漬けだれさえ作ってしまえばあとは時間がおいしくしてくれる
忙しい日にも助かるレシピ。
たっぷりすぎる生姜とお醤油でエスニックというより和テイスト。
ごはんが進むタンドリーチキンです。

ストウブで蒸した野菜と一緒に。

BlogPaint

■材料(鶏もも肉2枚分)

・鶏もも肉 2枚(600g)

【A】
プレーンヨーグルト 200g
にんにくのすりおろし 3かけ分
生姜のすりおろし ゴルフボールくらい
レモン汁 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1と1/2
ナンプラー 小さじ2
塩 小さじ1
カレー粉 小さじ2
パプリカパウダー 小さじ1/2 (なくてもOK)

サラダ油 少々

■作り方

1.鶏肉は厚みをそろえて大きめに切り分ける(4等分くらい)。両面に数か所フォークをさす。
2.【A】を混ぜ合わせたところに鶏肉を入れてもみ込み、そのまま冷蔵庫で3時間~半日ほど漬け込む。
3.フライパンにサラダ油を熱し、漬けだれをバターナイフなどで落として表面が固まるまで強火で焼く。
4.オーブンを200℃に予熱しておく。天板にアルミホイルかオーブンシートを敷き(汚れ防止)、その上に焼き網を乗せ、皮目を上にして並べる。様子を見ながら皮に焼き目がつくまで15分~20分焼く。

4の工程は魚焼きグリルでも。
オーブンよりも注視しながら、目安は10分です。
わが家はグリルが両面焼きタイプではないのでオーブンで焼いています。

パプリカパウダーは味や香りにほとんど影響を与えないので、なくてもOK。
色付けに加えているだけです。
入れるとカレー粉だけよりもおいしそうな色に仕上がります。

BlogPaint

先日わさびをいただいたお料理上手な伯母さんのおすすめレシピで作りました。
生姜がゴルフボールくらいというのもそのまま引用しています。
すっているときは大丈夫かなと思うくらい大量!
でもヨーグルトのおかげで角が取れるのか、よく馴染んでいます。


付け合わせはストウブで蒸し焼きにした野菜。

BlogPaint

じゃがいも、ナス、パプリカ、にんじん、しいたけ、ブロッコリー。
オリーブオイルを小さじ2、洗った野菜を入れて塩をふり、ふたをして弱火で20分。
ブロッコリーのみ残り5分のところで入れます。
ストウブで蒸した野菜はなんでもおいしいけれど、今回感動したのは、ナス!
素揚げなんかにしなくても少量のオイルでとろける食感になります。

BlogPaint

娘はパンチの利いたタンドリーチキンもよく食べましたが、
ストウブで調理した野菜のおいしさにもどんどん目覚めていて
最近のブームはじゃがいもとパプリカだそうです!