kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

レシピブログさんとハウス食品さん主催のモニター企画に参加しています。
いただいたのはこちらの全く異なる刺激のスパイスたちです。

・GABAN 花椒 ホール
・GABAN ブラックペパー ホール
・ハウス 唐がらし族 バリ粗唐辛子
・ハウス ねりからし 大容量

P1050195


テーマは「刺激がやみつき!辛味スパイス料理対決」。
唐辛子、ブラックペパー、花椒、それぞれの特徴を生かしたレシピを考えたいと思います。

P1050196


まずは花椒をきかせた坦々うどんを作りました。

P1050206

ホールの花椒をごま油でゆっくり熱して香りを移すスタータースパイスとして使い、
仕上げにも砕いて散らしています。


■材料(2人分)

【肉味噌】
・豚ひき肉 100g
・生姜のみじん切り 1/2かけ分
・にんにくのみじん切り 1/2かけ分
・豆板醤 小さじ1
・酒 小さじ1
・醤油 小さじ1
・味噌または甜麺醤 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2

【スープ】
・GABAN花椒ホール 小さじ1/2
・ごま油 大さじ1
・創味シャンタンまたはウェイパー 小さじ2
・水 600ml
・練りごま 大さじ3
・醤油 大さじ1
・酢 小さじ1

・チンゲン菜 1株
・冷凍うどん 2玉
・青ねぎ 適量
・ラー油 適量
・GABAN花椒ホール 少々

■作り方

1.肉味噌を作る
・フライパンに豚ひき肉を広げて火にかけ、色が変わったら、生姜、にんにく、豆板醤を加えて香りが立つまで炒める。
・酒、醤油、味噌、砂糖をあらかじめ混ぜて加え、汁気がなくなるまで炒める。

2.スープを作る
・鍋にGABAN花椒ホール、ごま油を入れて弱火で焦がさないように2分ほど炒める。
・創味シャンタンを加えて油に馴染ませ、水を加えて煮たたせる。
・火を止めて練りごま、醤油を加えて混ぜる。

3.仕上げる
・鍋に湯を沸かしてチンゲンサイを茹でて取り出し、同じ鍋でうどんを茹でる。
・スープは煮立たせないように弱火で温め、火を止めてから酢を加える。
・器にうどんを盛り付けてスープを注ぎ、肉味噌、チンゲンサイ、青ねぎを乗せる。
・お好みでラー油を回しかけ、GABAN花椒ホールを砕いて散らす。


花椒デビューは自家製火鍋だったのですが、加減がわからず大量投入して悶絶した過去が!
今回は慎重に量を調整しました。

P1050211


たまにカリッといってビリッとしますが、適量なら心地よい刺激です。

P1050209

柑橘系の爽快な香りが魅力の花椒。
おうち中華がグッと本格的になります!



【レシピブログの「刺激が病みつき!辛味スパイス料理対決」レシピモニター参加中】
辛味スパイス料理レシピ
辛味スパイス料理レシピ  スパイスレシピ検索

生のトマトと玉ねぎをたっぷり使って、ストウブで無水カレーを作りました。

BlogPaint


ご実家が畑をしているというお友達から季節ごとに立派なお野菜をいただきます。
今回はこちらの真っ赤な完熟トマトと2こと、玉ねぎを丸ごと1こ使いました。

BlogPaint


■材料(4人分)

・鶏手羽元 10~12本
・トマト 2こ
・玉ねぎ 1こ
・にんにく 2かけ

・塩 ひとつまみ(肉の下味用)
・ホワイトペッパー 少々
・カレー粉 小さじ2
・バター 20g
・ヨーグルト 大さじ4
・塩 小さじ1

■作り方

1.鶏手羽元、塩、ホワイトペッパー、カレー粉をポリ袋に入れ、揉んでなじませる。
2.ストウブ鍋を熱して全体にバター10gを塗り、1の鶏肉を焼き色がつくまで焼いて取り出す。
3.トマトは湯剥きをして角切りに、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
4.2の鍋にバター10gを足して温め、3を加えてしんなりするまで炒める。
5.鶏肉を戻し、ヨーグルト、塩を加えて蓋をし、途中2回ほど混ぜて様子を見ながら弱火で約1時間煮込む。


ストウブでじっくり煮込んだ手羽元は、ホロッと簡単に骨が外れます。

BlogPaint


トマトは加熱するとホールトマトとはまた違った美味しさで、フレッシュさが際立ちます。
自然な色と優しい味も生トマトならでは!

BlogPaint

たっぷり入れた玉ねぎの甘みもあいまってまろやかなカレーになり、
子どもたちも美味しく食べてくれました。

丸いズッキーニはどうやって食べようか考えた末、輪切りにしてトースターでグリルに。
詳しいレシピはまた後日。


さくらんぼのクラフティを焼きました。

BlogPaint


転勤で札幌から留萌にお引っ越しした義理のお姉さん夫妻から
立派なさくらんぼをいただいたのです。

P1050116

もちろん早めにそのままいただくのが一番なのですが、ありがたいことにかなりの量!
息子がNGなこともあって3人では消費が追いつかず、スイーツに変身させてもらいました。


■材料(100mlのココット6こ分)

・さくらんぼ 250g
・卵 2こ
・砂糖 60g
・薄力粉 30g
・牛乳 200ml
・バター 10g
・粉砂糖 少々

■作り方

1.さくらんぼは洗って水気をふき、種を取る。
2.バターは電子レンジで溶かし、分量外のバターをココットに塗っておく。
3.卵と砂糖を混ぜ合わせ、砂糖が溶けたら溶かしバターを加える。
4.薄力粉を加えて練らずに切るように混ぜ合わせる。
5.牛乳を少しずつ加えてのばす。
6.ココットにさくらんぼを並べ、5を静かに注ぐ。
7.180℃に予熱したオーブンで30分焼き、粗熱が取れたら粉砂糖をふる。


焼いている途中であふれんばかりに膨らみますが、冷めると落ち着きます。
個人的には焼きたてよりも冷やして固めのプリン感覚で食べるのが好き。

BlogPaint


粉が入るのでプリンより弾力があってもっちり。
クレープに近いような食感です。

BlogPaint


火を通したさくらんぼは甘酸っぱさもジューシーさも増して、カスタードとの相性も抜群!

BlogPaint

北海道の旬のさくらんぼをたっぷり味わいました。


今年は幼稚園側の事情で息子はすでに夏休みに突入しております。
娘が夏休みに入るまで丸々2週間…
気候が夏らしくないこともあっていまいちスイッチが入りませんが、そうも言っていられず。
奮起して一足早く息子の夏休みごはんスタートです!


カレードリア/枝豆/梅ジュース(自家製梅シロップ
BlogPaint
冷凍してあった残りもののカレーをドリアにリメイク。
チーズを乗せてトースターで焼くだけという手軽さです。


息子のお友達をお招きしてセルフサンドイッチランチ
BlogPaint


チーズバーガー/フライドポテト/アップルジュース/枝豆のポタージュ/ミニトマトときゅうり
BlogPaint
息子のお誕生日当日はリクエストでマクドナルドのハッピーセットに。
微々たる量の野菜ですが少しでもバランスを!いうことでテイクアウトにしました。


玉子サンド/ヨーグルト&ブルーベリージャムサンド/ソーセージ/ミニトマト
BlogPaint

お引っ越ししてしまうお友達のお別れ会で公園に集合した日はお弁当。
BlogPaint
わたしの分はきゅうりとレタスをたっぷり+マスタード。
セルフサンドイッチの日とほぼ同じ内容でした。


午前中コーラスのワークショップに息子も同行し、帰りにパンをテイクアウト。
BlogPaint
有名店がひしめき合う成城学園前で選んだお店は「成城ベーカリー」です。
予想していた通り息子がトング片手にあれもこれもとどんどん入れようとするので、
比較的単価のお安い昔ながらの老舗パン屋さんにして正解。
店内が広くて種類が多く、シンプルなパンが多いので選びやすいということもあります。


ダブルコルネ(カスタード&チョコ)、塩パン、カレーパン、野沢菜おやき、ミニメロンパン。
おやき以外は息子のチョイス。(これで税込808円はお安い!)
BlogPaint 

パン4種/トマトとレタスとブロッコリースプラウトのサラダ/牛乳
BlogPaint
結構な量でしたがペロリと完食しました!


こうして見ると一週目はパンが続いています。
(いずれも朝をごはんにして調整。)


幼稚園でもらってきたフリーペーパにも夏休みのお昼ごはん特集が。

P1040828

実際は31日間どころかその倍くらいありますが、こういう企画は嬉しい!
これから参考にさせてもらいつつ頑張ります。


息子が5歳のお誕生日を迎えました。
お誕生日が嬉しくて、前々日くらいからテンション高め!
当日は会う人会う人に「今日は誕生日でーす!」と宣言するので恥ずかしかったです…

昨年に続き、晩ごはんのリクエストは手巻き寿司でした。

BlogPaint


マグロ、サーモン、マグロのたたき、カニかまぼこ、玉子焼き。

BlogPaint


ツナマヨ、挽き割り納豆。(昨年と器まで同じ!)

BlogPaint


娘もサラダ巻きが好きになってきたので今年もサンチェを。

BlogPaint


ほかには枝豆を茹でて

BlogPaint


白だしの簡単な汁椀も用意しました。

BlogPaint


潔く素麺と花麩のみ!

BlogPaint

素麺は束ねている紙テープを端に寄せ、根元が固まらないように箸でほぐしながら茹でます。
束のまま水に取り、適量を取って結んでから端を切ると上手くいきます。


寿司桶の周りをプラレールが走るという演出。
実際に走らせるとあまりの騒々しさに笑ってしまいます。

BlogPaint
(GWに乗って好きになった箱根登山鉄道。祖父母からのプレゼントです。)


息子と一緒にお店に行って選んだケーキは娘のときと同じモンブランでした。
プラレールキャンドルも毎年のお約束。

BlogPaint


息子によって各席にプラレールが置かれるのも昨年と同じ。

BlogPaint


今年も鉄道だらけのお誕生日でした!

BlogPaint


好きな食べものは本人いわく「お肉!」で、好きな遊びはプラレールとシンカリオン。
習い事はどれも楽しく通っていますが、一番好きなのは体操だそうです。

家では全然動かず人任せなのに、幼稚園ではよく気が付いて喧嘩の仲裁にも入るしっかり者…
オンとオフの差がだいぶあるようです。
尊敬すべきは情緒が安定していて平均して機嫌が良いところです。

頭の中が8割くらい鉄道関連なのが心配ですが…
これからもストレスフリーで過ごせたら幸せだなと思います。


↑このページのトップヘ