大根の美味しい季節になるとよく作るわが家の定番の一つ、
骨付き鶏肉と大根のさっぱり煮。
いつもは圧力鍋で作るものを材料と調味料はそのままにストウブで作ってみました。

BlogPaint

■材料(4人分)

・鶏手羽元または手羽先 16本(約1kg)
・大根 500g

【A】
・酢 大さじ3
・酒 大さじ3
・砂糖 大さじ1
・水 1/2カップ                                                                                                                                                                                                    

・醤油 大さじ3
・生姜の薄切り ひとかけ分
・サラダ油 少々
・塩 少々

■作り方

1.鶏肉に塩をふって室温に戻し、サラダ油を熱したブレイザーで焼き色がつくまで焼いて取り出す。
2.大根は厚めに皮をむいて乱切りにし、1のフライパンで同じように焼き色がつくまで焼く。
3.1の鶏肉を戻し、【A】を入れて蓋をして弱火で30分煮込む。
4.醤油を加えてさらに10分煮込む。
5.蓋を取って生姜の薄切りを加え、上下を返しながら煮詰める。

大根は旬の今は下茹でしていません。

BlogPaint

圧力鍋で作ると煮凝りができて、ホロホロ崩れてしまうほど柔らかくなります。
ストウブでも時間はかかりますが同じように箸で崩れるまでに。
大根はストウブのほうが味が染みつつも適度に食感が残り、美味しく感じられました。


圧力鍋での作り方は以下の通りです。

1、2の工程をフライパンで。
3で鶏肉、大根、【A】の調味料(※水は材料がかぶるくらい)、を圧力鍋に入れ、沸騰後5分加圧。
自然冷却してフライパンに戻し、醤油、生姜を加えて上下を返しながら照りが出るまで煮詰める。

わが家の圧力鍋は3.8Lですが直径が20cmと小さい寸胴タイプなので、
焼いたり煮詰めたりするのは大きなフライパンのほうが楽で、移し替えをしています。


ストウブも圧力鍋もいずれも美味しくできるおすすめのレシピです。