kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

先日、千葉県から新米が届きました。
今回は「千葉県産米需要拡大推進協議会×レシピブログ」のコラボ広告企画です。

P1060473

わたしは千葉県の玄関口で育ちました。
社会人になって仕事ではじめて赴任したのも千葉県の海辺の町。
夫も学生時代は千葉県で過ごし、現在も親戚が住んでいるという何かとご縁のある県です。

モニター募集を知った8月末にはまさかこんなことになるなんて…
心配になってリーフレットを読んだところ、稲刈りは関東で一番早い8月中旬から。
台風シーズン前に刈り取るのだそうです。
無事に全ての新米の収穫が終えられていると信じたい。
報道で見知った地名が出るたびに早く復旧してほしいと願うばかりです。


さて、テーマは「スピード混ぜごはんレシピ」。
いただいた新米を炊いて混ぜごはんを作っていきます。
まずは火を使わない簡単レシピです。

P1060502

■材料(2人分)

・千葉県産コシヒカリ新米 1カップ(180ml)
・小松菜 2把(100g)
・ちりめんじゃこ 大さじ3
・煎りごま 大さじ1
・塩 小さじ2/3

■作り方

1.千葉県産コシヒカリ新米は洗い、ざるに上げて自然に水を切る。30分ほど浸水して炊く。
2.小松菜はよく洗ってみじん切りにし、塩を加えて揉み、5分ほど置いてから水気をしぼる。
3.炊き上がったごはんに2、ちりめんじゃこ、煎りごまを加えてさっくりと混ぜ合わせる。


大根の葉を使った菜めしに比べて辛みや苦味がなく、塩揉みだけでも食べやすくておすすめ。
小松菜・ちりめんじゃこ・ごまはカルシウム豊富な食品の代表格でもあります。

P1060505


ごま油を少々加えてオイルおにぎりにしたバージョンも。

P1060506

粘りがあって甘みがあってツヤツヤの新米。
ありがたくいただいています。


【レシピブログの「ちばのお米でおいしい♪スピード混ぜごはんコンテスト」参加中】
スピード混ぜごはん料理レシピ
スピード混ぜごはん料理レシピ



先日、趣味で通っているコーラス関連のみなさんと素敵ランチをする機会がありました。
祖師谷のイタリアンのお店だったのですが、おまかせコースで出てきた一品が美味しくて!
それがシンプルなブロッコリーとしらすのペペロンチーノでした。

特徴はブロッコリーが刻んであって具というよりソースであったこと。
早速一人のおうちランチで再現です。

P1060500

■材料(1人分)

・スパゲッティ 100g
・ブロッコリー 30g
・しらす 大さじ2
・にんにく ひとかけ
・赤唐辛子 1本
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2
・塩 適量

■作り方

1.ブロッコリーは粗みじん切りに、にんにくはみじん切りにする。
2.スパゲッティは塩を加えたたっぷりの熱湯でくっつかないようにかき混ぜながら表示より1分短く茹でる。茹で上がる3分前にブロッコリーを加える。
3.フライパンにオリーブオイル大さじ1、にんにく、赤唐辛子を入れて弱火で熱し、焦がさないように1~2分炒める。
4.茹で上がったスパゲッティ、ブロッコリー、茹で汁大さじ4、オリーブオイル大さじ1を加えて手早く炒め合わせる。塩加減をみて足りなければ加える。


P1060499


ブロッコリーはあえてくたくたに茹でてスパゲッティになじむようにします。
しらすも炒めずに最後に合わせると水分とオイルと旨みを吸ってふっくらして美味しいです。

P1060498

身近な材料でできて手順も簡単!
スパゲッティのレパートリーが一つ増えました。


「フーディストアワード2019スペシャルBOXモニタープレゼント」でいただいた商品のお試しです。

昭和産業さんの「ケーキのようなホットケーキミックス」で2品目。
今回はりんごと合わせて蒸しケーキを作ってみました。

P1060496


バターミルクパウダーの風味とバニラの香りがリッチなミックスです。

P1060245


■材料(ココット型/8号のカップ6こ分)

・卵 Mサイズ1こ
・りんご1/2個
・ケーキのようなホットケーキミックス 100g

・砂糖 大さじ1
・米油(サラダ油でも可) 大さじ1
・牛乳 大さじ4

■作り方

1.卵に砂糖を加え、ハンドミキサーで白っぽくもったりするまで混ぜる。
2.りんごをすりおろしながら加え、米油、牛乳を加えて混ぜ合わせる。
3.ケーキのようなホットケーキミックスを3回くらいに分けて加え、粉が消えるまで混ぜる。
4.カップを敷いたココット型に入れ、蒸気の上がった蒸し器にセットして強火で20分蒸す。


ミルク風味のミックスとりんごの甘みが相性抜群。

P1060493


蒸しケーキは焼くのとはまた違った優しい味わいです。

P1060497


モニターコラボ広告企画に参加しています。
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019


「シャウエッセン×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加しています。

P1060485


今回いただいたのは「あらびきミートローフ&オードブルチーズローフ」です。

s_P1060490

こちらはシャウエッセンに仕上げる前のお肉を使った新しい形の商品。
シャウエッセンのジューシーさはそのままに、切り方次第でいろいろな食べ方ができます。


今回はスライスしてバーガーにしてみました。

P1060489


■材料(2人分)

・バンズ(全粒粉ピタパン使用) 2こ
・シャウエッセンあらびきミートローフ 1/2袋(約70g)
・卵 1こ
・牛乳 小さじ1
・レタス 適量

・塩 少々
・バター 5g
・ケチャップ 適量
・粒マスタード 適宜

■作り方

1.あらびきミートローフは4等分の斜めそぎ切りにし、フッ素加工されたフライパンで油をひかずに焼く。両面にこんがり焼き色をつける。
2.卵に牛乳と塩を加えて混ぜ、バターを熱したフライパンでオムレツにする。2等分にしておく。
3.バンズは横にスライスし、トースターで軽く温める。
4.3の一方にレタス、1、2を乗せてケチャップをかけ、お好みで粒マスタードを塗ってサンドする。


フライドポテトをつけてファストフード店風にしたら、子どもたちもテンションアップ!

P1060477


ミートローフはあらびきで弾力があるけれど、ハムよりはやわらかい食感。
シャウエッセンの脂の粒がところどころに感じられ、旨みがあってジューシーです。
ひき肉のパティとベーコンのいいとこどりと言ったら近いかも。

P1060488

フレッシュネスバーガーではベーコンオムレツバーガーのファンなので(ほぼ一択!)
個人的にはとても好きな組み合わせでした!


【「あらびきミートローフ」レシピモニター参加中 】
ミートローフのアレンジ料理レシピ
ミートローフのアレンジ料理レシピ


娘の遠足の日のお弁当です。

P1060456

・おにぎり(海苔と塩・鮭ふりかけ)
・エビフライ
・塩玉子焼き
・さつまいもの甘露煮
・ミニトマト
・スナップエンドウ

お弁当の定番といえば息子のリクエストはいつもから揚げですが、娘は断然エビフライ。
見返したら昨年の遠足のお弁当もほぼ同じメニューでした。


息子も週に一度のお弁当の日。

P1060463

男子だけどハートの玉子焼きに喜びます。
エビの尻尾はあらかじめ取っておいてほしい派。(残すのが嫌なのだそうです)


先週の宣言通り、夫も一緒にお弁当持参。
ごはんには高菜漬け。

P1060466

100均でシンプルなお箸のケースを買いました。


エビは衣付けをしておき、さつまいもは煮ておく、スナップエンドウは茹でておくなど
おかずはほぼ前日準備。
それでも朝ごはんと並行して出発の早い娘に合わせて作るのは大変!

P1060462

どうにかこうにか完成したお弁当です。


今回の遠足を機に3年ぶりに娘のリュックサックを新調しました。

P1060435

一気に10Lアップしてこれまでの倍の20Lに。
親としてはのちに息子と共用できるよう無地が希望だったのですが…ドット柄。
それでも買ったあとすぐにお店から背負って帰るくらいお気に入りとなりました。
荷物が多くて重いはずなのにいつものように「重い~!」と文句を言うこともなく
ウキウキで出かけて行きました。

今回の遠足は通学→最寄駅まで→下車して目的地までの往路ですでに3km。
着いたら着いたでウォークラリーでまた歩き、遊び、復路も同じく3km!
一体一日で何km歩いたのでしょう?
帰宅後は習い事のダンスにも行く娘を見て、体力がついたなぁと感心しました。



↑このページのトップヘ