kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴っています

気温差で体調がいまいちだったり、行事や通院や習い事の送迎が忙しかったり。
その日を回すので精一杯で、夜はワンボウルや麺類が続いていました。
(子どもたちは喜んでいましたが…)

そんな中、久しぶりの常備菜作りです。

P1060759

・ズッキーニのチーズ焼き
・にんじんのきんぴら
・ブロッコリーの塩茹で
・豚キムチ
高菜漬けとひき肉の味噌炒め
・きゅうりの梅昆布浅漬け
・キャベツと油揚げの白だし煮


ズッキーニは輪切りにして塩をふり、オリーブオイルを塗ります。
チーズを乗せてトースターで焼き、ブラックペッパーをふりました。

P1060750


まんべんなくオイルを塗るにはIKEAのグッブローラ料理用ハケ(ホワイトブラック)が便利!
無題
※画像はHPよりお借りしています

シリコン製なのでバターやオイルを塗ったあとも普通に洗って拭いて、すぐにしまうことができます。
毛の油分が落ちなかったり、なかなか乾かないといったストレスがなくなりました。


きんぴらは人参2本をスライサーで千切りに。
ごま油で炒めてみりんと醤油で味付けし、仕上げに煎りごまを。
包丁で切って歯応えを残すのも好きですが、子どもはフワッとした食感のほうが箸が進みます。

P1060751


ブロッコリーはお弁当の彩り用に。

P1060753


半端に余っていたキムチを救済すべく豚キムチにしました。
細かく切って塩、こしょうをした豚肉を炒め、酒、キムチ、仕上げに醤油をひと回し。

P1060754


高菜漬けも後半は肉味噌にすることが多いです。
砂糖と味噌で甘辛の味付けに。

P1060755


ポリ袋で揉んで作る簡単な浅漬け。
板ずりしたきゅうりを輪切りにし、昆布だしの素、叩いた梅干しを合わせました。

P1060757


白だし煮は包丁も使わず放ったらかしで簡単!
カット済みの油揚げに熱湯をかけ、大雑把にちぎったキャベツと共にストウブに放り込みます。
白だしと水を加えて蓋をして弱火で30分ほどコトコト。
ストウブ調理は蓋をしたまま余熱で冷ますと味がよく染みるので、いつも最初に火にかけます。

P1060758


今回はいつもより多めの7品。

P1060748


少し気が早いですが、週後半の荒天に備えて食材整理も兼ねた作り置き第一弾でした。

P1060760



「ボーソー米油部」の活動です。

初回のテーマは「自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ」ということなので、
気取らない普段のお料理の油を、米油に変えて作ってみようと思います。


まずはわが家の定番の材料で作る炒飯です。

P1060742

シンプルに高菜漬け、ちりめんじゃこ、卵。
高菜漬けとじゃこの組み合わせで旨みは十分!
味付けは塩だけでOKです。


■材料(1人分)

・ごはん 200g
・卵 1こ
・高菜漬け(刻んであるもの) 20g
・ちりめんじゃこ 10g

・ボーソー米油 小さじ2
・塩 ふたつまみ
・ホワイトペッパー 少々

■作り方

1.卵は塩ひとつまみを加えて溶きほぐす。
2.フライパンに米油を入れて全体になじませ、煙が出る直前までしっかり加熱する。(フッ素樹脂加工の場合は温める程度に)
3.1、温かいごはんを入れて卵が全体に行き渡るように炒める。
4.高菜漬け、ちりめんじゃこを加えてさらに炒め、塩ひとつまみ、ホワイトペッパーで味をととのえる。


驚くべきはそのあっさり感で、油っこさが全くありません!

P1060745


わが家は鉄のフライパン使用のため、油は少し多めの小さじ2。
それでも油が気にならないパラパラの仕上がりです。





高温でしっかり炒めてもにおいがなく、素材の味を引き立ててくれるところが米油の魅力です。

P1060746

梅干し、たくあん、福神漬けまでも苦手で、お漬物系に一切挑戦していない娘ですが
こちらの炒飯なら高菜漬けも気にならず美味しく食べてくれました。


自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ



今月より一年間、「ボーソー米油部」の部員として活動することになりました。

P1060733

部員をされていたお友達からおすそ分けでいただいたのがボーソー米油との出会い。
それからはいつもサラダオイルの隣には米油が控えています。
単なる控えではなく、温存の意味での控えです!
良質な油なだけにお値段もワンランク上…
ここぞ!というときに大事に使ってきました。

そんなファンでもあるボーソー米油だったので、今回の入部のお知らせは嬉しかったです。
これから米油の魅力を広く知っていただけるような活動をしていきたいと思います。


【米油到着時の息子との会話】

「おかあさん、じゃがいも※のおしごとのつぎはおさけのおしごとなの?」
「これはお酒じゃなくて、あぶらなんだよ」
「あぶらかぁ…」(←ちょっとつまらなそう)
「油だっていいじゃない?○○くんの好きなから揚げがもっと美味しくなるんだよ。」
「え~?からあげ?なんで~??」

5歳児に油のありがたみなどわかるはずもなく、から揚げとの関連もピンと来ていません。
なんなら8歳の娘でもまだ無理でしょう。
確かに子どもの頃はお中元の中身が油だったり海苔だったりするとがっかりしたものです。

そんな期待の薄い子どもたちにも「何か違う!」と気付いてもらえるような
米油の特長を生かした料理を作っていくのが最初の目標です!


自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ
自己紹介&使ってみよう♪米油レシピ



初夏にネクストフーディストでいただいた箱いっぱいのじゃがいも※(三方原馬鈴薯)は
息子にとっても相当インパクトがあったようです。


「千葉県産米需要拡大推進協議会×レシピブログ」のコラボ広告企画に参加しています。

P1060675


前回に続き千葉県産コシヒカリの新米を使った「スピード混ぜごはん」のレシピです。

P1060473

きのこをバターでサッと炒めたところにオイルサーディンを加え、お醤油で味と香りをつけます。
それを炊き上がった新米に混ぜるだけというまさにスピード混ぜごはん!
詳しい分量と作り方です。


■材料(2人分)

・千葉県産コシヒカリ新米 1カップ(180ml)
・まいたけ 30g
・しめじ 30g
・オイルサーディン(オイルを切っておく) 60g(2尾)
・バター 10g
・醤油 小さじ1と1/2
・塩 少々

■作り方

1.千葉県産コシヒカリ新米は洗い、ざるに上げて自然に水を切る。30分ほど浸水して炊く。
2.フライパンにバターを熱し、ほぐしたまいたけとしめじを強火で1分炒める。
3.オイルサーディンを加え、醤油を回しかけて軽く火を通す。
4.炊き上がったごはんに3を加えてさっくりと混ぜ合わせる。


バター醤油にモチっと甘い新米、イワシの旨み…簡単なのになかなか贅沢!
旬のきのこをたっぷり入れた食感も良い混ぜごはんです。

P1060677

そういえば…イワシとお醤油といえば千葉県です!

小学2年生の秋の校外学習ではキッコーマンの醤油工場を見学し、
ミッキーのガラス製のお醤油ボトルをもらって嬉しかったことを思い出しました。


【レシピブログの「ちばのお米でおいしい♪スピード混ぜごはんコンテスト」参加中】
スピード混ぜごはん料理レシピ
スピード混ぜごはん料理レシピ



今週の息子のお弁当です。

P1060669

・ごはん(おかかふりかけ)
・豚こまと玉ねぎの醤油ポン酢炒め
・チーズはんぺん
・玉子焼き
・ブロッコリー
・ミニトマト

P1060670

豚こまと玉ねぎを炒め、醤油ぽん酢(味ぽん)に砂糖を少し加えて煮絡めます。
さっぱりしているけれど濃い味でごはんも進むはず。
チーズはんぺんはバターで焼き、定番の3色トリオ、玉子焼き・ブロッコリー・ミニトマト。


夫のお弁当はごはんに梅干し。

P1060674


10月だというのに都内は30℃超えの日が続いていて、週末の運動会も予報の通りだと炎天下…
お弁当なし午前終了は多少寂しさもありますが、圧倒的に楽でありがたいです。



↑このページのトップヘ