kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

福島のお正月には欠かせない郷土料理のいか人参。
毎年当たり前のように並んでいるけれど、酒の肴っぽいししょっぱいし
実はわたしはほとんど箸をつけたことがなく…今年初めて自分で作ってみました。

材料は「長人参」と呼ばれるこの時期お店に並ぶ長ーい人参と、するめいか。
長人参は堅いのが特徴で、歯ごたえが重要ないか人参にはこちらが良いそうです。

BlogPaint


人参270gとするめいか90g。
いかは工作大好きな娘がキッチンばさみで上手に切ってくれました。

BlogPaint


■材料(作りやすい分量)

・人参 250~300g(いかの3倍量)
・するめいか(げそを除く) 2枚

【A】
・酒 1/4カップ(できれば清酒が良い)
・醤油 1/4カップ
・みりん 小さじ1

■作り方

1.するめいかはげそを落としてキッチンばさみで5~6cmの長さ、2mm幅に切る。
2.人参は斜め薄切りにして千切りにする。
3.【A】を小鍋に沸かし、煮切る。あくが出ればすくう。
4.ジッパー付きの袋にいかと人参を入れ、3を冷めないうちに注ぐ。空気を抜いて口を閉じる。

冷蔵庫で2日ほど寝かせると食べ頃ということで、今日くらいに作るとちょうどいいです。


ちょっと早いけれど撮影のために冷蔵庫から出てきてもらいました。
一晩寝かせたものです。

BlogPaint


あれ?おいしい!
2日寝かさなくても一晩くらいがしょっぱすぎなくていいように思います。
そこはお好みで。


福島市のHP
のレシピでは酒とみりんの量は少ないものの
いかに酒をふってしばらく置き、酒類の入ったつけ汁も沸騰前に火から下ろしてしまうため
酒感がすごいのでは!?と想像します。
これでは子どもはもちろんアルコールNGのわたしは食べられないので
しっかり煮切ってアルコールは飛ばして作りました。

もしかしたら子どもの頃食べたときにお酒っぽいなと思って以来食べていないのかも。
父に聞いても祖母に聞いても決まったレシピはないところが怪しい!
これはお酒が抜けていなかった年もあったなと疑っています。
(アルコールNGの母もいか人参には関与せず。)


今後はこのレシピでわたしが担当しようと思います。

BlogPaint



 にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ


鼻詰まり以外は特に体調に問題のない娘ですが、ここ一週間どうも食欲がありません。
朝ごはんも息子の半分くらいしか食べなかったので、
お昼ごはんは絶対に食べてくれるであろうフレンチトーストにしました。

野菜いろいろポタージュ
(じゃがいも・人参・玉ねぎ・カリフラワー)とともに。

BlogPaint


■材料(厚めのパン2枚分)

・4枚切り食パン 2枚

・卵 2こ
・牛乳 1カップ
・砂糖 小さじ2
・塩 少々

・バター 小さじ2
・ハチミツ

■作り方

1.卵は白身を切るように溶きほぐし、牛乳、砂糖、塩を加えてよく混ぜる。
2.1に食パンを浸す。時間があれば30分ほど浸し、ないときは両面にしみ込ませてからレンジで30秒~1分加熱する。
3.フライパンにバターを溶かして2を並べ、ふたをして弱火で5分焼く。ひっくり返してさらに5分焼く。
4.ハチミツ(シナモンシュガー、粉砂糖などでも)をかける。

時間をかけて弱火でじっくり蒸し焼きにすると中はふんわり。
バターでじわじわ焼くうちに表面もこんがりします。


BlogPaint


年代を感じる懐かしいプレート(Noritake)で。
同じ柄のカレー皿もあって、わたしが子どもの頃からよく食卓に上っている器です。


 にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

帰省した日の夜。
茨城県と福島県に展開するシーフードレストランチェーン「メヒコ」でテイクアウトをしました。
(都内には足立区役所店と浅草店があるようです。)


レストランなのにフラミンゴ館…初めて見ると不思議なこの対比。

s_P1280691


HPを見てみると、会社概要にはこのような記載が。
(↓抜粋はしていますが省略なしの一文です。)

「食を通して健康を考える」を基本コンセプトとし (うんうん、そういう側面を担うっていいことですよね)
ジャングルを切り取ってきたようなフラミンゴ館など (ジャングル???)
非日常的時間と空間の創造を提供しております。 (健康を考える基本コンセプトはどこ行った~??)


こちらがその非日常的空間。

s_P1280689 (2)

フラミンゴを眺めながらお食事ができます。


予約していたものを受け取ってお会計をするわずかな時間に
娘とわたしはフラミンゴに釘付け。
「どうしてフラミンゴがいるの~?」と聞かれても、何と答えたらいいのやら。

この日はクリスマスで、夕方5時にも関わらず店内のフラミンゴがよく見える席は埋まっていて
空いているところも予約席になっていました!


看板メニューはこちらのズワイガニのカニピラフです。

BlogPaint


殻付き(レギュラーサイズ)とむき身(ラージサイズ)。
どちらを選んでもサイズが同じならお値段は同じです。
殻付きのほうも身がたっぷり詰まっていて、冷めてもおいしいピラフでした。


車で帰省して到着は夕方遅くなってしまったので、
ピラフをメインにして、あとはスープとサラダを。

BlogPaint
カラフルトマト・カリフラワー・レタス


立ち寄ったスーパーでミニトマトバイキングをしていて
カラフルなトマトがパックに詰め放題でした。

s_P1280693

娘は大喜び!

BlogPaint

かごには入れず、大事に抱えて離しません。

BlogPaint

こんなにたくさん入って398円でした。

BlogPaint

数えなかったけれど30個くらいあったかな。
味は赤とオレンジが甘くて、緑は一番トマトらしい香りでした。


にほんブログ村 料理ブログへ

大好きなみすゞ飴をいただきました。

BlogPaint

数年前に父が長野旅行のお土産に買ってきてくれて以来、ファンになったみすゞ飴。
国産果汁で無香料・無着色にこだわっている伝統あるお菓子です。

似たようなゼリーは数あれど、フルーティーさが違います!
百貨店や高級スーパーなどでたまに見かけるとつい買ってしまうほど。
今回は息子もデビューしました。

BlogPaint

子どものおやつにも安心です。
いただいた詰め合わせにはわたしの一番好きな「うめ」がたくさん入っていました。
(偶然赤い包みだけが増量!)


にほんブログ村 料理ブログへ

コーヒーを切らさないわが家。
一日に何杯も飲み、家にいれば朝から寝る前まで飲んでいるため
わたしは授乳が終わった(←ついこの間めでたく卒乳!)今でも基本ノンカフェインです。
インスタントのカフェインレスコーヒーはここ数年で劇的においしくなり
軽めが心地良いと感じるまでに。
コーヒーの味が好きなのであってカフェイン中毒ではなさそうです。

ちなみに夫は寝る直前にレギュラーを飲んでも即寝られる体質です。


レギュラーコーヒーを購入するときは堀口珈琲に足を運びます。
今回は新入荷のコスタリカの豆とクリスマス限定のホリデーブレンドを購入。

BlogPaint

堀口珈琲は焙煎の香り溢れるお店の雰囲気も大好きなのですが
なんといってもわかりやすさがいい!と思います。
このチャートは秀逸。(それぞれの詳しい説明はこちら

chart_01
※画像はお借りしています

わが家の好みは5・7・9。
自宅用なら深煎りで酸味が少ないタイプを選びます。
深煎りでも6と8は複雑な香りで上級者向けな気が…
同じ花やフルーツ系の香りだったら1や2の浅煎りのほうがスッキリして好みでした。
酸味のあるコーヒーが好きという両親には1・2か期間限定ブレンドを選ぶことが多いです。

色々と述べつつも、お店で丁寧に淹れてもらって味わったのはまだ2回だけなので
来年は機会を作って行きたいなと思っています。


さて、帰省の際は手土産を選ぶのも楽しい時間。

今回はコーヒー豆、デーツ、レモンカード、新巻鮭、鮭とばにしました。

BlogPaint

新巻鮭と鮭とばは横流しおすそ分けですが…

BlogPaint

レモンカードは自宅用のほうも一瓶なくなったので、倍量で作りました。
今回はレモンピールを入れてみました。

BlogPaint


あとは双方の祖母にお年賀のお菓子やお茶を。
義理の実家にはすき焼き用のお肉を地元で調達するのが
お正月の手土産の恒例となっています。


にほんブログ村 料理ブログへ

↑このページのトップヘ