タイトルからお分かりの通り、ネガティブなお話です。


夫がバターと間違えてファットスプレッドを買ってきてしまいました。
しかも大容量サイズで!
マーガリンやファットスプレッドは加工食品ではほぼ避けて通れないので
せめてそのまま使うのだけは避けたいところ。
無塩漬ソーセージやハム以上に気を遣っています。
それなのに…

そのことをよく理解しているため、わたしの「バターじゃない…」の一言に固まる夫。
すぐに購入したお店に電話をしてみるも、生鮮食品のため返品不可。
重苦しい空気が流れます。

夫が「…俺が全部食べるからさ…」と申し出てきましたが、
総量はバター3箱分に相当する450g。
自分と子どもたちだけがトランス脂肪酸を摂取しなければいいと思っているわけではないので、
夫が消費してくれたら解決!とはなりません。
添加物と水分でかさ増ししているものだから!と捨ててしまえたら簡単ですが
食品は食品、なかなかそうともいかず。

結局冷蔵庫で寝かしたのち(微々たる量ながら夫は地道にパンに塗っていた)
マーガリンで作ることを推奨しているスコーンのレシピがあったことを思い出しました。
捨てられないのなら仕方がない。もう開き直って摂取する方向で。
ただし、できる限りおいしく変身させて…


■材料(作りやすい分量)

・薄力粉 300g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・ファットスプレッド 60g
・卵(Mサイズ) 1こ
・砂糖 大さじ3
・牛乳 大さじ1~2

・ココアパウダー…小さじ1
・オレンジピール…大さじ1
※ドライフルーツ、ナッツ、チョコレート、ピーナッツバター(チャンク)などでも

■作り方

1.薄力粉はベーキングパウダーとともにふるいにかける。
ファットスプレッド(またはバター)は1cm角に切る。

2.粉にファットスプレッド、溶きほぐした卵、砂糖を加え、スケッパーで切るように混ぜ合わせる。

3.混ぜ込む材料を加え、手でひとまとめにする。

4.ラップをして冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。

5.打ち粉をした台の上でめん棒を使って三つ折りにして2cmの厚さにととのえる。
型抜きまたは放射状に切るなどして成形する。

6.190℃のオーブンで15分焼く。


BlogPaint

粗熱が取れたらラップに包んで冷凍します。
食べるときは電子レンジで少し加熱してからトースターで数分焼くと、焼きたての美味しさが復活します。

BlogPaint

ほろほろサクサクで軽い食感。
オレンジピールもココアパウダーもいい感じ。

ただ、混ぜている最中から焼き上がるまでずっとバターではない油脂の香りが…
かといって全量バターだと重くなってしまうので、
できればトランス脂肪酸フリーのショートニングとバターを合わせるとか
オリーブオイルなどで作るのがいいと思います。

計量したら残りは370g…
まだまだ、ある!

全部消費するのはちょっと無理なのではないかと弱気になっています。
普段は捨てるのを嫌がる夫も、今回ばかりはノーコメント。
それはやはり味に難ありなのかもしれません。