトとモッツァレラチーズと合わせてカプレーゼにしました。(写真撮り忘れ)


こうして書いているそばからまた行きたくなってきました…

4月が終わろうとしていて、そろそろいちごのシーズンも終了でしょうか。
この春3回目となったいちごジャム作りは娘が担当しました。

いちごを洗うところだけ息子が参加。

BlogPaint


小さな手でちゃんと水切りができているなぁと感心していたら、
これは“洗面器におもちゃを浮かべて水だけを捨てる”遊びをお風呂でしているからだそうです。

BlogPaint


まずへたを丁寧に切り落とし、小さいものは半分に大きいものは1/4にカット。

BlogPaint


砂糖の割合を計算します。

BlogPaint


250gのいちごに対して40%の砂糖(100g)。

BlogPaint


計量できたら厚手のステンレス鍋にいちごと半量の砂糖(50g)を入れ、待つこと30分。
いつもはストウブですが、さすがに娘は重くて扱えないのでステンレスの片手鍋で。

BlogPaint


レモン汁大さじ1と1/2、残りの砂糖を加え、強めの中火にかけます。

BlogPaint


煮立ったらあくをすくい、弱めの中火に落として10分ほど混ぜながら煮ます。

BlogPaint


仕上がりを見極めたところで、リッツに乗せてお味見。

BlogPaint


果肉の状態といい濃度といい、今シーズンで一番の出来でした!

BlogPaint


“とっておきの食パン”+バター+いちごジャム。

BlogPaint


1パック分くらいならすぐになくなってしまうので、今後は糖度40%でもいいかもしれません。

BlogPaint


ちなみに…
“とっておきの食パン”というのは世田谷区大蔵にあるベッカライマーローさんのパン。

P1030349
角食・メロンパン・白玉あんパン・カレーパン・ラスク(←角食と並ぶ大ファン)


外側は皮が薄くてパリパリで、しっとりもっちり美味しい角食。
以前こちらのパン屋さんの目と鼻の先に住んでいてよくお世話になっていました。
娘が生まれてはじめて口にしたパンでもあります。

P1030350

車か自転車でないと行けない場所にあるため、知る人ぞ知るとても素敵なお店です。


↑このページのトップヘ