kana-kitchen

レシピの覚え書きと食にまつわる家族の日常を綴ります

娘は2~4歳の長期間にわたってどっぷりハマったアンパンマン。
子鉄の息子は通らない道だと思っていたのですが、
最近じわじわとアンパンマン熱が高まってきたので
横浜在住のお友達にお付き合いいただき、アンパンマンモールに行ってきました。
(息子以外は年齢的にミュージアムは厳しいのでモールのみ!)

広場でのイベントでアンパンマンたちに会えて何よりでした♪

s_P1360487


みんなで楽しみにしていたのはこちら。
子どもの夢が詰まったパン屋さん&カフェです。

s_P1360525


見ているだけでもウキウキするかわいいパンたち!

s_P1360507


特に女の子キャラクターたちの完成度が高いです!

s_P1360506


どれにするか、並んでいるときから息子の心は決まっていました。

s_P1360508


2階のイートインコーナーはいつでも席が空いているので
この日も食べて帰ることにしました。
(箱が大きくてテイクアウトが大変という理由もあって…)

s_P1360509
お姉ちゃん2人は今月限定のハートの目のドキンちゃん(イチゴクリーム)
弟くんは王道のアンパンマン
お友達はロールパンナちゃん
わたしははじめてのクリームパンダちゃん


ということで、息子が選んだのはばいきんまんでした!

s_P1360518


味重視で選んだちょっと色が濃いめのクリームパンダちゃん。

s_P1360523


食べるのがもったいないくらいかわいいロールパンナちゃん。
(娘にせがまれてよく描いたなぁ…)
2つの心を持っていることから、クリームもカスタードとチョコの2色入り。
こういうストーリーが入っているところも高ポイントです!

s_P1360524


ワンドリンクオーダー(1グループ1つでもOK)でイートインが利用できて
めいけんチーズからのプレゼントで骨のかたちのパンがついてきます。

s_P1360522


イベントではばいきんまんには会えなかったけれど、
大きなぬいぐるみとツーショットが撮れて嬉しい息子。
(自分で見つけて「撮って~!」と頼んでくるくらい好きだとわかりました。)

BlogPaint


おみやげには絵本を一冊買って帰りました。
ばいきんまん推しの息子が本を選ぶ基準は、
「いかにばいきんまんがかっこよく活躍しているかどうか」!
落雷しているばいきん城、大きなマシンを操縦する姿などが心をとらえたようです。





何度も作っている菰田欣也シェフの「ピリ辛ひき肉焼きそば」。
このたび五香粉を加えてわが家の黄金レシピとして完成したので、
覚え書きでレシピを。

BlogPaint

■材料(2人分)

・中華麺 2玉
・豚ひき肉 100g

【A】
・酒 小さじ1
・豆板醤 小さじ1
・甜麺醤 小さじ2
・醤油  小さじ1
・五香粉 小さじ1/2

【B】
・鶏がらスープ 120ml(顆粒鶏がらスープ小さじ1/2+水120ml)
・砂糖 小さじ1/2
・醤油 小さじ1/2

・サラダ油 小さじ1
・卵 2こ
・細ねぎ 適量

■作り方

1.麺に酒、醤油を各少々ふってなじませ、サラダ油をひいたフライパンで両面をカリッとするまで焼いて取り出す。
2.豚ひき肉を炒め、色が変わったら【A】を順番に加えて炒める。
3.【B】を加えて煮立たせ、1の麺を戻してスープを吸わせながらほぐしていく。
4.水分を飛ばすように炒め、小口切りにした細ねぎを加えて炒め合わせる。
5.同時進行で焼いていた目玉焼きを乗せる。

BlogPaint

以前の麺3玉レシピで作っても、子どもたちは辛くて別メニューになってしまうし
夫もそれほど量を欲しなくなってきたので2玉バージョンに。

温泉玉子よりは手軽な目玉焼きにし(白身の食感で目玉焼きの方が好み)
ひき肉には五香粉をプラスしたら、風味がグンと本格的になりました。
青ねぎは思い切ってふたつかみくらい入れています。





バインミー専門店 an diで美味しかった「魚とトマト」バインミーを
おうちバージョンで再現してみました。

BlogPaint


まずは具材の鯖のトマト煮となますを準備。

BlogPaint


オリーブオイルでにんにくのみじん切り、赤唐辛子の輪切りを沸々させ、
トマト缶(1/2缶)、鯖の水煮缶詰め(190g)の汁を加え、
トマトを潰しながら煮詰めていきます。
とろりとしてきたら鯖を加えて2分ほど煮込めばメインの具は完成です。

BlogPaint


なますはan diさんにならってしっかり食感が感じられる太めの細切りに。
大根と人参をそれぞれ100g、塩を揉み込んで10分ほど置き、水気をよくしぼったら、
酢大さじ1と1/2、砂糖小さじ2、ナンプラー小さじ2を混ぜた合わせ酢をなじませます。

BlogPaint


バケットに切れ目を入れてトースターで温めている間に、鯖もレンジで軽く温めます。
きゅうり、なますと共にたっぷり挟んで、パクチー…ではなくてわが家は三つ葉を!

BlogPaint


本物を知らないのに、初めてが一度だけ食べた人の創作料理で申し訳ない…
と思いつつ、夫にも朝ごはんに試食をしてもらいました。

BlogPaint


なますとパン…?と訝しみつつ、ありかなしかで言ったら、「あり」とのこと!よかった。

それにしても、奥深いバインミーの世界。
バケットの選び方や具材の組み合わせなどいろいろ試していきたいです。





今週の息子のお弁当です。

BlogPaint

・おにぎり(玉子ふりかけ・ゆかり)
・甘塩銀鮭
・こんにゃくのだし醤油煮
・はんぺんのチーズはさみ焼き
・さつまいものレモン煮
・ミニトマト

鮭の切り身を焼いて、市販のはんぺんをソテーして、
あとは常備菜のこんにゃくとさつまいもという今週も簡単なお弁当でした。
鮭は骨を取り除き、お弁当サイズに切り分けてから焼くと身が崩れずきれいです。

BlogPaint

この日はおにぎりをめずらしく1個丸々残してきました。
時間がなかったのかお腹がいっぱいだったのか…?
お魚はなんでも好きなので鮭は皮まできれいに完食でした。





ホールスパイスを砕いて配合した五香粉を使ったお料理第2弾。
台湾料理の魯肉飯を作ってみました。

BlogPaint

お世話になっている「きょうの料理」のサイト(みんなのきょうの料理)より
枝元なほみさんのレシピを参考にしつつ大人2人分にアレンジしてみたので、
材料のみ覚え書きを。

ちなみにこちらのレシピは2012年8月放送の枝元さんが台湾に行くスペシャル回にて紹介。
当時観ていた記憶があります!


■材料(2人分)

・豚バラ肉(ブロック) 250g
・卵 2こ
・フライドオニオン 大さじ3

・サラダ油 小さじ1
・黒糖 ひとかけ(大さじ1程度)
・酒 大さじ2
・醤油 大さじ2
・水 250ml
・オイスターソース 小さじ1
・五香粉 小さじ1/2


豚肉は角切りではなく5mm程度にスライス。
揚げ玉ねぎはフライドオニオンで代用し、鍋はストウブのココットラウンドを使用。
落とし蓋をして15分→蓋をして10分→オイスターソースと五香粉を加えてさらに5分。
元のレシピはトータル45分なので、切り方と鍋の違いで少しだけ時短です。

BlogPaint


ポイントは豚バラ肉の選び方と水分量。
ブロックを切って使うので、脂身が均等に入る形状のものを選ぶのが良いです。
仕上げ段階にもポイントがあり、最後に加えるフライドオニオンが煮汁を吸うので
煮詰めるときの見極めが大事です。

実は今回は2回目。
初回は以上の2点で失敗してお肉のパサつきと煮汁の少なさが気になったのでした。

そして、煮卵よりも何よりも紅生姜が抜群に合うので絶対に添えるのがおすすめです!





↑このページのトップヘ