kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2018年05月

先週、京王閣で開催された「東京蚤の市」に初めて行ってきました。
広くて大混雑で割れ物だらけで子連れは大変!と重々承知の上で、
一人で二人を連れて潜入です!

P1370845


まず子どもたちが立ち止まったのはドライフラワーのF3(エフスリー)というお店です。

P1370849

ドライフラワー、木の実、貝殻など、見ているだけでワクワクするパーツがたくさん!
1こ200円するものもあれば、10こで120円ほどだったり、価格はさまざまです。
娘には500円までと決めて、自分で計算しながらお買いものを楽しみました。

単価の安いもので種類とかさを増やすのか、思い切って立派なパーツを選ぶのか…
悩んだ末に娘は赤と白の小花をメインに、息子は可愛らしいどんぐりを選びました。
金色に輝く松ぼっくりはおそろいで。

P1370869


その後は子ども用サングラスの試着を楽しんだり

P1370857


可愛い雑貨を見て回ったり

BlogPaint


美味しいおやつを買ったりしてちょっと休憩。

P1370861


国分寺にあるこどもパンというお店で「バナナと黒糖のケーキ」、「ハチミツラスク」、
最近子どもたちがハマっているアイスチャイを購入しました。

P1370862


ありそうでないハチミツを塗ったラスクは、外側と裏はパリパリで、表面はねっとり。
ハチミツの香りと味がダイレクトで美味しいです。
使っているパンが様々で、それぞれ食感が違うのも楽しい。

P1370863


後半は食器も見て回りました。
柳宗理やSUNAOを彷彿とさせる質感のカトラリー。
しっかりしたステンレス製なのに、機内用ということで1本300円でした。

P1370867


好きな感じのぽってりとした器。

P1370865


自転車で行ったので、割れものの購入はなしと決めていて、
ひたすら眺めて楽しみます。

P1370866


子どもたちが長居したのは古本市でした。
海外の古いベストセラーからわりと新しいものまで、充実の品揃えです。

P1370864


午後になって混んできて、最後の最後にようやく辿り着けた北欧市。

P1370872


ヴィンテージなどの掘り出し物が多いというだけでお安いわけではないので、
ここでもただひたすら鑑賞。
(ヌータヤルヴィのフローラボウルとか…知らないものだらけでも希少だということは理解。)

P1370873


帰宅して、戦利品を整理してみました。

左が息子で、こだわったのは青いヒトデです。
海のものと山のものが混在していますが…
娘のほうは色合いが可愛らしく、バランスよくまとまっています。

P1370877


お砂場遊び用のバケツが割れてしまったので、レトロなパンダのこちらを購入。
200円でした。
色は揉めた末に姉が弟に譲って黄緑に。(わたしも娘も赤が良かった)

P1370876


娘が選んだ本。

P1370885


ヤマザキのパンを使ったアレンジレシピが131種類!
乗せるだけ、挟むだけのお手軽なものが多く、小学2年生にはちょうど良い難易度です。
レシピ作成に凝っている娘は毎日気に入ったページを書き写しています。

P1370884


息子はどうしても1冊にしぼれず、こちらの2冊。
新幹線のほうは趣味全開!
ねむいねむいねずみ…は幼稚園で読んでもらったお気に入りのシリーズのようです。

P1370886


わたしは「暮しの手帖」のバックナンバーの山の中から、
自分の生まれた年の号を発掘!

P1370880


ロイヤルコペンハーゲンの器で紹介されている当時の優雅なお料理は、
「ホタテ貝のソテー・カレーソース」や、「オレンジの甘煮」など。

P1370879

巻頭特集は石油温風ヒーターの検証実験でした。
今よりも社会に意見する内容が多いように思います。(それもストレートに!)
当時の写真を見たり、風潮や考え方を知れば知るほど
こういう時代に生まれたんだなぁとあらためて自分の年齢を実感します…


最後に。
機内食カトラリーは子ども用に2セット購入しました。

P1370881

艶消しなところが好みです。
丈夫で、フォークも鋭利でなく、大きさも長さもベスト。
ティースプーンやデザートフォークよりはひと回り大きくて、
大人用へのつなぎに最適なサイズだと思います。


また秋にも開催されるようなので、その際はもう少しポイントをしぼりつつ、
早め行動で参戦したいです。
(午後は混みます。特に飲食店は品切れが多くなるので要注意!)


コチュジャンベースのたれに漬けた鶏肉を野菜と一緒に炒めて、
最後にチーズをたっぷり加える話題の「チーズタッカルビ」。
ホットプレートがないわが家はストウブブレイザーで作ってみました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・鶏もも肉 2枚
・キャベツ 1/4こ
・玉ねぎ 1こ
・じゃがいも 1こ
・にんじん 小1本

【A】
・コチュジャン 大さじ2
・醤油 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・酒 大さじ1
・にんにくのすりおろし 1かけ分

・ごま油 大さじ2
・チーズ(溶けるタイプ) 50g

■作り方

1.材料の準備
・鶏肉は皮と脂肪を取り除いて食べやすい大きさに切り、混ぜ合わせた【A】に15分ほど漬けこむ。
・キャベツはざく切り、玉ねぎはくし切り、じゃがいもは小さめの乱切り、人参は短冊切りにする。

2.焼く→蒸し焼きにする
・ストウブをよく熱してからごま油を入れ、全体になじませる。
・鶏肉を広げて焼き、色が変わったら返す。
・野菜を加えて返すように混ぜ、蓋をして弱めの中火で5分蒸し焼きにする。

3.チーズを加えて仕上げる
・蓋を取って上下を返すように混ぜ、真ん中を開けてチーズを広げる。
・蓋をして1分ほど加熱し、チーズを溶かす。


24cmのブレイザーだと、返すのもやっとなくらいの溢れんばかりの大量の野菜たちも
蓋をして数分で水分が出て、しっかり鶏肉となじみます。

BlogPaint


チーズはモッツァレラミックスのシュレッドチーズに、チェダーチーズのスライスをプラス。
何種類か混ぜると味に深みが出ます。

BlogPaint


子どもたちも一緒に食べられるように辛味の追加はなしで。
コチュジャンの甘みとチーズのまろやかさで、食べやすい味に仕上がりました。

BlogPaint


本物を食べたことがなく、あくまでかき集めた情報で作った自己流レシピですが、
手軽にできて間違いない味。
チーズがグツグツしている様も盛り上がります!


今週の常備菜です。

BlogPaint

・モヤシの下茹で
・オクラの下茹で
・茹で鶏
・厚揚げとこんにゃくと人参の煮もの
・蒸しさつまいも
・蒸しじゃがいも


どうしてもひげ根を取らずにはいられないモヤシ。
サッと下茹でしてざるに上げ、冷ましてから保存しておけば、必要なときにすぐ使えて便利です。

BlogPaint


国産のオクラが出ていたので、今シーズン初めて購入しました。
ガクを包丁で薄くむいて塩でこすり、茹でて氷水にとり、水気をしっかり押さえて下ごしらえ完了。

BlogPaint


いつものむね肉の茹で鶏。
水に生姜、長ねぎ、酒、塩を加えてぐらぐら煮立てたところに、
皮と脂を取り除いたむね肉を入れ、ひと煮立ちさせます。
蓋をして火を止め、そのまま冷めるまで置けば、しっとりやわらかく確実に火が通ります。
スープも活用できて一石二鳥の茹で鶏です。

BlogPaint


こちらも定番になりつつある兵四郎だしオンリーの煮もの。
木綿の厚揚げとこんにゃくは下茹でし、ストウブで蓋をしてじっくり弱火で煮ました。
茹で鶏と同様に鍋ごと冷まして味を含ませます。

BlogPaint


半端に残っていた新じゃが1個とさつまいも1本をシンプルに蒸したもの。

BlogPaint


冷まして個別に保存します。
これくらいの量なのでそれぞれ付け合わせに。

BlogPaint


こうして積み上げると、週明け早々ちょっとした達成感。

BlogPaint


保存に使っている「iwakiレンジ&パック」は追加注文中です。
中身が見えるガラス製にしてから、冷蔵庫内の管理がとても楽になりました。


先日新宿に行ったついでに高円寺まで足をのばし、
日本の手仕事・暮らしの道具店cotogotoの実店舗に行ってきました。
店舗でのお買いものは昨年6月以来です。

P1370783


今回購入したキッチンツールは以下の2品。
どちらも嬉しいプチプラです。

BlogPaint


家事問屋 ジャムバターベラ
BlogPaint


同じ家事問屋のあんベラを購入するつもりでいたのですが

s_c
画像はcotogotoさんよりお借りしています

思っていた以上に長さがあったので(ジャムバターベラ178mm/あんベラ208mm)
ジャムバターベラのほうにしました。
丈夫で硬いステンレス製で力を入れてもしなりません。
あんベラが完全なフラットに対して、こちらはなだらかに沿っています。


工房アイザワ 計量スプーン
BlogPaint

大さじ1・小さじ1・小さじ1/2・すりきりへらの4点セット。
継ぎ目がなく薄くて丈夫なステンレス製は使いやすいです。


自炊を始めた頃(20年近く前)に購入した計量スプーンも同じ工房アイザワのものでしたが、
引っ越しの繰り返しでいつの間にか大さじのみになってしまいました。

BlogPaint

大さじはよく使うので今後はそのまま2本常備することにします。


わが家のキッチンツール&カトラリー収納は口の広い空き瓶に立てるスタイル。

BlogPaint

①計量スプーン、小さい泡だて器、ジャムバターベラ、調理用のスプーン&フォークを各1本
②子ども用フォーク&スプーン(配膳のときに自分たちで取り出せるよう他のものは入れず)
③箸、菜箸(2セット)
④ティースプーン、デザートフォーク、バターナイフ

大人用のフォーク&スプーンや、登場頻度の高くないレンゲなどは
その他のキッチンツールと一緒に全て引き出しに収納しています。


キッチン関連以外にも念願のお買いものを一つ。


くわな鋳物 蚊やり器
BlogPaint

フローリングの部屋に合うように「籠」の模様にしました。
(こういう規則的なデザインが好みなのもあり)

いまどきめずらしいのかもしれませんが、昔から蚊取り線香が好きで
気配を感じようものならすぐに着火!
今年もすでに出現したので使い始めています。
とは言っても殺虫成分はやはり気になるので、
植物由来の天然成分を利用した「
りんねしゃ」の製品を使用。
防腐剤、着色剤、香料、化学合成品フリーです。


BlogPaint


重さがあって蓋もできるので安全。
薄くて省スペース、見た目も申し分なし!

BlogPaint

おかげで蚊が出てもイライラどころかむしろ「出番だ!」とばかりに嬉しくなってしまいます。


今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(ゆかり・塩海苔)
チキンチーズピカタ
・だし巻き玉子
・ひたし豆の塩茹で
・ミニトマト

常備菜の蒸しかぼちゃをうっかり入れ忘れたこともあって、
ピカタと玉子焼きが色かぶりして、全体的に黄色いお弁当に…

ちなみに、娘の幼稚園時代にも同じタイトルのお弁当記事がありました。
チキンピカタのお弁当
(昆布やきゅうりなんていつになったら食べてくるだろう…)


食べられそうなものばかり入れているので、
初回のハンバーグ以外はめでたく3回連続完食が続いています。

↑このページのトップヘ