kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

2017年02月

タカノフーズのおかめレシピより、豆腐のもちもちドーナツを参考にして作りました。

BlogPaint

ふわふわで冷めてもおいしいし、焦げにくいし、普通のドーナツよりもわずかにヘルシー。


ホットケーキミックスはコープの全粒粉のものが好き。
香ばしくて何もつけなくてもおいしいホットケーキが焼けます。

BlogPaint


配合は全粒粉ミックス1袋(200g)に対して、タカノフーズ絹美人1パックです。

BlogPaint


■材料(約12こ分)

・ホットケーキミックス(全粒粉ミックス使用) 200g
・豆腐(充填絹使用) 150g
・牛乳 大さじ3

・揚げ油
・トッピング(きな粉、グラニュー糖、粉砂糖、ココナツパウダーなど)

■作り方

1.豆腐をつぶしてなめらかにしたところにその他の材料を加えて混ぜ合わせる。
2.サラダ油を火にかけ、ぬるいうちにスプーンを2本使って丸めて落とす。
3.弱火で表面がきつね色になって泡が少なくなるまで返しながら揚げる。
4.油を切り、お好みのトッピングをまぶす。


まぶしているのはきな粉シュガーといちごシュガー。
いちごシュガーはいただきものです。

BlogPaint


まぶすとわかりにくかな…ところどころにいちごが。

BlogPaint


ホットケーキミックスのアレンジお菓子はどっしり重くなりがちで得意ではないのですが
こちらのレシピは軽い仕上がりで気に入っています。





思いっきり時期外れで恐縮ですが…
冷たい麺に添えたいおすすめのつけつゆのレシピです。

BlogPaint

つゆのベースは酒が入って甘さも控えめのキリッとした辛口。
そこにさまざまな具材が入ることでまろやかになります。
めんつゆを使う場合は醤油を少し足します。

■材料(4人分)

・豚バラ肉 150g
・ナス 2本
・凍み豆腐 2枚 ※高野豆腐なら1枚
・しめじまたはえのきだけ 50g

【A】
・鰹昆布だし 350ml
・醤油 80ml
・みりん 50ml
・酒 50ml

・麺(そうめん、ひやむぎ、うどんなど) 適量 
・青ねぎ 少々

■作り方

1.豚バラ肉は細かく切り、ナスは短冊切りにして水にさらす。高野豆腐は戻して短冊切りにし、しめじはほぐす。
2.鍋に【A】を沸かし、1をすべて加える。あくをとり、弱火で3分ほど煮て冷ます。
3.麺は表示通りに茹で、流水で冷やして水気をよく切る。
4.器に盛り、青ねぎを散らす。


豚バラ肉からはこくが出て、きのこからはうまみが。
食感を考えるとえのきかしめじがベストだと思っています。
ナスと高野豆腐は味が染みるので大切。
(高野豆腐の代わりに油揚げにして、豚肉はバラ以外の油の少ない薄切り肉ということも。)

BlogPaint

冷たい麺がおいしい季節には頻繁に登場するつけつゆです。



にほんブログ村

先日の祖父母の法事での伊豆日帰り旅で、
わさびとしいたけ以外にも貴重なものをいただいてきました。

刃渡り20cmの包丁です。

BlogPaint

祖母は母が小さい頃から新聞や雑誌を頼りにお取り寄せや通販を駆使して、
ありとあらゆる料理をし、洋菓子も和菓子も趣味だった料理研究家のような人でした。
(ちなみに洋裁も和裁もできて、自分で仕立てた着物で過ごすという女子力の高さ!)
調理道具マニアでもあり、包丁コレクションもかなりの数だったとか。
その中から切れ味の良い刺身包丁を譲っていただきました。

伯父さんが砥石で砥いでくれたおかげもあって、鶏肉なら皮も筋もスパスパ切れる!
夫もキャベツの千切りをして感動していました。
シャープナーしか持っていないので、砥石を買わなければ。


それからもう一つ…

BlogPaint

祖母の切り抜き料理本です。
こちらは新聞のようですが日付部分はなく、とにかく古いことだけは確か…。

祖母のメモを伯母が書き写して今でも参考にしているというレシピの数々。

BlogPaint

菜の花漬けから、ホットピーチ(デザートらしい)まで、
たった1ページの抜粋でもその守備範囲の広さがわかります。
気になるページはいくつか写真を撮ってきました。


帰りは踊り子に乗車。

s_P1300449

スーパービューではなかったけれど、留守番している息子のことがふとよぎりました…


お土産に買ったのは猪最中。

BlogPaint

昔「天城いのしし村」(通称うりぼう村)というイノシシのテーマパークがあって
懐かしさもあって買ってみました。
中身は夫と娘の大好きな最中です。

BlogPaint

娘は一目見て「モグラだ!」と言い放ちました。



にほんブログ村

漬けだれさえ作ってしまえばあとは時間がおいしくしてくれる
忙しい日にも助かるレシピ。
たっぷりすぎる生姜とお醤油でエスニックというより和テイスト。
ごはんが進むタンドリーチキンです。

ストウブで蒸した野菜と一緒に。

BlogPaint

■材料(鶏もも肉2枚分)

・鶏もも肉 2枚(600g)

【A】
プレーンヨーグルト 200g
にんにくのすりおろし 3かけ分
生姜のすりおろし ゴルフボールくらい
レモン汁 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1と1/2
ナンプラー 小さじ2
塩 小さじ1
カレー粉 小さじ2
パプリカパウダー 小さじ1/2 (なくてもOK)

サラダ油 少々

■作り方

1.鶏肉は厚みをそろえて大きめに切り分ける(4等分くらい)。両面に数か所フォークをさす。
2.【A】を混ぜ合わせたところに鶏肉を入れてもみ込み、そのまま冷蔵庫で3時間~半日ほど漬け込む。
3.フライパンにサラダ油を熱し、漬けだれをバターナイフなどで落として表面が固まるまで強火で焼く。
4.オーブンを200℃に予熱しておく。天板にアルミホイルかオーブンシートを敷き(汚れ防止)、その上に焼き網を乗せ、皮目を上にして並べる。様子を見ながら皮に焼き目がつくまで15分~20分焼く。

4の工程は魚焼きグリルでも。
オーブンよりも注視しながら、目安は10分です。
わが家はグリルが両面焼きタイプではないのでオーブンで焼いています。

パプリカパウダーは味や香りにほとんど影響を与えないので、なくてもOK。
色付けに加えているだけです。
入れるとカレー粉だけよりもおいしそうな色に仕上がります。

BlogPaint

先日わさびをいただいたお料理上手な伯母さんのおすすめレシピで作りました。
生姜がゴルフボールくらいというのもそのまま引用しています。
すっているときは大丈夫かなと思うくらい大量!
でもヨーグルトのおかげで角が取れるのか、よく馴染んでいます。


付け合わせはストウブで蒸し焼きにした野菜。

BlogPaint

じゃがいも、ナス、パプリカ、にんじん、しいたけ、ブロッコリー。
オリーブオイルを小さじ2、洗った野菜を入れて塩をふり、ふたをして弱火で20分。
ブロッコリーのみ残り5分のところで入れます。
ストウブで蒸した野菜はなんでもおいしいけれど、今回感動したのは、ナス!
素揚げなんかにしなくても少量のオイルでとろける食感になります。

BlogPaint

娘はパンチの利いたタンドリーチキンもよく食べましたが、
ストウブで調理した野菜のおいしさにもどんどん目覚めていて
最近のブームはじゃがいもとパプリカだそうです!


 

今日の娘のお弁当です。

BlogPaint

・ごま塩ごはん
・ホタテのフライ
・はんぺんのチーズはさみ焼き
・さつまいものレモン煮
・きゅうり(ごまドレッシング)
・みかん

フライの衣には刻んだパセリを混ぜています。
少量の揚げ物なので、衣に卵は使わず水溶き天ぷら粉で。
これだけでかなりフライのハードルが下がります。

BlogPaint

さつまいもはシルクスイートという品種。
型抜きしたはんぺんと、飾り切りきゅうりで手抜き感が軽減…?


今日もまた強風。
いくら暖かい風でも「さむーい!」と連呼しながら、
飛ばされそうなくせに手をつなぐのをやんわり拒否する息子と買い出しに行くのは大変です。



にほんブログ村

↑このページのトップヘ