kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2018年12月

クリスマスディナー第2弾は家族で。

BlogPaint


昼間出かけていて15時に調理スタート。
ケーキはホールでなくてもいいからどこかで買おうと軽く考えていたら、
どこもかしこも長蛇の列!
ケーキ製作も急遽追加となりました。

BlogPaint

やっつけ感満載…ナッペもいつも以上に粗い…
でもいちごたっぷりでスポンジの出来も上々♪
6号サイズなのでこの日は半分だけ食べました。


メインは夫作のローストチキンです。

BlogPaint

じゃがいも、パプリカ、マッシュルーム、にんにく、ローズマリーを一緒に焼きました。
レシピはのちほど別記事で。


ごはんはライスサラダにしてさっぱりと。

BlogPaint

こちらものちほどレシピをアップします。


プロシュートのカプレーゼ風前菜。

BlogPaint

いただきもののプロシュートを、トマト、モッツァレラチーズ、クレソンとともに。
塩とブラックペッパーをふり、オリーブオイルを回しかけました。


ストウブでクリームコーンのポタージュ。

BlogPaint


素材を生かしたシンプルなメニューが並んだクリスマス・イヴの晩ごはんでした。

BlogPaint

今年もこれにて洋食オンパレードのクリスマスが終了!

朝、サンタさんからのプレゼントに喜ぶ姿を見るのが楽しみです。
(娘は人生ゲーム、息子はロマンスカーGSEのプラレールをお願いしています。)


クリスマスパーティーの日はお泊まり会でした。
翌日はロールパンサンドで朝ごはん。

BlogPaint


レタス、ハム、チーズ、玉子サラダ、水切りヨーグルト、ブルーベリージャム。

BlogPaint


水切りヨーグルトは画期的な水切り方法を考えました!

BlogPaint

コーヒーのフィルターを二重にしてヨーグルトを入れ、カラフェにセットするだけ。
冷蔵庫から出したので曇っていて見えませんが下にホエーが落ちています。


子どもテーブル。
玉子サラダにハムにブルーベリーというカオスなサンドを作ったりしていましたが…
しっかり食べてくれればそれでいいです。

P1010144


ちなみに、お昼はすっかり定番になっているたこ焼き。

BlogPaint


粉500g、水1500ml、卵2こ、たこ300gで4回焼いて、64このたこ焼きができました!

BlogPaint


海苔たっぷりの梅おにぎりとともに。

BlogPaint

ほぼセルフの簡単メニューで全く偉そうなことは言えないけれど…
やっぱり大人数料理は考える過程も買い出しも楽しかったです!
十分すぎるほどのお土産もいただいてしまい、お友達にも感謝の一泊二日でした!


今年もカレンダー的にお休みが続くので、クリスマスディナーは2回予定しています。
第1弾は長ーいお付き合いのお友達と♪

BlogPaint


メイン料理はオーブンにおまかせのポットローストです。

BlogPaint

豚肩ロース肉のかたまり肉を2本(700g)、パプリカ、じゃがいも。
ザワークラウトと粒マスタードとともに。


エビとホタテのマカロニグラタン。

BlogPaint

ホワイトソース1L、マカロニ250gで作りました。(写真は半量)


かぼちゃ、にんじん、玉ねぎ、じゃがいもで作った野菜のポタージュ

BlogPaint

ブレンダーにかけたあと、乾燥マッシュポテトでとろみをつけるとなめらかなポタージュになります。


ベビーリーフとロメインレタスと生ハムのサラダ、レンコンチップ添え。

BlogPaint

塩をふり、レモン、オリーブオイルを回しかけただけの簡単サラダです。


お友達のお土産のスパークリングワイン。
ノンアルコールが嬉しい♪

BlogPaint


ニトリで見つけたプチプラの赤いテーブルランナーが良いお仕事をしてくれています。

BlogPaint


こちらは子どもテープルの様子。

BlogPaint


ポットローストと野菜は一人ずつ取り分けました。

BlogPaint


グラタンはセルフ方式で。

BlogPaint


ポタージュはマグで。(野菜、食べてね!)

BlogPaint


そして、ワイングラスでシャンメリー!

BlogPaint


かんぱーい♪

BlogPaint


クリスマスケーキはお友達セレクトのブッシュドノエル。
(子どもたちが臨戦態勢!)

BlogPaint

とても上品なチョコレートケーキで大人も大満足でした!


ある日の大人のお昼ごはん。
そろそろ食べきらなくてはいけないキムチと、冷凍していた豚肉を使って炒飯を作りました。

BlogPaint

バターで炒めた玉ねぎを加えてキムチの酸味を和らげ、こくを出すのがわが家流。
このひと手間があれば、あとの味付けは塩だけでOKです。


■材料(2人分)

・豚こま切れ肉  100g
・キムチ 100g
・玉ねぎ 1/3こ
・バター 10g
・ごはん 2膳分
・青ねぎの小口切り 大さじ2
・卵 2こ

・ごま油 少々
・塩 少々
・酒 小さじ1
・ブラックペッパー

■作り方

1.豚肉、キムチはそれぞれ細かく切り、玉ねぎはみじん切りにする。
2.ごま油で目玉焼きを作り始める。
3.別のフライパンを温めてバターを溶かし、中火で玉ねぎを炒める。
4.しんなりしたら豚肉を加え、色が変わるまで炒めて塩、こしょうをし、酒をふる。
5.キムチを加えて水分が飛ぶまで炒め、温かいごはんを全体に広げるようにして焼く。
6.ほぐしながら全体が混ざるように炒めていき、塩で味をととのえる。
7.最後に青ねぎを加えて盛り付け、目玉焼きを乗せてブラックペッパーをふる。


BlogPaint


少しだけ残っていたがごめ昆布のスープの素(お湯を注ぐだけ)と梅こぶ茶を合わせてスープに。
見えませんが種を取った梅干しがそれぞれに1/2こずつ入っています。

BlogPaint


お昼休憩に帰ってきた夫と遅めのお昼ごはん(14時)。

BlogPaint


そろそろクリスマスと帰省を考えて食材を計画的に消費しなければなりません。
冷凍ストックも野菜も余すことなく年内に使い切るために、不思議な食卓もちらほら…

子どもたちが一汁三菜を食べている隣で大人は辛い焼きそばだった日。
「手巻き寿司パーティー」という名目で冷蔵庫整理に協力してもらった日。
リクエストにお応えして晩ごはんがカップラーメン(一応サラダ添え)だった日。
大人だけ夜中に火鍋をした日。

素直でストレートな息子は「おかあさ~ん、どうしてー?」と突っ込んできますが、
抗議ではなくいつもと違う感じを楽しんでいるようでした。(←ポジティブに受け止める!)


シュトーレン用にレーズンとオレンジピールをブランデーに漬けていたのですが、
今年は絶品シュトーレンをいただいたので作るのをやめました。
代わりにホームベーカリーでパネトーネ風のデニッシュパンを焼きました。

BlogPaint

参考にしたレシピはこちら → パネトーネ風 キッチンポケット
卵とヨーグルトが入り、バターは2回に分けて80g使用します。

作り方の流れとしては
1.漬けておいたドライフルーツは水気を切り、バターは細かく切って冷凍庫で冷やしておきます。
2.強力粉、薄力粉、砂糖、塩、卵、ヨーグルト、バター、ラム酒(ブランデー)をケースに入れ、ドライイーストはイーストケースにセット。
3.デ二ッシュコースでスタート。
4.30分以内にアラームが鳴るので、ドライフルーツと後入れのバターを加えてあとはおまかせ。


糖分が多くて焦げやすいので、焼き上がり10分くらい前から様子を見て早めに取り出します。
…と言いつつ、6分前に取り出したのに結構こんがり…

BlogPaint


朝ごはんにコーヒー、ペンネのサラダとともに。
いつものマカロニサラダをペンネで作ったもので、具はツナ、きゅうり、茹でたキャベツ。
塩、こしょう、酢で下味をつけておいてマヨネーズはほんの少しです。

BlogPaint

デニッシュ生地なので軽くトーストするとサクッと感が復活します。


↑このページのトップヘ