kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2019年02月

実家のある郡山ではお正月料理として豆数の子が定番ですが、
こちらの豆だけを塩茹でした「ひたし豆」は普段から食べる大好きな一品です。

BlogPaint


県内のスーパーでは小豆などと並んで青大豆が種類も豊富に山積みに。
地元では「青ばた」とも呼びます。
有名なブランド豆といえば山形県産のハッピー豆です。

P1010357


半量はすでに茹でたので今回は残りの150g。

P1020146


就寝前に洗って水に浸けておくと、朝にはこんな感じに。

P1020149

きれいな水に替えてから火にかけます。
沸騰したら白い雲のようなあくが出てくるので丁寧にすくい、弱めの中火で約10分茹でます。
食べてみてポリポリとした歯ごたえが感じられたら茹で上がり。

茹で汁を半分ほど捨てて豆が浸るくらいにしたら、塩をしょっぱいと感じるくらい加えます。
そのまま冷めるまで放置し、水気を切ったら完成です。
(浸けておくとしょっぱくなりすぎるので上げます。)

BlogPaint


ポリポリ食感とほどよい塩味が子どもにも大人気!
塩だけなので豆の味が引き立ちます。

BlogPaint


だしや薄口醤油で味をつけたり、みりんで甘みを加えるレシピが多い中、
シンプルに塩水にひたしたものをわが家では「ひたし豆」と言います。
ただの塩茹でと言ってしまえばそこまでですが、本当におすすめです!


先日のおでんが少し余ったので、お雑煮にリメイクしてみました。

BlogPaint

お正月以外にも登場するわが家のお雑煮の元レシピは餅なし雑煮のページに。

今回は大根と餅巾着とおでんつゆが余ったので、
そこに鶏肉、人参、凍み豆腐(高野豆腐)、せりをたっぷり一束加えました。
簡単な工程を。

1.鶏もも肉を細かく切り、酒と醤油で炒める。
2.食べやすく切ったおでんの大根、人参、戻した凍み豆腐、餅巾着を加え、おでんつゆがあれば注ぐ。
3.水(またはだし)を足し、柔らかくなるまで弱火で煮込む。
4.醤油、塩で味をととのえ、刻んだせりを加えてひと煮立ちさせる。


大根は味が染みて柔らかくなっているので、人参に火が通ればほぼ出来上がり。
おでんつゆのおかげで煮込み時間は短くてもOKです。

BlogPaint


この日はエビフライ…といっても揚げるだけの冷凍品。
副菜はきゅうりとわかめとカニかまぼこ入りの春雨サラダでした。

BlogPaint


油揚げでこくが出るので鶏肉はだし的な役割で100g程度でも大丈夫。

BlogPaint

お雑煮とおでんの味のベースが同じだったので簡単にリメイク成功!
食べごたえのあるお雑煮になりました。


娘のリクエストによるおでんの晩ごはん。
お昼過ぎからひたすら弱火でコトコト…たまに火を止めてふたをして寝かせ、再び火にかけ…
気長にのんびり作りました。

BlogPaint

参考までに→これまでのおでん


■材料(4人分) ブレイザー24cm使用

【だし】
・昆布 10cm
・鰹節 10g
・だしパック(久世福万能だしパック使用) 1袋
・水 1200ml
・醤油 大さじ3
・塩 小さじ1と1/3

【A】(味を吸う具材)
・大根 1/2本(2cm程度の輪切りを8切れ)
・卵 4こ
・他、しらたき、こんにゃく、牛すじなど適宜

【B】(味を出す具材)
・ちくわ、さつま揚げなど、練りものや揚げものを数種類

■作り方

1.だしを作る
・鍋に水と昆布を入れ、戻るまで浸しておく。
・火にかけて沸騰寸前で昆布を取り出して鰹節を加え、火を止めて20分ほど置いてから濾す。

2.下茹でをする
・大根は2cm幅の輪切りにして皮を厚め(5mmほど)に剥き、面取りをしてから米のとぎ汁で弱めの中火で30分下茹でする。
・じゃがいもは皮をむいて水から茹で始め、沸騰してから弱火で15分ほど茹でる。
・卵を茹でて殻を剥く。

3.【A】を煮てしばらく寝かせる
・鍋にだしを張り、【A】の具材、だしパックを入れて沸騰しない火加減を保ちながら1時間ほど煮る。
・火を止めて蓋をし、しばらく置いておく。
※時間があればたまに火を入れてまた放置を気まぐれに繰り返す。

4.【B】を加えて仕上げる
・揚げものは熱湯を回しかけて油抜きをしてから鍋に加えて火にかける。
・沸騰しない火加減を保って20分ほど煮る。


今回のおでんは大根、卵、しらたき、餅巾着、野菜のさつま揚げ、ちくわでした。

BlogPaint

ポイントはだしにみりんなどの甘みを加えなかったこと。
大根や練りものから甘みが出るので、すっきりしつつも味わい深いだしになりました。


ごはんはシンプルな塩むすびと悪魔のおにぎり。

BlogPaint


ブロ友さんおすすめのおでんに合うおかず「白菜キムチ」。
これは最高の箸休めだったので、定番にしようと思います。

BlogPaint


子どもたちには練りものが人気。
はじめての餅巾着は狙い通り喜ばれました。

BlogPaint

次回こそは洋風おでんに挑戦しようと思っています。


毎年バレンタインにガトーショコラを焼くのが習慣になりつつあります。

BlogPaint

今年はカカオ65%のダークチョコレートを使用。
ココアパウダーはクッキー作りでも使用したブラックココアだったので、
色、味ともにかなり大人な仕上がりとなりました。
オレンジピールはガトーショコラでも使うことを見越してシュトーレンの時期に用意したものです。


■材料(4号・12cmの丸型1台分)

・クーベルチュールチョコレート(カカオ65%のもの使用) 100g
・無塩バター 60g
・卵 2こ
・グラニュー糖 40g
・オレンジピール(スライス) 大さじ1
・薄力粉 20g
・ブラックココアパウダー 小さじ4

■作り方

1.チョコレートを湯せんにかけて溶かす。(板状の場合は刻む)
2.1にバターを加え、溶けてなめらかになるまで混ぜ、オレンジピールも加える。
3.ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
4.3に2を加えて混ぜ、薄力粉とココアパウダーをふるいながら加え、泡立て器で底から返すようにさっくり混ぜ合わせる。
5.卵白を角が立つまでしっかり泡立て、4に3~4回に分けて泡立て器で泡をつぶさないように、色が均一になるように手早く混ぜ合わせる。
6.オーブンシートを敷いた型に流して空気を抜き、160℃に予熱したオーブンで35分ほど焼く。
7.型から外してオーブンシートをはがして冷まし、できれば冷蔵庫で一晩寝かせる。

BlogPaint

お好みで粉砂糖を振りかけたり、ホイップクリームを添えたり。
粉砂糖は溶けないタイプが便利です。

「バレンタインの本命スイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(野菜ふりかけ・海苔と塩)
・鶏の塩レモンから揚げ
・だし巻き玉子
・スナップエンドウ
・いちご

メインのから揚げは、鶏もも肉に酒、生姜、レモン汁、塩を揉み込み、
片栗粉をまぶして14cmフライパンで揚げました。

BlogPaint


インフルエンザ予防に紅茶がいいということで、わが家でもとにかく紅茶紅茶の毎日!
でも子どもたちに長期間続けて飲ませるのは気になる…と思っていたところ、
お友達から教えてもらったのがこちら!

P1020077

リプトン カフェインレスティー ティーバッグ 20P

お値段は普通の紅茶の倍くらいしますが、これならしばらく飲み続けても安心です。
幼稚園に持っていく水筒にも入れて習慣にしています。
(お高いので大人は普通の紅茶で…)


↑このページのトップヘ