kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2018年07月

KEYUCAでマグカップを購入しました。

BlogPaint


ティーマ…??

BlogPaint

真ん中のレッドはわたしが愛用中のティーマのマグカップ。
(お気に入りすぎて2つ買って1つストックするほど!)
左が娘が選んだライトグリーン、右が息子が選んだネイビーブルーです。

持ち手の形が違うだけで、大きさ、容量、形はほぼ同じと言っていいかも。
重さはティーマのほうが10gほど重いです。
子どもたちが帰宅した夫に「お父さん見て見て~買ってもらった~!」と喜んで見せたら、
お高いティーマを子どもに買い与えたと思った夫は「え…?割らない?」と一言。
「500円なんだよー!」と教えたら、「そうなんだ!」と驚いたのち安堵していました。


元々ラインナップされていた大人カラーのマグカップ。
(※画像はKEYUCAさんのオンラインショップからお借りしています)

s1100419

新色はこんなに可愛い!

s1100423

特にイエローとグリーンはティーマの希少な廃盤品のよう!


試しにティーマのセラドングリーンのプレートと並べて色の比較をしてみました。

BlogPaint

かなりいい感じなのでは??
単体でよーく見ると、わずかな色ムラに気付いたり、発色が…と思うところもあれど、
約500円でこのデザインとクオリティは素晴らしい!


そんなわけでわが家のマイカラーのマグはこのようになりました。
ちなみに息子にはライトブルーを勧めたのですが、「あお!」と譲りませんでした。
(夫のだけひと回り大きい400mlです)

BlogPaint

子ども用のカップはペアでいくつかあるにはあるのですが
カップスープなど中身によっては足りなかったり、なみなみついでこぼすことも。
熱いものが冷めにくいということもあって、少し大きいサイズがほしかったのです。

ティーマ至上主義だけど子どもにはまだ早い…(夫の反応がそれを物語っている)
と思っていたところに、素敵な商品を見つけました!

通常590円ですがただいまセール中で495円(共に税抜き)となっています。


ストウブでとうもろこしごはんを炊きました。

BlogPaint

■材料(2合分)

・米 2合
・とうもろこし 1本
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1
・水 360ml

■作り方

1.米は洗って30分程度浸水させ、ざるに上げて水を切る。
2.とうもろこしは半分に切り、実を包丁でこそげ落とす。
3.ストウブ鍋に米、酒、塩、水を加えて軽く混ぜ、とうもろこしの実と芯を乗せる。
4.強火にかけ、沸いてきたら中火に落とし、蓋をして1分炊く。
5.弱火に落として9分炊き、火を止めて蓋をしたまま12分蒸らす。
6.芯を取り出してさっくり混ぜる。


旬のとうもろこしが存分に味わえます!

BlogPaint


この日のメインはストウブブレイザーで作ったチキンと野菜の蒸し焼き。

BlogPaint

レモンペッパーと塩で味付けした鶏もも肉をオリーブオイルで焼き、
パプリカ、じゃがいも、ズッキーニ、アスパラガスを加え、蓋をして弱火でじわじわ20分。
夏でもストウブ、活躍しています!


レモン粒マスタードを添えて、とうもろこしごはんと一緒にワンプレートにしてみました。

BlogPaint

夏野菜が美味しく食べられて満足の晩ごはんでした。


その後、3合炊きにもチャレンジ。
塩小さじ1と1/2、水540ml、とうもろこしはそのまま1本でOKです。


北海道在住の親戚から、ずっしり重い立派な夕張メロンが2玉も届いたのですが、
娘は今年になってメロンが苦手と言い出し、息子は元々フルーツが苦手。
それならばとまずは1玉を半分に切り、夫と贅沢に1/4カットずつ味わいました。

残りの半分は子どもたちが食べてくれる可能性を考えてシャーベットに。
とても簡単なレシピです。

BlogPaint

■材料(約10人分)

・夕張メロン 1/2玉(果肉と果汁で約500g)
・砂糖 大さじ1
・レモン汁 小さじ1

■作り方

1.メロンは種を取り除き、果肉と果汁をスプーンですくって取り出す。
2.フードプロセッサー(またはブレンダー)にかけ、砂糖、レモン汁を加えて混ぜる。
3.ボウルか保存容器に移して冷凍庫に入れ、2~3時間置きに3回ほどフォークでかき混ぜる。


空気を含ませながら冷凍するのでフワフワシャリシャリで、味は濃厚なメロン。
かさも増えるので1/2こ分のメロンで何度も楽しめます。

BlogPaint

子どもたちも無事食べることができました。
(息子はいまいちな反応でしたが…)
そんなわたしも大人になるまでメロンとスイカが苦手だったので気持ちは理解できます。

残り1玉はそのまま食べてしまうか、乳製品と合わせてアイスクリームに挑戦してみるか…
楽しい悩みです。


娘と食育講習会に参加しました。
テーマは娘の苦手ななすとピーマン!
それでも仲良しのお友達が一緒だったので不安を抱えながらも楽しみにしていました。

P1380748


野菜と調味料についての講義を聞いて、ワークシートを埋めたら試食タイム。
細く切ったピーマンを、砂糖・酢・しょうゆ・塩昆布でそれぞれ和えて食べ比べをします。
娘が食べやすいと評価したのは砂糖でした。
塩昆布和えが美味しかったと思うのですが、昆布自体が苦手な娘にはいまいちだったようです。

P1380738


ツナ、顆粒だし、ごま油で和えてレンジ加熱した「無限ピーマン」と、
スライサーで薄切りにしたなすで肉だねを包んで焼いた「なす餃子」も試食させてもらいました。

P1380744


こちらは冷凍したミニトマトに、煮切ったみりんと酢のシロップをかけたフローズンミニトマト。
独特のもっちり食感は好みが分かれそうですが、デザート感覚で食べられます。

P1380739


熟したトマトは沈むという実験。

P1380743


丁寧に作られたレジュメ、試食に加えて、立派なお土産までいただきました。
(参加費は親子で500円です。)

s_P1380756


せっかくお野菜もいただいたことだし…
この日の晩ごはんは娘のリクエストにより、予定を変更してなす餃子の献立にしました。

BlogPaint


あいにくわたしが餃子あんが苦手なので、
レシピは合挽き肉、卵、玉ねぎ、パン粉などで、ハンバーグのたねに変更させてもらいました。
余った分は講座の成果に期待してピーマンの肉詰めに。

BlogPaint

ピーマンのほうはケチャップをかければOK。
なすは率先して食べて、おかわりもしました。


いただいたとうもろこしは、とうもろこしごはんに。
はじめて炊いてみたところ大好評だったので、次回はストウブで炊いてみようと思います。

BlogPaint


講座に参加していない息子は、なす餃子は頑張っても2こで終了でした。

BlogPaint


スライサーでヒラヒラにしたなすは、皮の引っかかる感じや独特のふわっとした感じがなく、
柔らかく、とろーり。
味、油分、水分を抱き込む(そこが醍醐味ではありますが…)食感が苦手な場合は、
薄く切るか皮をむいて調理するのが良さそうです。


今回の講座に参加して娘にとって良かった点は主に2つ。
苦手だという気持ちに共感してもらえたこと。
なぜ苦手になってしまうのかを子どもにわかるように説明してもらえたことです。
(酸味や苦味を嫌うのは自己防衛の観点で自然な反応…など)

苦手だ!というネガティブな気持ちをきちんと整理することで、
「ではおいしく食べるためにはどうするか?」という次のステップに進めると思うので、
今回の講習会はとても有意義なものでした。


学校のプールに行く娘と、幼稚園の夏期保育に行く息子のお弁当です。
娘はプールのあと、開放されている涼しい校内でお昼を済ませてきてもらうことにしました。

BlogPaint

・おにぎり(塩と海苔・鮭ふりかけ)
・エビフライ
・だし巻き玉子
・さつまいものレモン煮
・ブロッコリーのごまドレッシングがけ

エビフライはいつものように衣付けまで済ませて朝は揚げるだけ。
火の通りが早いので揚げ時間は2分程度と短くて済みます。
他3品は夜中のうちに作ってしまって冷蔵庫へ。
水気をしっかりおさえて詰めるだけです。


娘のお弁当箱はまだ慣れていなくて隙間が埋められず、
市販のはんぺんを追加で入れました。

BlogPaint


---

学校のプールは水温が上がるのを待って高学年から始まるのですが、
今年に限っては外気温が上がる前に低学年からスタートのほうがいいような気が…
11時開始のため、終わって帰る頃は最も危険です。
水温が高くて熱中症が心配なので無理に行かなくても…と思うのですが、
今年ようやく浮くことができるようになって、水泳が楽しくなった娘は行きたいと反発!
仕方なく過保護かなと思いつつ、熱風の中を自転車で送迎する日々です。

一方の息子は一週間ぶりの幼稚園を満喫。
帰宅後はナチュラルに「てんてー!(先生)」と呼び間違えて、
「あ、てんてーじゃなかった、おかーたんだった…」と照れていました。


↑このページのトップヘ