kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

昨日忙しくて買い物に行けなくて、
お弁当に入れられそうなおかずがないことに気付いたのが夜遅くなってから。
「冷凍の揚げるだけのカキフライ、一年ぶりだけど食べてくれるかなぁ…」
などと考えながら寝てしまい、朝5時半に目覚めてしばらく考えながら二度寝…
1時間後に起きて(さすがに夢には見なかった)
「やっぱりカキフライはやめて、オムライスにしよう!」
と思ってキッチンに下りていく途中で気が変わって炒飯になりました。

大根の葉の炒めものにしらすを加えた炒飯を一人お昼ごはんに食べたらおいしかったけれど
見た目が地味なので彩りを考えてハムとコーンをプラスすることに。

BlogPaint

ハムのピンクが入ってちょっとかわいらしくなったかな??

・大根の葉とハムの炒飯
・マッシュポテト
・ピンチョス(枝豆・ミニトマト・クリームチーズ)
・いよかん

大根の葉、鰹節、煎りごま、ハム、コーン、卵で旨味がたくさん!
お弁当としては初めての試みだけど絶対おいしいはずです。


マッシュポテトはお友達からおすそ分けでいただいたコストコのこちらの商品です。

BlogPaint

お湯と牛乳とバターを加えるだけで驚くほどなめらかなマッシュポテトが完成!
初めて食べた娘が感動して「○○くんのお母さんに作り方を聞いて!」と言ったくらい。
塩加減もちょうどよくて、本当にすごい商品です。

粉(じゃがいも)に対してこんなに水分が多くて大丈夫?と心配になりますが、
表示の通りに加えて混ぜていくといい具合に出来上がります。
クリスマス月間で洋食の多いこの時期、重宝しそうです。

2016年最後のお弁当でした。




息子が通っている音楽教室では定期的に音楽会畑作業があります。
本当に、音楽鑑賞と同じ頻度かそれ以上に畑仕事によく出かけます。

この日は夏に種まきをした大根の収穫。
おにぎりを巾着に入れて、それを水筒にくくりつけて出かけます。

BlogPaint

おにぎー!バババー!と指差し確認中の息子。

BlogPaint
焼きおにぎり・玉子ふりかけ・ゆかり&しらす

お弁当ではなくおにぎりまたはサンドイッチという指定なので
とにかく食べやすくして(海苔だと崩れる)、おかずがない分、量も多めにしました。




4時間後…

BlogPaint

大根掘りだったはずだけど、蕪…??

BlogPaint

たまたま息子が引っこ抜いたのが丸かったそうで、長いのを持ち帰った子もいたようです。
聖護院大根かな。
調べてみると丸い大根は煮崩れしにくいらしくポトフやふろふき大根に向くそうです。


それはさておき、真っ先になんとかしなければならないのはこの葉っぱ!
硬いところ、黄色くなってしまったところを落としてもこれだけの量です。
刻んでみると小さめのボウルに山盛り一杯になりました。

BlogPaint


作ったのは大根の葉と鰹節の炒めもの。
ふりかけとも言うようです。

BlogPaint

お友達がごま油で炒めて、砂糖:みりん:醤油を同量にしたおいしそうな常備菜を作っていたので
それにならって花鰹を2掴み加えたバージョンで作ってみました。
仕上げに煎りごま、気持ち醤油多めです。

とりあえず白いご飯のお供にしてみよう。
子どもたちはともかく、夫は好きそうだなぁ。




楽天スーパーセールで購入しましたその2。


ブラックパラティッシの26cmプレート。

BlogPaint

憧れのパラティッシシリーズ…

実は今回狙っていたのは再入荷になったという
アラビア24hプレート(ブルー)の26cmだったのですが
スーパーセール開始1分足らずで売り切れ!
初参戦で覚悟はしていたものの、これほどまでとは思わなくて
半ばヤケクソ(失礼!)で衝動買いしたのがこちらになります。
もちろんパラティッシには何の罪もありません。


何を乗せようかいろいろ考えた結果、まずはシンプルなパスタにしてみました。

BlogPaint

キャベツはスパゲッティを茹でている鍋に茹で上がり2分前に投入。
フライパンでは赤唐辛子とにんにくをオリーブオイルでじわじわさせて、
そこへスパゲッティとキャベツと茹で汁、たっぷりのしらすを加えて炒め合わせれば完成です。


せっかくアラビアの食器なので、ヘルヤのマグカップも久しぶりに出してみました。

BlogPaint


なんでもないお昼ごはんなのに……

BlogPaint


何だかやる気がみなぎる。
思い切って食器リニューアルを始めてよかった!




楽天スーパーセールで購入しましたその1。


カステヘルミのボウル230ml、クリアとグレー。

BlogPaint

元々イッタラのカルティオボウルのグレーを検討していたのですが、
夫が「その形(カルティオ)ならクリア、グレーなら柄のあるほう(カステヘルミ)じゃない?」と…
わたしは優先順位的にクリアならカステヘルミ!と決めていたため意見が対立!

でも今後の購入計画に影響が出るのは避けたいし
夫が気に入ったものをうまく食卓に取り入れて、「買ってよかった」と言わせ思われたい!
ということで…
器に詳しいお友達にメールでその経過をお話して相談してみたところ
サイズについてのアドバイスが…

あらためて調べてみると、カルティオは390ml!!
写真で比べた感じも全然違う。
色々見ているうちによくわからなくなって、色と形だけにこだわってしまい
だいたいこれくらいと想像に任せていました。
やっぱりちゃんと実物を見ないとだめですね。

カルティオボウルも廃盤が決まっているというので捨てがたかったのですが
ボウルばかりたくさん揃えるのもまた夫の心象がよくないと思い(気にしすぎ!)
今回は折衷案でカステヘルミのグレーとクリアを2こずつ購入することにしました。


手におさまるコロンとしたちょうどいい大きさで、厚みもあって、
どちらの色も本当に可愛い。

BlogPaint


息子が興味津々でボウルを掴むのを必死にやめさせながらも
一つずつ撮影会をしてしまいました。


クリアはどんなものでも合いそう。

BlogPaint


ちょっと大人っぽいグレーはグリーンサラダが合いそう。

BlogPaint


夫には早速ティーマプレートのブラックとグレーのボウルの組み合わせで夕食を出して
得意顔をしておきました。


新しい器が嬉しくて、つい盛りすぎてしまいました。
5本くらいでやめておけばよかったのに…

BlogPaint

父が考案したという、幼い頃から慣れ親しんできた春巻きです。
中身は豚肉、椎茸、細切りたけのこ、ニラ、モヤシ、炒り玉子。
味付けは鶏がらスープの素がベースです。
餡というより、野菜炒めがたっぷり詰まっているという感じ。
醤油または酢醤油をつけて食べます。

学生時代にこの春巻きの普及活動に励んだことがあって
親しい方にはだいたい振る舞ったかと…今思えば恥ずかしい思い出です。
でもそれくらいおすすめではあります!

BlogPaint

■材料(10本分)

・春巻きの皮 10枚
・豚肉(薄切り、切り落とし、こま切れなど) 200g
・卵 2こ
・もやし 1袋
・にら 1束
・細切りたけのこ 1袋(約150g)
・椎茸 3~4こ      ※野菜は合わせて約600g

【A】
・水 100ml
・酒 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・塩 小さじ1/2
・こしょう 少々

・水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水大さじ1
・揚げ油 フライパンに深さ2cmくらい(約200ml)
・小麦粉 適宜

■作り方

1.豚肉は細かく切り、塩、こしょう各少々(分量外)をもみこむ。
2.もやしはひげ根を取る。
3.たけのこはさっと洗って水気を切る。
4.にらは4~5cmの長さに切る。
5.椎茸は軸を取って薄切りにする。軸もスライスして入れても可。
6.卵は割りほぐして塩、こしょう各少々(分量外)を加えて混ぜる。フライパンにサラダ油小さじ1を入れて熱し、卵を入れてかき混ぜる。ふんわりひとまとめにして皿に移しておく。
7.フライパンに豚肉を入れて熱し、色が変わるまで炒める。
8.2~5を一度に加え、しんなりするまで炒める。
9.【A】を加えてひと煮立ちさせ、6の卵を崩しながら混ぜ合わせ、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。
10.冷ましてから10等分にし、春巻きの皮で包む。巻き終わりは小麦粉と水を練った糊で閉じる。
11.中温に熱した油でこんがりきつね色になるまで揚げる。


実はこれまで春巻きを揚げるのが苦手でした。
いつも10本のうち何本かは穴が開いてしまい、揚げている間に熱い油がはねて
火傷はするし掃除も大変でした。
しかも穴が開いたものは油が入ってしまっておいしくないのです。
今回は初めて10本無傷に成功!
どう改善したかというと…

これまでは→巻くたたむ(左)たたむ(右)巻く巻く巻く
改善後→巻く巻くたたむ(左)たたむ(右)巻く巻く

先に2回ぐるぐると巻いてしまってから脇を折り畳み、あとはふんわり包んで留める
という方法にしたら、全く破れませんでした!
初めの巻くを1回増やしただけで、油も騒ぐことなく静かに揚げ終了。
ノンストレスでおいしい夕食となりました。





↑このページのトップヘ