kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2018年08月

はじめてお弁当を4つ作ってみました。

BlogPaint

4人分の行楽弁当とはわけが違います。
中身はいつもの簡単なものばかりなのですぐできましたが、詰めるのが大変!
子どもが中高生くらいになり、各自詰めるスタイルにすると聞いたことがありますが
そうしたい気持ちがよくわかるし、ぜひともそうしたいと思います。

BlogPaint

・おにぎり(海苔と塩、鮭ふりかけ)
鶏の柔らかから揚げ
・さつまいものレモン煮
・はんぺんのチーズはさみ焼き
・にんじんしりしり
・きゅうり

自分の分は梅干しおにぎり、夫の分はごはんに梅干しと塩昆布。
から揚げはそぎ切りにしたむね肉に調味料を揉み込んで片栗粉をつけ、
そのまま一晩置くレシピです。
今回は塩、酒、レモンペッパー、すりおろし生姜を揉み込んだ塩から揚げにしました。

BlogPaint

この日は学校の図書室開放日ということで、本の借り換えのために登校。
そのまま夕方まで学校で遊んでくるというのでお弁当を作りました。
息子はかなり久しぶりに児童館へ連れて行ってみました。
二人とも集団の中で遊んで新学期前の慣らしになったかな…?


お昼ごはんにタコライスを用意しました。
全部乗せて普通に出そうと思ったら、娘が「タコスだ!自分で乗せる~!」と
興奮し始めたので…(厳密にはタコライスですが)

BlogPaint

自分で乗せるスタイルにしました。


今回は豆入りタコミートのレシピを。

BlogPaint

■材料(4人分)

・合挽き肉 150g
・玉ねぎ 1/4こ
・にんにく ひとかけ
・大豆の水煮 60g
・オリーブオイル 小さじ1

【A】
・塩 小さじ1/4
・ナツメグ 少々
・カレー粉 小さじ1/2
・パプリカパウダー 小さじ1/2
・トマトケチャップ 大さじ1と1/2
・レモン汁 小さじ1

■作り方

1.玉ねぎとにんにくをみじん切りにし、オリーブオイルで香りが立つまで炒める。
2.合挽き肉を加えて色が変わるまで炒める。
3.大豆の水煮、【A】を順番に加えて炒める。

温かいごはん、細切りレタス、角切りトマト、シュレッドチーズ、フライドオニオンを用意して
それぞれ盛り付けたら、いただきます!


娘は喜んだだけあって、おかわりもしました。

BlogPaint


息子も自らレタスを乗せて食べたので、セルフ式は正解だったかも。

BlogPaint


常備している調味料でそれらしく作ったタコミートではありますが、
子どもにも食べやすく美味しくできました。
あとはトッピングにアボカドがあるとよかったかな。

BlogPaint

3人でお昼に食べてもたっぷり一人前のタコミートが残ったので
その日の夫の晩ごはんもタコライスとなりました。


カルディでのお買いもの記録です。

P1390193


カルディオリジナル めんたいビビンバの素
P1390194

作り方を見ると混ぜるだけでいいようですが、ちょっと焼きたい!
ストウブで石焼きビビンパ風にしてみようかな。


もへじ 塩レモン鍋つゆ
P1390195

レモン好きとしては心惹かれます…
洋風おでんのようにコトコト煮込むのもいいかも。


もへじ 海藻トロっとスープ 37g
P1390196

熱湯を注ぐだけで海藻たっぷりのスープができます。
小さじ1程度で一人分になるのでコスパも抜群。
鍋で作って溶き卵を加えたり、お豆腐を足してみたりアレンジも楽しんでいます。


カルディオリジナル シュレッドチーズ 300g
P1390197

チーズはやっぱりこれが一番。


メープロイ タイカレーペースト グリーンカレー / Roi Thai ロイタイ マサマンカレー
P1390198

グリーンカレーは夫がココナッツミルクがいまいちなので、豆乳で作るべくペーストを購入。
マサマンカレーはそのままでも食べやすいので何度目かのリピートです。


ナカガワ あげ玉一番(辛味) 50g
P1390199

めずらしい辛いあげ玉です。


こちらを使って話題の「悪魔のおにぎり」を作ってみました。
(梅昆布茶に梅干しを丸ごと入れた即席スープとともに。)

P1390263

麺つゆと醤油と両方試してみたところ醤油の方が好みでした。
確かに中毒性の高い危険な食べもの…
しかもピリ辛だなんて美味しくないはずがない!


カルディは8月31日まで決算セール中とのことです!

今週の常備菜です。

BlogPaint

・ワンタン
・さつまいものレモン煮
・茹でもやしと塩揉みきゅうり
・揚げなす


豚ひき肉150g、ワンタンの皮1袋(30枚)で30個作りました。
(生姜のみじん切り、塩、胡椒、酒、醤油、片栗粉)

BlogPaint

皮の真ん中にたねを置いたら半分(三角)に折り畳み、サイドを折り曲げるだけ。
ひだを作らなくても熱湯で茹でれば勝手に閉じてくれるので楽です。
スタートから包み終わるまで10分ほどで完成します。


天候のせいでまた夏野菜がいまいちなので(この日はミニトマトが1パック398円!)
価格が安定しているさつまいもを購入し、子どもたちの好きなレモン煮にしました。

BlogPaint


サッと茹でたもやしと軽く塩揉みをして水分をしぼったきゅうり。

BlogPaint


今回は直前にこちらのたれをかけます。

BlogPaint

カルディなどで取り扱いのあるもへじの「も」かなと思って手に取ったら、
もやしの「も」!でした。


なすは炒め物やカレーに使う予定なので、ゴロゴロと大きめの乱切りにして揚げました。

BlogPaint


この日の晩ごはん。

BlogPaint

スリランカ風スープカレーになすをプラスしました。
揚げてあるので仕上げに加えて温めるだけでOK。
煮崩れることなく味の馴染みも早いです。


8月27日放送の「あさイチ」のお料理コーナーにて、
料理研究家のみないきぬこさんが紹介されていた「バンバンジー風サラダ」。
ちょうど茹で鶏の仕込みをしながら見ていたので、真似して作ってみました。

BlogPaint

野菜は冷蔵庫にあるものでレタス、水菜、きゅうり。
たれは半量で作っても十分でした。

■たれの材料

すりごま・醤油   大さじ2
酢・砂糖       小さじ2
味噌・ごま油    小さじ1


茹で鶏は割いてから和えものにすることがほとんどだったのでスライスは新鮮。

BlogPaint

写真の2人分でむね肉2/3枚しか使っていないのに、
表面積が大きくなって食べごたえも見た目のボリュームも出ます。
(残り1/3枚は割いて子どもたちのそうめんの具にしました)


ちなみに…
しれっと1か月ほど前に購入した古谷浩一さん(古谷製陶所)の八角プレート。
わが家にとっては初めての作家さんの器です。
食器棚に大切に隠していたため、夫はこの日が初お目見えでした。

「あれ?こんなのあったっけ…?」

一瞬緊張が走るも「ちょっと前に買ったんだ~」とあくまでさらりと報告。
すると、乗せたら映えそうな料理について提案し始める夫!(大半が居酒屋メニュー!)
わたしの器熱に対する夫の理解もとうとうここまで来たか!と嬉しくなったのでした。


↑このページのトップヘ