kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2018年04月

白あえのあえ衣にはすりごまを加えるのが一般的ですが
くるみバージョンも好きです。

BlogPaint

お豆腐100gに対してくるみは30g。
完全にはすり潰さず、少し食感を残すのがポイントです。


■材料(作りやすい分量)

・ほうれんそう  1袋
・木綿豆腐  100g
・くるみ(無塩) 30g

・塩 小さじ1/3
・砂糖 小さじ1
・醤油 少々

■作り方

1.ほうれんそうは塩(分量外)を加えた湯で茹でて水にさらし、水気をよくしぼって5cm程度の長さに切る。
2.豆腐は電子レンジで2分ほど加熱して水気を切り、キッチンペーパーに包んでさらに水気をおさえる。
3.くるみを粗めにすり、塩、砂糖、醤油を加えてよく混ぜる。
4.2の豆腐を加えて混ぜ、ほうれんそうを加えて和える。


豆腐はしっかり水気を切り、くるみと同様に粗めに潰すのが好みです。

BlogPaint

娘はごまよりくるみの方がお気に入り。
これだと苦手なほうれんそうでも自ら箸を伸ばします。


月命日のお墓参りで立ち寄ってくれた両親がお土産に野菜を買ってきてくれました。
直売所の新鮮な野菜はできるだけその日のうちに調理!
とりあえず3品です。

BlogPaint


ほうれんそうのクルミ白和え。
レシピは別記事で。

BlogPaint


ちょっとスティックセニョールっぽい細めのブロッコリーは塩茹でに。

BlogPaint


肉厚で見るからにジューシーな椎茸はせっかくなので丸ごと形を生かして。
ツナと玉ねぎのみじん切りをマヨネーズで和えてこんもり詰めたら、
チーズを乗せてこしょうをふります。
このまま一時冷蔵保存OK。
食べる前にトースターでこんがりチーズが溶けるまで焼き、お醤油を少し足らします。

BlogPaint


ほうれんそう、ブロッコリー、椎茸以外にも、立派ないちごに春キャベツ、トマト、レモン、
長いも、大豆…ありがたい。

BlogPaint

キャベツはたっぷり半分使って、その日の晩ごはんはお好み焼きにしました。

野菜や乾物を目の前にするとテンションが上がります!
何を作ろうかな~。


お気に入りサイトcotogotoの連載「季節の恵みを大切にいただく保存食暦」より
たくまたまえさんに教わる春の豆のオイル漬けを作ってみました。

BlogPaint


豆の量は、ちょっと少ないそら豆130g、グリーンピース110g。

BlogPaint


茹でたてはホクホク!
そのまま食べたいところを今回は我慢してオイル漬けに。

BlogPaint


にんにくと合わせてペペロンチーノスパゲッティとか、クリーム系にも合うかなとか、
アレンジの想像が膨らみます。

BlogPaint


塩が溶ける翌日くらいからOKで2週間もつそうです。
一日経っても鮮やかな緑色のまま変わらず、塩加減もちょうど良い!
旬のうちにもう一瓶作ってしまうかも…


お友達にいただいたおすそ分けスパイスを使って火鍋をしてみました。
夫の帰りが遅い日を狙って、もちろん子どもたちは別メニューです。

BlogPaint

■材料(2人分)

・ごま油 大さじ2
・花椒 大さじ1~2(お好みで)
・にんにくのみじん切り 1かけ分
・生姜のみじん切り 1かけ分
・豆板醤 大さじ2
・鷹の爪 2本

【A】
・水 800ml
・鶏がらスープの素 大さじ2
・味噌 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・酒 大さじ3
・ラー油 大さじ1
・ホールスパイス(八角、桂皮、陳皮、生姜・カルダモン) 

BlogPaint

■作り方

1.鍋にごま油を熱し、花椒を入れて強火で素早く炒める。
2.香りが出てきたら、にんにく、生姜、豆板醤、鷹の爪を加えて焦がさないように注意して炒める。
3.【A】を加えて煮立てる。
4.具材を入れる。


具材は半端に残った材料の整理も兼ねてあるもので。
豚ばら肉、鶏もも肉、豆腐、水菜、レタス、人参、しいたけ、えのきだけ。

BlogPaint


締めは火鍋のスープに負けないラーメンにしました。
麺を入れる前に花椒やホールスパイスをすくって取り除いておきます。
落とし卵と青ねぎを絡めて。

BlogPaint

これぞ薬膳!という感じの複雑な香りと味わいで、辛いというより花椒にしびれます!
今回大さじ2入れてしまいましたが、わが家はもっと少なめでもよかったかも…
お鍋が仕切れるなら、ぜひとも同時に白湯スープでも食べてみたいものです。


4月11日放送の「あさイチ」のお料理コーナーにて
食育アドバイザーの和田明日香さんが紹介されていた
野菜ときのこたっぷり!ハンバーグ」を作ってみました。

BlogPaint

合挽き肉400gに対して、みじんぎりのえのきだけが100g!
他にも椎茸、玉ねぎ、すりおろし人参が入って本当に野菜たっぷりです。
(さやいんげんは目ざとい息子が見つけて手をつけない気がして省略。)


付け合わせの「キャベツののりのりサラダ」もそのまま作りました。
塩でしんなりさせているので食べやすく、青じそ、海苔、ごま油と風味も満点!

BlogPaint


番組内でもやわらかいと絶賛されていましたが、本当にふわっふわです。
肉々しい弾力のあるハンバーグももちろんいいけれど、
食べやすい上に無理なく野菜がとれるので、子どもには断然こちらでしょう。

BlogPaint


子どもは素直に喜び、夫は野菜ときのこの存在に気付かないくらい美味しいハンバーグ。
わが家でも定番にしていきたいです。


↑このページのトップヘ