kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2018年02月

タイトルの通り、最大のお料理ブログサイト「レシピブログ」に登録をしてみました。
…が、機能が多くてまだどういうものなのか全貌が見えておりません。

こんなブログパーツ↓よく見かけるなぁ!とただ感動しているところです。



とりあえず基本情報を入力して、バナーを貼ってみました。
好きなブロガーさんは現在日本ブログ村のほうで登録させてもらっていますが
今後はうまく両方チェックしていけたらと思います。

そんなわけで、お料理好きの同志のみなさま!
新入りkana-kitchenをよろしくお願いいたします。

今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(鮭フレークと海苔・ゆかり)
・うずらの卵の肉巻き
・ポテトフライ
・茹で鶏
・ブロッコリーの塩茹で
・ミニトマト

BlogPaint

久しぶりのうずらの卵の肉巻きは、スコッチエッグより圧倒的に簡単!
14cmの小さいフライパンで1個だけ作りました。
豚バラ肉のスライス1枚をグルグル3重くらいに巻き、粉をまぶして焼いたら、
砂糖、みりん、醤油、酒で照り焼きにします。

隙間に常備菜の茹で鶏を入れたり、おにぎりに鮭フレークを使ったりして
気付いたらたんぱく質が多めのお弁当となりました。





とらやさんが出店しているトラヤカフェの「あずきとカカオのフォンダン」をイメージして、
いつものガトーショコラにこしあんをプラスしてみました。

BlogPaint

都心に勤務していた妹が六本木ヒルズのトラヤカフェに感激して
「一緒に行こう!」と誕生日に合わせて案内してくれたのが8年ほど前。
妹を偲んで仲良しの従妹と一緒にジブリ展とセットで再訪したのが2016年8月。
そのうち夫も連れて行こうと思って久しぶりに調べたら、なんと先月閉店に。
一昨年の時点でお店の雰囲気も席も、妹と来たときと変わっていなかったので
閉店はとても残念です。

気を取り直して、覚え書きでレシピを。

■材料(16cmのパウンド型1台分)

・クーベルチュールチョコレート(ダーク使用)100g
・無塩バター 60g
・卵 2こ
・こしあん 100g
・薄力粉 20g
・ココアパウダー 大さじ2

■作り方

1.チョコレート(板状の場合は刻む)を湯せんにかけてとかす。
2.1にバター、こしあんの順に加え、なめらかになるまで混ぜる。
3.卵黄をハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。
4.2に3を加えて混ぜ、薄力粉とココアパウダーをふるいながら加え、泡立て器で底から返すようにさっくり混ぜ合わせる。
5.卵白を角が立つまでしっかり泡立て、4に3~4回に分けて泡立て器で泡をつぶさないように、色が均一になるように手早く混ぜ合わせる。
6.オーブンシートを敷いた型に流し、160℃に予熱したオーブンで25分焼く。
7.型から外しオーブンシートをはがして冷ます。冷蔵庫で一晩以上寝かせる。


こしあんはチョコレートと同量の100g。
砂糖は加えず、ココアパウダーを増量してできるだけ重くビターな仕上がりに。

BlogPaint


結構入れたつもりのあんこですが、あんこ感が思ったより出ない…
夫からも「普通においしいけれど言われなければわからない」との評。
どっしり目の詰まった生チョコ系で好みではありますが、インパクトはないかな。
次回はもっと思い切ってあんこ増量で焼きたいと思います。




娘は2~4歳の長期間にわたってどっぷりハマったアンパンマン。
子鉄の息子は通らない道だと思っていたのですが、
最近じわじわとアンパンマン熱が高まってきたので
横浜在住のお友達にお付き合いいただき、アンパンマンモールに行ってきました。
(息子以外は年齢的にミュージアムは厳しいのでモールのみ!)

広場でのイベントでアンパンマンたちに会えて何よりでした♪

s_P1360487


みんなで楽しみにしていたのはこちら。
子どもの夢が詰まったパン屋さん&カフェです。

s_P1360525


見ているだけでもウキウキするかわいいパンたち!

s_P1360507


特に女の子キャラクターたちの完成度が高いです!

s_P1360506


どれにするか、並んでいるときから息子の心は決まっていました。

s_P1360508


2階のイートインコーナーはいつでも席が空いているので
この日も食べて帰ることにしました。
(箱が大きくてテイクアウトが大変という理由もあって…)

s_P1360509
お姉ちゃん2人は今月限定のハートの目のドキンちゃん(イチゴクリーム)
弟くんは王道のアンパンマン
お友達はロールパンナちゃん
わたしははじめてのクリームパンダちゃん


ということで、息子が選んだのはばいきんまんでした!

s_P1360518


味重視で選んだちょっと色が濃いめのクリームパンダちゃん。

s_P1360523


食べるのがもったいないくらいかわいいロールパンナちゃん。
(娘にせがまれてよく描いたなぁ…)
2つの心を持っていることから、クリームもカスタードとチョコの2色入り。
こういうストーリーが入っているところも高ポイントです!

s_P1360524


ワンドリンクオーダー(1グループ1つでもOK)でイートインが利用できて
めいけんチーズからのプレゼントで骨のかたちのパンがついてきます。

s_P1360522


イベントではばいきんまんには会えなかったけれど、
大きなぬいぐるみとツーショットが撮れて嬉しい息子。
(自分で見つけて「撮って~!」と頼んでくるくらい好きだとわかりました。)

BlogPaint


おみやげには絵本を一冊買って帰りました。
ばいきんまん推しの息子が本を選ぶ基準は、
「いかにばいきんまんがかっこよく活躍しているかどうか」!
落雷しているばいきん城、大きなマシンを操縦する姿などが心をとらえたようです。





何度も作っている菰田欣也シェフの「ピリ辛ひき肉焼きそば」。
このたび五香粉を加えてわが家の黄金レシピとして完成したので、
覚え書きでレシピを。

BlogPaint

■材料(2人分)

・中華麺 2玉
・豚ひき肉 100g

【A】
・酒 小さじ1
・豆板醤 小さじ1
・甜麺醤 小さじ2
・醤油  小さじ1
・五香粉 小さじ1/2

【B】
・鶏がらスープ 120ml(顆粒鶏がらスープ小さじ1/2+水120ml)
・砂糖 小さじ1/2
・醤油 小さじ1/2

・サラダ油 小さじ1
・卵 2こ
・細ねぎ 適量

■作り方

1.麺に酒、醤油を各少々ふってなじませ、サラダ油をひいたフライパンで両面をカリッとするまで焼いて取り出す。
2.豚ひき肉を炒め、色が変わったら【A】を順番に加えて炒める。
3.【B】を加えて煮立たせ、1の麺を戻してスープを吸わせながらほぐしていく。
4.水分を飛ばすように炒め、小口切りにした細ねぎを加えて炒め合わせる。
5.同時進行で焼いていた目玉焼きを乗せる。

BlogPaint

以前の麺3玉レシピで作っても、子どもたちは辛くて別メニューになってしまうし
夫もそれほど量を欲しなくなってきたので2玉バージョンに。

温泉玉子よりは手軽な目玉焼きにし(白身の食感で目玉焼きの方が好み)
ひき肉には五香粉をプラスしたら、風味がグンと本格的になりました。
青ねぎは思い切ってふたつかみくらい入れています。





↑このページのトップヘ