kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2018年11月


娘のリクエストで今年もストウブでおでんを煮ました。
レシピはこちらに→ストウブで気長におでん

BlogPaint

だしは久世福の万能だしパックを使い(2パック)、その分醤油とみりんを減らしました。
じっくりゆっくり火を入れていくおでんはストウブの得意料理。
今回もお昼から夕方まで火をつけたり消したりして気長に作りました。

具材は大根、ゆで玉子、ちくわ(2種)、さつま揚げ。
途中までじゃがいもも煮ていたのですが、下茹でを怠ったために煮崩れ…
ずっと沸かない火加減を保っていてもやはり長時間は耐えられなかったようです。
今後の教訓!「じゃがいもは下茹で必須」。

BlogPaint

今回は万能だしにお任せし、大根も下茹でしなかったので(特に問題なし!)とても楽でした。
大根もじゃがいも(写真はカット…)も、だしがよく染みて幸せ~。

ただ、いつも困るのがおでんの日の献立です。

・メインにはなり得るけれどごはんが進むおかずではない
・鍋と違って意外と野菜が摂れない
・だしを張るので汁物はおかしい?

おでんの日の理想的な献立は何か?
みなさんはどうしているのかぜひ聞いてみたいです。

ちなみに五目炊き込みごはんの日の献立も長年悩み、
「魚の塩焼き」という結論に至りました。



今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(ゆかり・鮭ふりかけ)
・焼き肉(牛切り落とし肉・人参・えのきだけ)
・玉子焼き
・はんぺんのチーズはさみ焼き
・蒸しかぼちゃ
・ブロッコリー


焼き肉は、砂糖、酒、醤油、コチュジャン、ごま油のたれに漬けて炒めたプルコギ風。
少しでも野菜を!と、人参とえのきだけも一緒に炒め、最後に煎りごまを。

BlogPaint

「一番おいしかったおかずは?」と聞いてみたら「玉子焼き!」との答えだったので、
今週もとりあえず入れておいてよかったです。
卵一つ用の玉子焼きフライパンもキッチンの肥やしになることなく活躍しています。

---

お弁当を持たせて送り出したその足で、今日は私立幼稚園PTA大会に出席してきました。

第一部は式典で第二部は記念講演。
テーマは『幼児期のための脳育』~脳育てに差をつける食の知識~でした。
脳育はひとまず置いておいて…

成長期の子どもにとって大切な栄養素は蛋白質である。
炭水化物は決してカットするのではなく、精製されていないものを選んで摂る。
炭水化物は良質な油と一緒に摂って血糖値の急激な上昇を抑える。

知識としてはありましたが、それが日々どれくらい実行できているかというと…
まずは分づき米と全粒粉の購入からでしょうか。



カルディでのお買いもの記録です。

P1000558


もへじ 産地の選べるお味噌汁 16食
P1000559
忙しい朝ごはんどきに活躍しているインスタントみそ汁。
永谷園の「あさげ」「ゆうげ」か、こちらを常備しています。
(「ひるげ」もたまに見かけますが赤みそが飲み慣れていなくて…)
具はわかめ・とうふ・油揚げ・長ねぎ(わかめは全てに入っています)、
味噌は信州みそ、仙台みそ・三州豆みそ・九州麦みその4種類。
お好みで組み合わせて楽しめます。
4人家族なので4種類×4食というのは助かるし、コスパも良くて3回目の購入です。


もへじ 塩レモン鍋つゆ 2~3人前
P1000560
こちらもリピート購入。
季節限定品でただいまセール価格です。
2~3人前とあって少し少ないので、水、鶏がらスープ、レモン汁を足しています。
豚肉の薄切りをメインに、ほうれんそう、水菜、レタスなどの葉物が合います。


ファーマーズプレートプラス レーズン (コーティングオイル不使用) 100g
P1000561
今年もシュトーレンの仕込みの季節がやってきたので少しずつ準備。
オレンジピールとクルミがあるので、もう1種類ずつナッツとドライフルーツがほしいところです。


大分千歳村農産加工 ゆず七味 無添加 25g
P1000562
お友達からいただいた「かぼす七味」にすっかりはまってしまい、
もう七味唐辛子は柑橘の香りがしないと物足りなくてこちらを購入しました。
豚汁には特に欠かせません。


ナチュロニー ゴールデンロッドハニー 375g
P1000563
逆さボトルでドッと出ることもなく使いやすいナチュロニーシリーズ。
赤いキャップのカナディアンハニーとこちらのゴールデンロットがお気に入りです。
現在は販売していないアマゾンハニーは個性的な味でした。
次回は青いキャップのブルーベリーハニーもお試ししてみようかな。


ユウキ エスニック レモングラス 2g
P1000564
ビーフとレモングラスのバインミーをいつか自作したくて購入。
「いつか」というのは良いバケットを見つけられたら…


ハロウィン終了直後からクリスマスモードで賑わっているカルディ。
楽しくてつい足を運んでしまいます。



自分でも意外なことにストウブで初めてビーフシチューを作りました。

BlogPaint

ベトナム風シチューはストウブなのに、なぜか普通のビーフシチューは圧力鍋で作っていました。


■材料(4人分)

・牛肉(カレー用) 300g
・にんにく 1かけ
・玉ねぎ 中1こ
・人参 中1と1/2本
・じゃがいも 中2こ
・マッシュルーム 8こ

・バター 10g
・赤ワイン 100ml
・水 100ml
・デミグラスソース 1缶(290g)
・トマトケチャップ 大さじ1
・ローリエ 2枚
・塩 小さじ1
・ブラックペッパー 少々

■作り方

1.材料の下ごしらえ
・牛肉は塩(分量外適量)、ブラックペッパーをふって室温に戻す。
・にんにくは芽を取って2つ割り、玉ねぎはくし切り、人参とじゃがいもは大きめの乱切りにする。
マッシュルームは石づきを落としておく。

2.炒める
・ストウブ鍋を熱してバターを溶かし、泡立ったらにんにくと牛肉を焼く。
・玉ねぎ、人参を加えて玉ねぎが透き通るまで炒める。

3.煮込む
・赤ワイン、水を加えて強火にかける。
あくをすくったら蓋をして弱火で40分煮込む。
・じゃがいも、マッシュルーム、デミグラスソース、トマトケチャップ、塩を加える。
たまに混ぜながら20分ほど煮込む。

ハインツのデミグラスソースとトマトケチャップを使って、煮込み時間約1時間で完成しました。

BlogPaint


子どもたちはシチュー=ホワイトシチューだと思っているので、
いろいろ説明してみても食べるまではあくまでカレーと信じて疑わず…
カレーライスのようにごはんと一緒によそいました。

BlogPaint


お肉も野菜もゴロゴロ大きめ。
特にじゃがいもはストウブマジックでほっくり美味しく、
人参は角が取れて煮崩れない程度のやわらかさで甘みも引き出されています。

BlogPaint

お肉はとろける食感と繊維が程よく残るところとのバランスがちょうど良い具合。
それぞれの素材がベストな状態に仕上がりました!

圧力鍋だとつい火を入れすぎてしまってポロポロ…という失敗をたまにするので
それなりに時間はかかっても、様子見ができるストウブはわたしにとっては楽です。
この冬もたくさん煮込み料理を作ろう。



この日は朝から外出してお昼はスーパーのお惣菜やおにぎりで済ませ、
おやつもフードコート的な場所でした。
なんだか作るのも食べるのも疲れてしまった日の簡単晩ごはんです。

BlogPaint

そうめんは400g茹でました。


具材は味噌なす、きゅうり、ちくわ、茹で鶏、揚げ玉(辛い)、青ねぎ。
作ったのは味噌なすと茹で鶏だけ…

BlogPaint


なすは乱切りにして水にさらし、米油で焼いて焼き色をつけます。
砂糖と味噌を少量の酒で溶いておき、ジャーっと炒め合わせて完成。

BlogPaint


お好みの具材を乗せてつゆを張っていただきます。
 
BlogPaint

子どもたちはセルフ式にすると食欲が増進するようで、400gの麺がきれいになくなりました。


↑このページのトップヘ