kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2018年02月

バインミー専門店 an diで美味しかった「魚とトマト」バインミーを
おうちバージョンで再現してみました。

BlogPaint


まずは具材の鯖のトマト煮となますを準備。

BlogPaint


オリーブオイルでにんにくのみじん切り、赤唐辛子の輪切りを沸々させ、
トマト缶(1/2缶)、鯖の水煮缶詰め(190g)の汁を加え、
トマトを潰しながら煮詰めていきます。
とろりとしてきたら鯖を加えて2分ほど煮込めばメインの具は完成です。

BlogPaint


なますはan diさんにならってしっかり食感が感じられる太めの細切りに。
大根と人参をそれぞれ100g、塩を揉み込んで10分ほど置き、水気をよくしぼったら、
酢大さじ1と1/2、砂糖小さじ2、ナンプラー小さじ2を混ぜた合わせ酢をなじませます。

BlogPaint


バケットに切れ目を入れてトースターで温めている間に、鯖もレンジで軽く温めます。
きゅうり、なますと共にたっぷり挟んで、パクチー…ではなくてわが家は三つ葉を!

BlogPaint


本物を知らないのに、初めてが一度だけ食べた人の創作料理で申し訳ない…
と思いつつ、夫にも朝ごはんに試食をしてもらいました。

BlogPaint


なますとパン…?と訝しみつつ、ありかなしかで言ったら、「あり」とのこと!よかった。

それにしても、奥深いバインミーの世界。
バケットの選び方や具材の組み合わせなどいろいろ試していきたいです。





今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(玉子ふりかけ・ゆかり)
・甘塩銀鮭
・こんにゃくのだし醤油煮
・はんぺんのチーズはさみ焼き
・さつまいものレモン煮
・ミニトマト

鮭の切り身を焼いて、市販のはんぺんをソテーして、
あとは常備菜のこんにゃくとさつまいもという今週も簡単なお弁当でした。
鮭は骨を取り除き、お弁当サイズに切り分けてから焼くと身が崩れずきれいです。

BlogPaint

この日はおにぎりをめずらしく1個丸々残してきました。
時間がなかったのかお腹がいっぱいだったのか…?
お魚はなんでも好きなので鮭は皮まできれいに完食でした。





ホールスパイスを砕いて配合した五香粉を使ったお料理第2弾。
台湾料理の魯肉飯を作ってみました。

BlogPaint

お世話になっている「きょうの料理」のサイト(みんなのきょうの料理)より
枝元なほみさんのレシピを参考にしつつ大人2人分にアレンジしてみたので、
材料のみ覚え書きを。

ちなみにこちらのレシピは2012年8月放送の枝元さんが台湾に行くスペシャル回にて紹介。
当時観ていた記憶があります!


■材料(2人分)

・豚バラ肉(ブロック) 250g
・卵 2こ
・フライドオニオン 大さじ3

・サラダ油 小さじ1
・黒糖 ひとかけ(大さじ1程度)
・酒 大さじ2
・醤油 大さじ2
・水 250ml
・オイスターソース 小さじ1
・五香粉 小さじ1/2


豚肉は角切りではなく5mm程度にスライス。
揚げ玉ねぎはフライドオニオンで代用し、鍋はストウブのココットラウンドを使用。
落とし蓋をして15分→蓋をして10分→オイスターソースと五香粉を加えてさらに5分。
元のレシピはトータル45分なので、切り方と鍋の違いで少しだけ時短です。

BlogPaint


ポイントは豚バラ肉の選び方と水分量。
ブロックを切って使うので、脂身が均等に入る形状のものを選ぶのが良いです。
仕上げ段階にもポイントがあり、最後に加えるフライドオニオンが煮汁を吸うので
煮詰めるときの見極めが大事です。

実は今回は2回目。
初回は以上の2点で失敗してお肉のパサつきと煮汁の少なさが気になったのでした。

そして、煮卵よりも何よりも紅生姜が抜群に合うので絶対に添えるのがおすすめです!





久しぶりの常備菜作りです。

BlogPaint

・ししゃもと野菜の南蛮漬け
・さつまいものレモン煮
・こんにゃくのだし醤油煮


ししゃもの南蛮漬けは、片栗粉をまぶして揚げ焼きにしたししゃもと、
野菜(水菜・玉ねぎ・人参)に煮立てた合わせ酢をかけたもの。
盛り付けたものは過去の記事に→常備菜で晩ごはん

BlogPaint


さつまいも(シルクスイート)はレモン煮に。

BlogPaint


下茹でした玉こんにゃく、かぶるくらいの水、だしパックを鍋に入れ火にかけ、
沸騰したらパックを取り出して、酒と醤油を加えて15分ほど煮たもの。
あとは煮汁ごと冷ましてそのまま保存すれば味がよく染みます。

BlogPaint


だしパックはお友達からいただいた九州のお土産です。
(筑紫野市・味の兵四郎)

BlogPaint

国産素材にこだわった昆布、焼きあご、干し椎茸、鯖節、煮干し、鰹節の6種のだしに
塩、醤油、砂糖などの味がついていて、これだけで味が決まるというもの。


お煮しめなどしっかり味を煮含めたいお料理に向いています。

BlogPaint

こちらも過去の記事に→ストウブでお煮しめ





東京ドームで2月4日~12日に開催されていたテーブルウェア・フェスティバル2018に
初めて行ってきました!

ドームは母と妹と3人で行ったサイモン&ガーファンクルの来日公演以来。
(2009年だったのでもう9年も前!)
平日の午前中でこれくらいの混雑具合でした。

s_P1360286


まずは順路通りに特集企画の一つ、「英国-Style of Life」を見学。
(解説は無理なのでひたすら写真が続きます)


リチャードブレンドン

s_P1360287

s_P1360288

2013年に創立されたという現代的なデザインの新しいブランドだそうです。


ロイヤルクラウンダービー

s_P1360290

逆にこちらは1750年創業の歴史ある陶磁器ブランド。


次に各国の陶磁器・ガラス&クリスタルブランドの器を
テーマカラーを元にコーディネートした「“彩・色・美”の食卓」という企画へ。


ベルナルド(フランス)

s_P1360292

s_P1360293


ヴェルサーチ/ローゼンタール(ドイツ)

s_P1360294

s_P1360295


モーゼル(チェコ共和国)

s_P1360296

s_P1360297


「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」というコーナーに遭遇。
アンテナに引っかかったのは“あさか野”の文字です。
こういうところで突然発動する不思議な郷土愛…

s_P1360298

避難指示区域で土がとれなくなってしまった被災地の窯元が
県内の各地に移転して事業を再開されているそうです。


いつかは東京ショールームにも行きたいと思っている白山陶器。
(販売ブースのほうは写真撮影NGですが、展示ブースはOKでした。)

s_P1360299


天目の角皿とお重…とっても好み。

s_P1360300

長いほうの箸置きは相当迷って今回は見送りました。


どんぶりの特設会場!

s_P1360301

s_P1360302


すり鉢コーナー。

s_P1360303

少し小さめの卓上に出せるようなものを探していたのですが、
いいなと思ったものは完売でお取り寄せ扱いでした。
また根気よく探すことにします。


美濃焼のブースでは、わが家でもお世話になっているカネコ小兵製陶所のぎやまん陶が。

s_P1360307


そしてリンカシリーズも。
勢揃いしていたので思わず撮影。

s_P1360308


楽しみにしていた波佐見焼のブース。

s_P1360309


最近はこんな感じも好みです。

s_P1360310


憧れの薗部産業のめいぼく椀。

s_P1360311

一度にこんなにたくさん展示販売される機会はなかなかないのでは?
毎年出店があるならば、お椀貯金でもして来年こちらで選びたいと思います。


豆皿の展示販売も充実していました。

s_P1360312


他にもびっくりするようなヴィンテージのお品が並ぶブースや、
まだまだ年齢不相応の上質な漆器、切子などを横目に一通り回りました。
会場が広い上に、コート類を預けないでいたら相当暑かったので、
ゆっくり見て回って1時間半くらいで退場しました。

それでも一年に一度の器の祭典はかなり楽しめました。
都合がつけば毎年行きたいものです。




↑このページのトップヘ